1. モノレコ by Ameba ホーム
  2. TV・カメラ・オーディオ
  3. デジタルオーディオプレーヤー おすすめ
  4. 音の専門家・麻倉怜士氏がハイレゾの魅力を語る!ファイル形式の解説つき

音の専門家・麻倉怜士氏がハイレゾの魅力を語る!ファイル形式の解説つき

  • Facebookシェア
  • LINE
  • ツイート
  • はてブ
  • note

目次

CONTENTS
鉛筆アイコンこの記事を監修した専門家
麻倉 怜士のプロフィール画像
麻倉 怜士
オーディオ・ビジュアル評論家

津田塾大学・早稲田大学エクステンションセンター講師(音楽)/UAレコード副代表。日本経済新聞社を経てプレジデント社に入社。『プレジデント』副編集長、『ノートブックパソコン研究』編集長を務める。1991年よりオーディオ・ビジュアルおよびデジタル・メディア評論家として独立。

津田塾大学・早稲田大学エクステンションセンター講師(音楽)/UAレコード副代表。日本経済新聞社を経てプレジデント社に入社。『プレジデント』副編集長、『ノートブックパソコン研究』編集長を務める。1991年よりオーディオ・ビジュアルおよびデジタル・メディア評論家として独立。

ハイレゾとは?

ハイレゾとは、「高い(ハイ)」「解像度(レゾリューション)」を意味する情報量の多いオーディオ音源のことを指します。

CDに入りきらなかった「音の情報量」をたくさん持つことができるため、レコーディングの空気感やアーティストの息づかいなど、生の音に近いサウンドをより感動的に体感することが可能です。

デジタルオーディオプレーヤー ハイレゾ 画像

ハイレゾは、CDの情報量の約6.5倍!

私たちがCDやダウンロード音源で聴いている音楽は、原音をデジタル化したものです。

デジタル化した数値は、kHz(サンプリング周波数)bit(量子化ビット数)で表され、その数値が大きければ大きいほど細かくデータ化することができ、原音に近い音の波形を描くことができます。

  • サンプリング周波数【kHz】
    値が大きいほど、より高い音域まで収録可能
  • 量子化ビット数【bit】
    値が大きいほど、より小さく細かい音まで収録可能


CDが44.1kHz/16bit(音を1秒間に44100回切り取る)なのに対し、ハイレゾは最大で192kHz/24bit(音を1秒間に192000回切り取る)。
CDの約6.5倍もの情報量をもっている計算になります!

ハイレゾの代表的なファイル形式を紹介

ハイレゾ音源は、専用のダウンロード配信サービスの利用がメインになります。音源を取り込む際に重要となるのがファイル形式。ここでは、圧縮方法の違いや代表的なファイル形式について解説いたします。

デジタルオーディオプレーヤー ハイレゾ 画像

非圧縮方式の「WAV」「AIFF」

原音を圧縮することなくそのまま記録することができ、音質の良さを保つことが可能。元ファイルと大きさが変わらないため、データが重たくなってしまうデメリットあり。アルバム画像や曲情報などの表示もあまり期待できません。

可逆圧縮方式の「FLAC」「ALAC」

ハイレゾ音源を代表する、最もメジャーなファイル形式。原音を効率よく圧縮しつつ、再生時には情報を完全に復元することが可能。音質を損なうことなくデータを圧縮することができるため、ファイル形式選びに迷ったらFLAC・ALACを選んでおけば失敗がありません。

非可逆圧縮方式はNG!

MP3やAACに代表される「非可逆圧縮方式」は、高音域の音声データを間引いているため音質が劣ります。

オーディオによってはMP3やAACなどの圧縮音源をハイレゾ相当の音質にアップスケーリングできるモデルもありますが、純粋に高音質なハイレゾを楽しみたい方は、非圧縮方式か可逆圧縮方式を選択しましょう。

音の再現方法が異なる「DSD」

上記で説明した非圧縮・可逆圧縮・非可逆圧縮は「PCM」と呼ばれ、音楽ファイルの一般的なフォーマットです。

一方、DSDと呼ばれるフォーマットは音の再現方法が異なり、デジタル信号を1bit(0と1のみ)で記録し、その密度で音を表現。レコードなどのアナログなサウンドに近いと評判ですが、普及率がまだそこまで高くありません。

オーディオ専門家・麻倉怜士氏によるハイレゾ生活のススメ

オーディオ・デジタルメディア評論家の肩書をもち、津田塾大学で音楽理論を教える大学講師でもある麻倉怜士氏に、ハイレゾの特徴やCD音源との違いを解説していただきました。

デジタルオーディオプレーヤー ハイレゾ 麻倉氏 画像

ストリーミング再生やCDでは味わえない臨場感!

「Amazon Music」や「Spotify」といったインターネットに接続しながら音楽を楽しむストリーミング再生が人気ですが、こういった音楽は音源を圧縮しているため、音質がどうしても悪くなってしまいます。

音楽がより身近な存在になりましたが、高音質でじっくり好きな音楽を楽しみたいなら、ストリーミング再生やCDよりも断然ハイレゾがおすすめです。

CDは人間の聴力の範囲の2万Hz(ヘルツ)しか聴こえないのですが、ハイレゾはその2倍・3倍・4倍・5倍…数倍の音を体感することが可能。

音の弱さと強さの比を表す「ダイナミックレンジ」が、CDが100db(デシベル)以下なのに対し、ハイレゾは140db・150dbもあります!

CDの音源を音の缶詰と表すなら、ハイレゾは目の前で演奏を聴いている感覚。臨場感が圧倒的に違います!

音域の広さと奥行きの深さを堪能

ハイレゾ特有の「音域の広さ」「奥行きの深さ」によって、CDを超える感動度で音楽を楽しむことができます。

「音が少しくらい悪くてもいいから手軽に音楽を楽しみたい」という意見もありますが、好きな音楽をより良い音質で聴くことができたほうが人生がもっと豊かになるのではないでしょうか。

まとめ

ハイレゾの音楽を楽しむには、ハイレゾ対応のオーディオが必要不可欠です。

外出先でハイレゾ音源を楽しみたい方は、デジタルオーディオプレーヤーを、自宅でハイレゾ音源を楽しみたい方は、ネットワークオーディオプレーヤーのページをチェック!

商品選びの参考にしてくださいね!

オーディオ機器の関連記事一覧

タイプ別の記事はこちら

やまもとまどか
この記事のライター
やまもとまどか
2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。 SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。 その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。

2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。
SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。
その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。

おうちdeモノレコ 自宅で楽しく!快適に!過ごせるおすすめ特集
この記事が気に入ったらシェアしよう!
↓↓
モノレコ by Amebaをフォローして
最新記事を受け取ろう!

あわせて読みたい

TV・カメラ・オーディオの新着記事

TV・カメラ・オーディオの人気記事ランキング

新着記事

人気記事ランキング

お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。