1. モノレコ by Ameba ホーム
  2. PC・スマホ・通信機器
  3. キーボードおすすめランキング|ガジェットライターが25商品を厳選【選び方も紹介】

キーボードおすすめランキング|ガジェットライターが25商品を厳選【選び方も紹介】

7,313 view
  • Facebookシェア
  • LINE
  • ツイート
  • はてブ
  • note

目次

CONTENTS
鉛筆アイコンこの記事を監修した専門家
諸山 泰三のプロフィール画像
諸山 泰三
家電ライター、編集者

PC雑誌や家電流通専門誌の編集者を経て、家電のフリーペーパー「カデンプラス」の編集長を務めました。2017年にフリーランスとなり、「ライトアンドノート」の屋号でパソコンや家電などの記事執筆・編集に幅広く携わっています。最近はコーヒーの勉強もしています。利用しているSNSは主にFacebookです。住んでいる豊島区大塚近辺のローカルネタや、変な缶飲料の写真を投稿するのが趣味です。たまに家電のことも呟いています。ブログでは色々と自由に発言しようと思いながら、マメに更新できず課題になっています。将来のテレビやパソコンは、使い捨てになるに違いないと予言してもう何年も経ちましたが、業界には未だに片鱗も見られません。早くそういう時代が来ればよいと思っています。

PC雑誌や家電流通専門誌の編集者を経て、家電のフリーペーパー「カデンプラス」の編集長を務めました。2017年にフリーランスとなり、「ライトアンドノート」の屋号でパソコンや家電などの記事執筆・編集に幅広く携わっています。最近はコーヒーの勉強もしています。利用しているSNSは主にFacebookです。住んでいる豊島区大塚近辺のローカルネタや、変な缶飲料の写真を投稿するのが趣味です。たまに家電のことも呟いています。ブログでは色々と自由に発言しようと思いながら、マメに更新できず課題になっています。将来のテレビやパソコンは、使い捨てになるに違いないと予言してもう何年も経ちましたが、業界には未だに片鱗も見られません。早くそういう時代が来ればよいと思っています。

キーボードおすすめ一覧

今回この記事でおすすめするキーボードはこちら!

※この表で利用されている商品画像は同記事内で引用しています。

キーボードおすすめ一覧【bluetooth/据え置きタイプ】

今すぐキーボードを見る

※この表で利用されている商品画像は同記事内で引用しています。

キーボードおすすめ一覧【bluetooth/持ち運びに便利】

今すぐキーボードを見る

※この表で利用されている商品画像は同記事内で引用しています。

キーボードおすすめ一覧【無線/USBレシーバー式】

今すぐキーボードを見る

※この表で利用されている商品画像は同記事内で引用しています。

キーボードおすすめ一覧【有線タイプ】

今すぐキーボードを見る

※この表で利用されている商品画像は同記事内で引用しています。

キーボードおすすめ一覧【ゲーミングキーボード】

今すぐキーボードを見る

キーボードを選ぶ際にチェックしておくべきこととは?

キーボードの種類は幅広く、いざ購入しようと思ってもどのようなことに気をつけたらいいか悩んでしまいます。

そんな方のため、パソコン系の記事執筆などを手掛けているライターの諸山さんが選び方のポイントを説明してくれました。

キーボード選びのポイント①:キーの打ちやすさ

キーボードの打ちやすさは生産性に直結します。このため、パソコンを購入した時に付いてくるキーボードとは違う、もっと自分が使いやすいと感じるキーボードに買い換える人はたくさんいます。

キーボード選びのポイント②:パソコン本体との接続方法

キーボードを買い換えるときにまず選びたいのは、無線でつなぐのかパソコン本体と有線でつなぐのかです。

  • 無線の場合
    基本的に「Bluetooth対応」と書かれているものを選べば大丈夫。有線と無線の両方に対応する製品もあります。

    なお、無線のキーボードは電池が必要。単4電池でも1年くらいは使えるものが多いです。

  • 有線の場合
    USB 2.0、USB 3.0、USB 3.1 Type-C、古いものではPS/2と呼ばれるコネクタが使われています。

    キーボードはゴリゴリのゲームユーザー以外は、データ転送速度を重視する必要がないため、変換コネクタを用意すればどの形式でも利用可能。

キーボード選びのポイント③:キーボードの大きさ

次に注意したいのは大きさ。キーの大きさはもちろんのこと、数字キー(テンキー)が右側に独立して用意されているか、それとも文字列キーの上に横一列で並んでいるだけかによって大きさは異なります。

キーボード選びのポイント④:キーピッチ

キーとキーの間隔をキーピッチと呼び、1つのキーの中央から隣のキーの中央までの距離をmmで示します。

キーピッチが19mmのものを「フルピッチ」と言いますが、これはもっともメジャーで入力しやすいとされるサイズ

持ち運びに適した小型のキーボードではフルピッチを確保しにくい傾向にあるため、あまり小さいと慣れないうちは誤入力が多くなることがあります。

キーピッチを十分に確保して誤入力を減らしたい場合は、アイソレーション・キーボードがおすすめ。キー同士が隣接せず、完全に空間を空けているため、初心者にも使いやすいことでしょう。

キーボード選びのポイント④:キーストローク

キーストロークは、キーを押したときに入力が判定されるまでの深さをいい、これもmmで表します。デスクトップパソコンのキーボードでは4mm程度の深さが多数。

キーストロークの深いものは、よりしっかり押す必要がある半面誤入力が軽減できるというメリットがあります。一方浅いものは、より少ない力で押せるため疲れにくく入力も速くできるものの、誤入力をしやすいのが難点。

訂正する手間を考えるとストロークが深いものを好む人も少なくないことでしょう。

パソコン業界ではキーストロークの感触を「打鍵感(だけんかん)」と呼び、これを重視する人がたくさんいます。

そして知っておくと良いのがキースイッチの方式。これはキーの構造のことで、打ち心地や打鍵感などはこのキースイッチで決まります。

主な種類はメンブレン式パンタグラフ式メカニカル式など。それぞれの紹介をします。

キーボードのキースイッチを説明している画像
  • メンブレン式
    押したキーを戻す機構にシリコンキャップを利用するもの。構造が簡単なため安価なモデルで採用される傾向があります。

    メンテナンスがしやすく液体などの汚れに強いものの、シリコンキャップが劣化すると打ちにくくなるのが欠点。

  • パンタグラフ式
    電車の屋根に付いているパンタグラフと同じ、横から見たときに菱形になる支柱を使った構造。キーが薄くできるため、ノートパソコンに多く採用されています。ストロークが比較的浅くなるのが特徴の一つ。

    メンブレン式と同じくシリコンキャップも使用しますが、パンタグラフ式はメンテナンスが難しいのが欠点。粗雑に扱うと折れてしまうので注意が必要です。

    ノートパソコンに慣れている人が、デスクトップパソコンを使う際にパンタグラフ式のキーボードを選ぶケースが多いです。

  • メカニカル式
    スプリングを採用することで、しっかりした打鍵感を持っているのが特徴。デスクトップパソコンに標準で付いてくるキーボードの多くはこのタイプです。

    種類は主に接点接触型と静電容量無接点型の2つ。接点接触型の方が一般的で安価な製品にも採用されていますが、押下圧などを軸の色で分ける製品はこだわりを持つ方からの支持も高いです。

    一方静電容量無接点型は、電極が物理的に接しなくてもキーの押下を認識。接点接触型よりも指への負担が少なくて済むというメリットがあります。製品寿命は長いですが、その分価格が高くなる傾向あり。

キーボード選びのポイント⑤:キー配列

キーボードの選び方【キー配列】

パソコンのキーボードの配列は、QWERTY配列と呼ばれます。これは、Qの段を左から順番に6つ読んだもので、古くはアナログのタイプライターでも採用されていました。

アルファベットの上には数字キーが左から右へ順に並び、その上にはF1~F12までのファンクションキーが並んでいます。

一番右にはひときわ大きなEnterキーがあり、そのすぐ上にBackSpaceキー、下にShiftキー、中央下部には細長い無地のスペースキー。中央左のAキーの横はCapsLockキーで、その上がTabキー、下はShiftキー、その下はControlキーとなっています。

ここまでの配列はどのキーボードもまず同じ。他のキーについては、製品によって違いがあります。

特にノートパソコンライクな小さめのキーボードは、矢印キー、Escキー、Deleteキーなどの位置が微妙に異なっていたりします。これらのキーは好みが分かれるポイント。

昨今はキートップにわずかな凹みをつくり、指を乗せやすいよう人間工学的な工夫を凝らしたキーボードも増えています。

ちなみに、ほとんどのキーボードはFキーとJキーに突起が付いています。これはキーボードを見ないで入力するタッチタイピングにおいて、FキーとJキーがそれぞれ左右の人差し指を置くホームポジションであるためです。

諸山 泰三
家電ライター、編集者

どのようなキーボードを選ぶ場合でも、キーピッチやキーストロークなどの打ちやすさは大事なチェックポイント。

そしてそれと同時に重視するべきなのが、目的に合わせた使いやすさです。使い方によってキーボードにも向き不向きがあるため、何に、どんな風に使いたいのかに合わせるのが大事。

たとえばモバイルキーボードを持ち歩くとき、小さく折りたためたり軽かったりスタンドとしても使えたりするキーボードが好まれます。


ノートパソコンのおすすめを紹介しているこちらの記事もチェック!

ノートパソコンおすすめ25選|ガジェットライターがランキングで紹介!選び方も【2020年最新】
ノートパソコンおすすめ25選|ガジェットライターがランキングで紹介!選び方も【2020年最新】

キーボードおすすめランキング|ガジェットライターの諸山泰三が選ぶのは?

ここからは、諸山さんおすすめのキーボードをランキング形式で発表。「bluetooth/パソコン用」「bluetooth/スマホ・タブレット用」「無線/USBタイプ」「有線タイプ」「ゲーミング」の5タイプに分けて紹介していきます。

キーボードおすすめランキングBEST5【bluetooth/据え置きタイプ】

まずは、パソコンやスマホ、タブレットと接続して使えるBluetoothタイプのキーボードから紹介していきます。煩わしいケーブルが必要ないため、パソコン周りなどをすっきりとさせたい方におすすめ。

1
丸みのある独特なデザイン&高機能

Logicool(ロジクール) / K780 マルチデバイス BLUETOOTH キーボード

参考価格:6,806円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
7,000円(税込)
楽天市場
7,480円(税込)
Yahoo!
ショッピング
6,806円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

3つのデバイスをワンタッチで切り替えられるEasy-Switchボタンを搭載。キーが独特の丸いデザインをして可愛い印象ですが、中身はとても高機能です。テンキー付き。電源は単四形乾電池2本です。

「Logicool Flow機能」は1台ずつのキーボードとマウスで、最大3台までのパソコンをシームレスに操作できる機能。

物理的な切替器やスイッチは不要で、デュアルモニターを使っているときのようにアクティブなモニターとキーボードをマウス操作で切り替えられます。

独自のUSBレシーバーを利用すれば、同社製のハイエンドマウス「MX MASTER 2S」など、「Logicool Flow機能」対応マウスと連携利用も可能。

サイズ幅:380×奥行:8~22×高さ:158mm
重量875g
キー数-
キーピッチ19mm
キーストローク2.0mm
キースイッチメンブレン式
2
プロも愛用の"HHKBキーボード"

PFU / HHKB Professional BT PD-KB620

参考価格:29,980円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
29,980円(税込)
楽天市場
30,450円(税込)
Yahoo!
ショッピング
41,308円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

プロが指名買いするという「Happy Hacking Keyboard」通称HHKBキーボード。Professional BTシリーズの中では矢印キー(カーソルキー)が搭載されているモデルになります。

最大4台のデバイスと接続可能。日本語配列のかな無刻印モデルです。耐久性の高いサブリメーション(昇華)印刷を採用。長時間の使用でも刻印が剥げにくくなっています。キー構造は静電容量無接点方式。

また、制御キーの一部のキー割付が変えられる「DIPスイッチ」も搭載しています。チルトスタンドは3段階に切り替えられ、キーボードの角度調整も可能。電源は単3形アルカリ乾電池2本で、約3ヶ月動作します。

サイズ幅:294×奥行:120×高さ:40mm
重量540g
キー数JIS配列69キー
キーピッチ19.05mm
キーストローク4.0mm
キースイッチメカニカル式(静電容量無接点方式)
3
省スペース性と静音性に優れたモデル

ELECOM(エレコム) / TK-FBM093SBK

参考価格:3,000円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
4,393円(税込)
楽天市場
3,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,000円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

省スペース性と静音性に優れたコストパフォーマンスの良いテンキーレスキーボードです。キーの機構はメンブレン式。

キートップにラバーカップを付けることで静音性を高めており、キーボードのカチャカチャ音が気になる人でも安心。英国の騒音防止団体からノイズ低減技術を認められたQuiet Markを取得しています。

テンキーレスの日本語配列。電源は単4形乾電池を2本使用します。F1~F8のファンクションキーは、Fnキーとの組み合わせでWebブラウザやメディアプレーヤーの操作が可能なマルチファンクションキー。

サイズ幅:302.4×奥行:130.3×高さ:29.6mm
重量約396g
キー数84キー
キーピッチ19.0mm
キーストローク2.6mm
キースイッチメンブレン式


モノレコでは、Logicool(ロジクール)のマウスについても紹介しています。こちらからチェックしてみてください。

Logicool(ロジクール)マウス8選!【家電量販店店員のおすすめランキング付き】
Logicool(ロジクール)マウス8選!【家電量販店店員のおすすめランキング付き】
4
静音性、安定感、打ちやすさを実現

BUFFALO(バッファロー) / BSKBB310BK

参考価格:2,251円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
2,251円(税込)
楽天市場
2,700円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,278円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

省スペースで使えるノートパソコンライクなテンキーレスキーボード。最大3台までのデバイスを登録してそれらを切り替えながら使用できます。キー構造はパンタグラフ式。

静音性とグラつかない安定感を両立しており、一つひとつのキーが独立して打ちやすいアイソレーション・キーボードです。

電源は単4形乾電池が2本。ファンクションキーには画面のロックや音楽再生などのホットキーが割り当てられており、iOSの「ホームボタン」やAndroidの「戻る」機能にも対応します。

サイズ幅:285×奥行:120×高さ:23mm
重量約280g
キー数78キー
キーピッチ19mm
キーストローク1.5mm
キースイッチパンタグラフ式
5
ガラスとLEDの近代的なデザイン

UPQ(アップ・キュー) / Glass touch keyboard Q-gadget KB02

参考価格:7,500円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
10,493円(税込)
楽天市場
7,500円(税込)
Yahoo!
ショッピング
14,173円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

基盤まで透けているガラス製のタッチキーボード。触れるとブルーのLEDが光り、SF映画にでも出てきそうな近代的な雰囲気です。

専用キーにより、キーボードモードとタッチパッドモードに切り替えて使用可能。全面ガラスのため、汚れてもサッと拭くだけでお手入れできるのも魅力です。

バッテリーで駆動し、連続使用時間は10時間。軽量のため、持ち歩いて使うのもさほど苦になりません。目を惹くデザインのため、人前で使うことで話題づくりにもうってつけです。

サイズ幅:340×奥行:162×高さ:18mm
重量500g
キー数-
キーピッチ-
キーストローク-
キースイッチタッチパネル式

キーボードおすすめランキングBEST5【bluetooth/持ち運びに便利】

続いて、bluetoothで接続して使うタイプのキーボードから、持ち運びに便利なキーボードを紹介します。

スマホやタブレットは持ち歩くもの。キーボードも一緒に持ち歩けるよう、コンパクトなサイズのものがおすすめです。スマホやタブレットを立てかけられるスタンド付きのモデルも良いでしょう。

1
スマホなどを差し込めるスタンド付き

Logicool(ロジクール) / BLUETOOTH MULTI-DEVICE KEYBOARD K480

参考価格:4,180円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
4,542円(税込)
楽天市場
4,180円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,180円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

3台までのデバイスを接続登録でき、ダイヤルで切り替えて使用できます。ダイヤル切り替えは、誤操作が少ないのが魅力。

スマホやタブレットを差し込んで立てられるスタンド機能を備え、別途スタンドを用意しなくても見やすい角度で入力が可能です。電源は単4形乾電池2本。

持ち運びの観点からするとやや重さが気になるところ。普段は据え置きで使用し、ときどき持ち運ぶといった使い方が良いでしょう。パソコン、スマホ、タブレットのほか、PS4にも対応。

サイズ幅:299×奥行:195×高さ:20mm
重量815g
キー数84キー
キーピッチ19mm
キーストローク2mm
キースイッチメンブレン式
2
人間工学デザインで手首の負担を軽減

Owltech(オウルテック) / OWL-BTKB6402

参考価格:4,808円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
4,857円(税込)
楽天市場
4,808円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,980円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

人間工学(エルゴニミクス)デザインを採用した手首への負担を軽減するモバイルキーボード。中央で折りたたむことができ、広げると電源On、折りたたむと電源Offになり、いちいち電源をOn/Offする操作が必要ありません。

スマホやタブレットのスタンドとしても使えるモバイルケースが付属しています。厚さ13mmと薄型でありながらパンタグラフ式を採用。軽量のため、持ち運びやすさを最重視する人におすすめです。

電源は内蔵リチウムポリマー充電池で、充電時間は約2時間。

サイズ【折りたたみ時】幅:169×奥行:12×高さ:102mm【使用時】幅:328×奥行:6×高さ:102mm
重量170g
キー数64キー
キーピッチ17mm
キーストローク-
キースイッチパンタグラフ式
3
二つ折り財布のようなスリムデザイン

Microsoft(マイクロソフト) / Universal Foldable Keyboard GU5-00014

参考価格:3,690円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Yahoo!
ショッピング
3,690円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

二つ折り財布のようなデザインのモバイルキーボード。本体はCDケース並のサイズ感と薄さ。軽量で非常にコンパクトです。

これだけコンパクトでありながら日本語80キーを搭載。Windows、iPad、iPhone、Androidデバイスに対応します。

電源はバッテリーで、付属のUSBケーブルより充電が可能。キーストロークがかなり浅いため、打ち心地は好みの分かれるところです。店頭などで触って確かめるのが良いでしょう。

サイズ【折りたたみ時】縦:約125×横:146×高さ:10.5mm【使用時】幅:295×奥行:125×高さ:11mm
重量320g
キー数80キー
キーピッチ-
キーストローク-
キースイッチパンタグラフ式
4
薄型軽量、電源のオンオフも簡単

iClever(アイクレバー) / IC-BK03

参考価格:3,580円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
3,580円(税込)
楽天市場
5,780円(税込)
Yahoo!
ショッピング
7,424円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

薄型、軽量。折りたたんで持ち運べる使いやすいキーボード。開くと自動で電源がオンになり、折りたためば自動的に電源がオフされるため、電源を切り忘れる心配がありません。

充電式で3~4時間程度充電した場合、約80時間の使用が可能。ほかではあまり見かけないローズゴールドのデザインがおしゃれです。

サイズ251.7×89.6×6.6mm(開いた状態)
重量185g
キー数80キー
キーピッチ-
キーストローク-
キースイッチパンタグラフ式
5
マニア必見!人気キャラとコラボ

3E(スリーイー) / 3E 3E-BKY8-UL1 Bluetooth® Keyboard 【NEO】 ウルトラマン

参考価格:5,980円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
5,980円(税込)
楽天市場
5,980円(税込)
Yahoo!
ショッピング
5,984円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

ウルトラマンシリーズとコラボした折りたたみ式のモバイルキーボード。一部のキーには作品に登場するキャラクターがプリントされており、マニアにはたまらない一台です。

ロゴが浮き出て見えるようなエンボス加工を施したレザータイプのスタンド兼ケースが付属。最大3台までBluetooth接続が可能です。充電式で、2時間の充電の場合約84時間使用可能。折りたたむと官製はがきとほぼ同じ大きさになるほどコンパクト。

サイズ【折りたたみ時】幅:146×奥行:17×高さ:93mm【使用時】幅:251×奥行:14×高さ:93mm
重量185g
キー数64キー
キーピッチ17mm
キーストローク1.5mm
キースイッチパンタグラフ式

キーボードおすすめランキングBEST5【無線/USBレシーバー式】

USBポートに差し込むレシーバーが付属しているタイプのキーボードを紹介。

USBレシーバーをデバイスのUSBポートに差し込むだけですぐ使えるため、ペアリングなどの初期設定などが面倒だと感じる方や機械音痴の方にもおすすめです。

1
軽量薄型でコスパも良い一台

ELECOM(エレコム) / TK-FDP098TBK

参考価格:2,027円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
2,027円(税込)
楽天市場
2,428円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,048円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

最薄部6.5mmの薄型キーボード。キー構造は一般的なノートパソコンと同じパンタグラフ式のテンキーレスタイプです。最大3台までのデバイスをペアリング可能。電源は単4形乾電池2本です。

本体は軽量ですが付属のUSBレシーバーを格納できません。持ち歩くとレシーバーを紛失する恐れがあるため、モバイルよりは据え置きで使う方が向いています。

低価格な製品は長く使うとチャタリング(一回押しただけなのに何度も押したような反応をすること)も出てきますが、短期間で買い替えながら使うのであれば悪くない選択肢といえるでしょう。

サイズ幅:289.2×奥行:127.5×高さ:21.2mm
重量約374g
キー数83キー
キーピッチ19.0mm
キーストローク2.0mm
キースイッチパンタグラフ式
2
テンキーを搭載したフルキーボード

BUFFALO(バッファロー) / BSKBW100SBK

参考価格:1,455円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
1,455円(税込)
Yahoo!
ショッピング
8,193円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

キーボードとマウスが1つのレシーバーで接続できるセット。パソコン側のUSBコネクタを節約できるのが魅力で、Bluetoothが標準で利用できないデスクトップパソコンなどにぴったりです。

通信には2.4GHz周波数帯を使用。テンキー付きのフルサイズで、キー構造はストロークの深いメンブレン方式を採用しています。スペースキー付近の面積を広く取ることで親指への負担を軽減。

電源は単3形乾電池1本。アルカリ乾電池の場合、約3年の電池寿命を実現しています。

サイズ幅:450×奥行:120×高さ:20mm
重量約685g
キー数110キー
キーピッチ19mm
キーストローク2.3mm
キースイッチメンブレン式
3
支持され続けるロングセラー製品

Logicool(ロジクール) / WIRELESS ILLUMINATED KEYBOARD K800T

参考価格:2,668円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
11,500円(税込)
楽天市場
12,286円(税込)
Yahoo!
ショッピング
2,668円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

発売から5年以上経っているものの、未だに多くのユーザーから支持されているロングセラー製品。クリアフレーム採用の薄型構造ですっきりとした外観を持ち、タイピング時の静音性に優れています。

キーレイアウトはベーシックな109キー日本語レイアウト。かな刻印がないため、英字キーに憧れているけれど英語キーボードは使いにくいと感じている方にも最適です。ノートパソコンの打鍵感に近いといった特徴も。

手が近づくとセンサーで感知して光るバックライトも使いやすさを高めてくれます。充電式で、1回の充電で最大10日間使用可能。

サイズ幅:447.5×奥行:190.0×高さ:25.0mm
重量672g
キー数109キー
キーピッチ19mm
キーストローク3.2mm
キースイッチパンタグラフ式
4
やわらかなタッチで長時間使用も◎

TOPIST / キーボード ワイヤレス

参考価格:2,299円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
2,299円(税込)
楽天市場
4,369円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,864円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

薄型軽量でUSBレシーバーの格納もできるキーボード。モバイルでも使いやすい2.4GHz周波数帯接続のテンキーレスモデルです。

キー構造はメンブレン式で静音性に優れ、タッチもやわらか。腕が疲れにくく、長時間の使用にもうってつけな実用性の高い1台です。

電源は単4形電池が2本。電池は付属しません。10分間使用しないと自動的に電力節約モードにチェンジ。コストパフォーマンスに優れているため気軽に使えるのも魅力です。

サイズ幅:284×奥行:133×高さ:17mm
重量400g
キー数78キー
キーピッチ-
キーストローク-
キースイッチメンブレン式
5
U字型デザインのエルゴノミクス設計

Microsoft(マイクロソフト) / Sculpt Ergonomic Desktop AES L5V-00030

参考価格:12,840円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
12,850円(税込)
楽天市場
12,840円(税込)
Yahoo!
ショッピング
18,691円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

人間工学に基づいたエルゴノミックデザインのワイヤレスキーボードとマウス。同じものに買い替える方もいるほど高く支持されています。

キーボードとマウスが1つのUSBレシーバーで接続可能。パソコン側のUSB端子を節約できます。

中央が凹むように湾曲し、上部が左右に分割されたU字型のデザインを採用。左右の手を自然に配置でき、手首への負担が軽減されるようになっています。

キー構造はメンブレン式。テンキーが独立しているのも特徴の一つです。AES暗号化方式によりキー入力を暗号化。無線の傍受による情報漏洩を抑制します。電源は単4形アルカリ乾電池2本。

サイズ幅:388×奥行:208mm
重量-
キー数109キー
キーピッチ-
キーストローク2.2mm程度
キースイッチメンブレン式

キーボードおすすめランキングBEST5【有線タイプ】

ケーブルで接続するシンプルな構造でありながら安定して接続できる有線タイプのキーボードを紹介していきます。

こちらもデバイスに挿し込むだけで使え、初期設定の必要はなし。USBケーブルから供給される電力により動くため、電池交換や充電の必要もありません。

1
軽い打鍵で静音性抜群!耐久性も◎

東プレ / REALFORCE R2 テンキーレス「PFU Limited Edition」

参考価格:31,350円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
31,350円(税込)
楽天市場
31,350円(税込)
Yahoo!
ショッピング
44,030円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

プレミアムクラスのキーボードの代名詞的存在ともいえる東プレのREALFORCEシリーズ。PFUの「HHKB」にもOEM供給されており、両社のブランドを冠したモデルがこちらの1台です。

軽い打鍵でキーが入力判定される静電容量無接点方式を採用し、静音性も抜群。長時間使っていても疲れにくく、本体の耐久性も文句なしです。

黒い本体でありながらあえてキートップに読みにくい黒字でキーを刻印することで玄人っぽさを演出。高価格ながら愛用者が多いのもうなずけますね。

サイズ幅:369×奥行:142×高さ:30mm
重量1.1Kg
キー数91キー
キーピッチ-
キーストローク-
キースイッチメカニカル式(静電容量無接点方式)
2
テンキーレスのようなコンパクトさ

ARCHISS(アーキサイト) / Maestro 2S

参考価格:14,850円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
16,500円(税込)
楽天市場
14,850円(税込)
Yahoo!
ショッピング
14,850円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

ARCHISSブランドの中でも高品質を売りにする「Maestro 2S」シリーズの最新モデル。テンキー付きなのに、ほぼテンキーレスサイズを実現したコンパクト性に優れた有線キーボードです。

キー構造はメカニカル式で、ドイツのCHERRY社が製造する耐久性に優れた「CHERRY MXスイッチ」を採用。押下圧やクリック感の異なる7種のキーが用意されており、キーストロークの深い青軸や浅い赤軸などから自由に選べます。

キー配列の入れ替えや制限が可能な4つのDIPスイッチも搭載。CtrlキーとCapsLockキーの入れ替えなどがソフトウェアを使わず設定できます。

サイズW38.5×H2.1-3.8×D14.4cm
重量1.16kg
キー数102キー
キーピッチ19mm
キーストローク4.0(-0.4)mm
キースイッチメカニカル式
3
脅威的な薄さのクールなデザイン

Logicool(ロジクール) / ILLUMINATED KEYBOARD K740

参考価格:4,970円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
4,970円(税込)
楽天市場
8,512円(税込)
Yahoo!
ショッピング
8,511円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

ノートパソコンライクな浅くて静かなキーストロークを好み、デスクトップパソコン並みのフルサイズキーボードが使いたい方におすすめなのがこちら。

キーボード面はベーシックなデザインでありながら、本体は薄型サイズです。弓状にカーブしており、見た目もクール。

Webブラウザやメールソフトなどのアプリケーションを登録できるショートカットキーを装備。イルミネートキーで文字が光るため、暗い環境で使用する場合にも便利です。

クセが少なく、自分の好みがよく分からない方も安心して使えるキーボードと言えるでしょう。

サイズ高さ:457×奥行:190×高さ:9.3mm
重量1,050g
キー数111キー
キーピッチ19mm
キーストローク3.2mm
キースイッチパンタグラフ式
4
誰でも打ちやすいスタンダードモデル

SANWA SUPPLY(サンワサプライ) / USBキーボード SKB-L1UBK

参考価格:620円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
620円(税込)
楽天市場
730円(税込)
Yahoo!
ショッピング
1,148円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

メンブレン方式のキー構造を採用するテンキー付きの非常にスタンダードなキーボード。手ごろな価格でありながら、打ちやすいとされる標準的なスペックを実現しています。

しっかりと深く押せるメンブレン方式。よく利用するスペースキーと方向キーの下が、少し出っ張ったデザインをしているのが特徴です。タッチタイピングに不慣れな方でも入力しやすいように工夫された1台。

サイズ幅:443×奥行:141×高さ:27mm
重量約520g
キー数109+3キー
キーピッチ19mm
キーストローク2.4±0.1mm
キースイッチメンブレン式
5
誤操作の原因になりがちなキーを制御

FILCO / Majestouch Stingray

参考価格:13,180円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
20,040円(税込)
楽天市場
13,180円(税込)
Yahoo!
ショッピング
21,024円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

「CHERRY MX Low Profile Red Switch」を採用した、テンキーなしのキーボード。メカニカル式ながら薄型なので、収納する際キーボードの厚みが気になる方にも最適です。オフィスなどでのビジネス用途にぴったり。

Fnキーと組み合わせて利用する「WIN Key Lock機能」では、誤操作の原因になりがちなキーを機能できなくさせるのが可能。誤ってF1キーを押していつもヘルプが立ち上がるのがイライラするという方にもおすすめです。

サイズ幅:358×奥行:138×高さ:31.7mm
重量900g
キー数91キー
キーピッチ19mm
キーストローク3.2mm
キースイッチメカニカル式

キーボードおすすめランキングBEST5【ゲーミングキーボード】

最後に、ゲーミングキーボードを紹介します。ゲーミングキーボードは、文字通りゲームをプレイするためにつくられた専用のもの。ゲームを快適にプレイしたい場合は、ゲーミングキーボードを利用すると便利です。

RPGやFPSなどのゲームの多くには、円滑にプレイするためショートカットキーがあります。ショートカットキーをいかにスムーズに呼び出せるかがカギ。

そのため多くのゲーミングキーボードにはショートカットキーを登録して一発で呼び出せる専用キーが用意されています。

さらに、複数のキーを同時に押したときにいくつまで認識するかというNキーロールオーバーも重要。通常のキーボードは2つか3つまでしか認識しませんが、Nキーロールオーバー対応のものは、高速入力する際に6~10個以上を同時押ししてもしっかりと入力されます。

ゲーミングキーボードは基本的にケーブルタイプが選ばれることがほとんど。ワイヤレスによるコンマ数秒の遅延やバッテリー切れのリスクは、ハードゲーマーにとって命取りになります。

1
ゲーマーの求める機能や性能を網羅

Razer(レイザー) / BLACKWIDOW ELITE - YELLOW SWITCH

参考価格:16,980円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
16,980円(税込)
楽天市場
16,980円(税込)
Yahoo!
ショッピング
18,998円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

ゲーマーがキーボードに要求する機能・性能を網羅すると謳う、ハイグレードな有線タイプのゲーミングキーボード。打鍵感のしっかりしたメカニカル式ながら静音性に優れ、ゲームの実況動画製作にも適しています。

Nキーロールオーバー対応のほか、USBとオーディオのパススルーにも対応。ダイアルを含むすべてのキーは、割り当てやマクロのカスタマイズが可能です。

一つひとつのキーに対してバックライトLEDカラーと発光パターンをカスタマイズできる機能もプラス。ゲームの臨場感を高めてくれます。

サイズ幅448×奥行232.5×高さ42.2mm
重量約1,673.7g
キー数109キー
キーピッチ-
キーストローク3.5mm
キースイッチメカニカル式
2
しっかりとした打鍵感が好きな方に

Logicool(ロジクール) / G512

参考価格:9,480円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
9,480円(税込)
楽天市場
12,089円(税込)
Yahoo!
ショッピング
12,500円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

「ロジクール」のゲーミングブランド「Logicool G」の中でも多くのユーザーに支持されているメカニカル式のキーボード。浮いているように見えるフローティングキーキャップを採用しています。

キーは打鍵感の違う3種類から選択可能。キーの一つひとつがRGBライトによって約1,680万色を使ったイルミネーションに対応する「LIGHTSYNC RGB」を搭載。臨場感と没入感を演出します。

本体の素材には航空機グレードの5052アルミ合金を採用。がっしりとした質感で操作中のキーボードのズレなども防ぎます。確かな打鍵音を望む方にぴったり。

サイズ-
重量-
キー数108キー
キーピッチ-
キーストローク3.2~4.0mm
キースイッチメカニカル式
3
eスポーツでハイスコアを目指すなら

Xtrfy(エクストリファイ) / K2-RGB

参考価格:22,700円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
22,737円(税込)
楽天市場
22,700円(税込)
Yahoo!
ショッピング
29,563円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

スウェーデンの高級ゲーミングデバイスメーカーであるXtrfyが、同国のプロゲームチーム「Ninjas in Pyjamas」と協力して開発したプロ仕様のキーボード。

Nキーロールオーパーに対応しているほか、複数のキーを押したときに誤入力を防ぐ「アンチゴースト」にも対応しています。

個別キーごとに1,680万色LEDのイルミネーション設定が可能。照度は8段階から調整できます。キートップの文字を透過して光るのがおしゃれ。USB有線のほか、付属アダプターでPS/2接続にも対応します。

海外ゲームをプレイする場合、日本語配列より英語配列の方が操作しやすいことも少なくありません。本気でeスポーツのハイスコアを目指すなら視野に入れたい1台です。

サイズ幅:440×奥行:140×高さ:35mm
重量1.25kg
キー数105キー
キーピッチ-
キーストローク-
キースイッチメカニカル式
4
高さを抑えつつ入力の精密性アップ

Corsair(コルセア) / K70 RGB MK.2 LOW PROFILE RAPIDFIRE CH-9109018-JP

参考価格:18,127円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
18,127円(税込)
楽天市場
18,361円(税込)
Yahoo!
ショッピング
19,302円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

マウス操作のスペースを重視するゲームに向いたテンキーレスの有線キーボード。高さを抑えながら、入力の精密性に優れた一台です。

快適さを実現した「Cherry MX Low Profile Speed RGBキー」を採用。航空機グレードのアルミ製フレームにより、厚さ29mmながら激しい操作にもしっかり耐える堅牢性を実現しています。

さらに、誤入力を防ぐ「アンチゴースト」機能も装備。Nキーロールオーバーにも対応しています。全キーにマクロ設定が可能。

サイズ幅:438×奥行:168×高さ:29mm
重量約1.08kg
キー数108キー
キーピッチ-
キーストローク-
キースイッチメカニカル式
5
コスパの良いゲーミングならばこれ!

Riitek / RK100

参考価格:1,899円(税込)
カートアイコンこのキーボードの詳細を見る
Amazon
1,899円(税込)
楽天市場
2,933円(税込)
Yahoo!
ショッピング
2,933円(税込)
説明アイコン
なぜこのキーボードが選ばれたのか

ゲーミングキーボードの中でも、価格重視で選ぶなら注目すべきこちらのキーボード。キー構造はメンブレン式で静音性が高く、心地良いクリック音と軽いキータッチで高速の入力を実現します。

赤、橙、黄、緑、青、藍、紫と7種類のLEDバックライトを搭載。赤、青、紫の3色固定のバックライトモードと、呼吸をイメージしたリズムで点灯する呼吸モードも備えています。

フローティングキーキャップにより、キーが浮遊しているように見えるの魅力の一つ。26キーロールオーバーに対応します。

サイズ幅:435×奥行:136×高さ:39mm
重量600g
キー数106キー
キーピッチ19mm
キーストローク4.0mm
キースイッチメンブレン式

キーボードのおすすめ商品をまとめ表で比較

本記事で紹介したおすすめのキーボードを一覧表で比較!ぴったりな商品を見つけてみてください!

注目ポイント

丸みのある独特なデザイン&高機能

プロも愛用の"HHKBキーボード"

省スペース性と静音性に優れたモデル

静音性、安定感、打ちやすさを実現

ガラスとLEDの近代的なデザイン

スマホなどを差し込めるスタンド付き

人間工学デザインで手首の負担を軽減

二つ折り財布のようなスリムデザイン

薄型軽量、電源のオンオフも簡単

マニア必見!人気キャラとコラボ

軽量薄型でコスパも良い一台

テンキーを搭載したフルキーボード

支持され続けるロングセラー製品

やわらかなタッチで長時間使用も◎

U字型デザインのエルゴノミクス設計

軽い打鍵で静音性抜群!耐久性も◎

テンキーレスのようなコンパクトさ

脅威的な薄さのクールなデザイン

誰でも打ちやすいスタンダードモデル

誤操作の原因になりがちなキーを制御

ゲーマーの求める機能や性能を網羅

しっかりとした打鍵感が好きな方に

eスポーツでハイスコアを目指すなら

高さを抑えつつ入力の精密性アップ

コスパの良いゲーミングならばこれ!

商品画像
商品名

Logicool(ロジクール) / K780 マルチデバイス BLUETOOTH キーボード

PFU / HHKB Professional BT PD-KB620

ELECOM(エレコム) / TK-FBM093SBK

BUFFALO(バッファロー) / BSKBB310BK

UPQ(アップ・キュー) / Glass touch keyboard Q-gadget KB02

Logicool(ロジクール) / BLUETOOTH MULTI-DEVICE KEYBOARD K480

Owltech(オウルテック) / OWL-BTKB6402

Microsoft(マイクロソフト) / Universal Foldable Keyboard GU5-00014

iClever(アイクレバー) / IC-BK03

3E(スリーイー) / 3E 3E-BKY8-UL1 Bluetooth® Keyboard 【NEO】 ウルトラマン

ELECOM(エレコム) / TK-FDP098TBK

BUFFALO(バッファロー) / BSKBW100SBK

Logicool(ロジクール) / WIRELESS ILLUMINATED KEYBOARD K800T

TOPIST / キーボード ワイヤレス

Microsoft(マイクロソフト) / Sculpt Ergonomic Desktop AES L5V-00030

東プレ / REALFORCE R2 テンキーレス「PFU Limited Edition」

ARCHISS(アーキサイト) / Maestro 2S

Logicool(ロジクール) / ILLUMINATED KEYBOARD K740

SANWA SUPPLY(サンワサプライ) / USBキーボード SKB-L1UBK

FILCO / Majestouch Stingray

Razer(レイザー) / BLACKWIDOW ELITE - YELLOW SWITCH

Logicool(ロジクール) / G512

Xtrfy(エクストリファイ) / K2-RGB

Corsair(コルセア) / K70 RGB MK.2 LOW PROFILE RAPIDFIRE CH-9109018-JP

Riitek / RK100

商品リンク
Amazon
7,000円(税込)
楽天市場
7,480円(税込)
Yahoo!
ショッピング
6,806円(税込)
Amazon
29,980円(税込)
楽天市場
30,450円(税込)
Yahoo!
ショッピング
41,308円(税込)
Amazon
4,393円(税込)
楽天市場
3,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,000円(税込)
Amazon
2,251円(税込)
楽天市場
2,700円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,278円(税込)
Amazon
10,493円(税込)
楽天市場
7,500円(税込)
Yahoo!
ショッピング
14,173円(税込)
Amazon
4,542円(税込)
楽天市場
4,180円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,180円(税込)
Amazon
4,857円(税込)
楽天市場
4,808円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,980円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,690円(税込)
Amazon
3,580円(税込)
楽天市場
5,780円(税込)
Yahoo!
ショッピング
7,424円(税込)
Amazon
5,980円(税込)
楽天市場
5,980円(税込)
Yahoo!
ショッピング
5,984円(税込)
Amazon
2,027円(税込)
楽天市場
2,428円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,048円(税込)
Amazon
1,455円(税込)
Yahoo!
ショッピング
8,193円(税込)
Amazon
11,500円(税込)
楽天市場
12,286円(税込)
Yahoo!
ショッピング
2,668円(税込)
Amazon
2,299円(税込)
楽天市場
4,369円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,864円(税込)
Amazon
12,850円(税込)
楽天市場
12,840円(税込)
Yahoo!
ショッピング
18,691円(税込)
Amazon
31,350円(税込)
楽天市場
31,350円(税込)
Yahoo!
ショッピング
44,030円(税込)
Amazon
16,500円(税込)
楽天市場
14,850円(税込)
Yahoo!
ショッピング
14,850円(税込)
Amazon
4,970円(税込)
楽天市場
8,512円(税込)
Yahoo!
ショッピング
8,511円(税込)
Amazon
620円(税込)
楽天市場
730円(税込)
Yahoo!
ショッピング
1,148円(税込)
Amazon
20,040円(税込)
楽天市場
13,180円(税込)
Yahoo!
ショッピング
21,024円(税込)
Amazon
16,980円(税込)
楽天市場
16,980円(税込)
Yahoo!
ショッピング
18,998円(税込)
Amazon
9,480円(税込)
楽天市場
12,089円(税込)
Yahoo!
ショッピング
12,500円(税込)
Amazon
22,737円(税込)
楽天市場
22,700円(税込)
Yahoo!
ショッピング
29,563円(税込)
Amazon
18,127円(税込)
楽天市場
18,361円(税込)
Yahoo!
ショッピング
19,302円(税込)
Amazon
1,899円(税込)
楽天市場
2,933円(税込)
Yahoo!
ショッピング
2,933円(税込)
サイズ幅:380×奥行:8~22×高さ:158mm幅:294×奥行:120×高さ:40mm幅:302.4×奥行:130.3×高さ:29.6mm幅:285×奥行:120×高さ:23mm幅:340×奥行:162×高さ:18mm幅:299×奥行:195×高さ:20mm【折りたたみ時】幅:169×奥行:12×高さ:102mm【使用時】幅:328×奥行:6×高さ:102mm【折りたたみ時】縦:約125×横:146×高さ:10.5mm【使用時】幅:295×奥行:125×高さ:11mm251.7×89.6×6.6mm(開いた状態)【折りたたみ時】幅:146×奥行:17×高さ:93mm【使用時】幅:251×奥行:14×高さ:93mm幅:289.2×奥行:127.5×高さ:21.2mm幅:450×奥行:120×高さ:20mm幅:447.5×奥行:190.0×高さ:25.0mm幅:284×奥行:133×高さ:17mm幅:388×奥行:208mm幅:369×奥行:142×高さ:30mmW38.5×H2.1-3.8×D14.4cm高さ:457×奥行:190×高さ:9.3mm幅:443×奥行:141×高さ:27mm幅:358×奥行:138×高さ:31.7mm幅448×奥行232.5×高さ42.2mm-幅:440×奥行:140×高さ:35mm幅:438×奥行:168×高さ:29mm幅:435×奥行:136×高さ:39mm
重量875g540g約396g約280g500g815g170g320g185g185g約374g約685g672g400g-1.1Kg1.16kg1,050g約520g900g約1,673.7g-1.25kg約1.08kg600g
キー数-JIS配列69キー84キー78キー-84キー64キー80キー80キー64キー83キー110キー109キー78キー109キー91キー102キー111キー109+3キー91キー109キー108キー105キー108キー106キー
キーピッチ19mm19.05mm19.0mm19mm-19mm17mm--17mm19.0mm19mm19mm---19mm19mm19mm19mm----19mm
キーストローク2.0mm4.0mm2.6mm1.5mm-2mm---1.5mm2.0mm2.3mm3.2mm-2.2mm程度-4.0(-0.4)mm3.2mm2.4±0.1mm3.2mm3.5mm3.2~4.0mm--4.0mm
キースイッチメンブレン式メカニカル式(静電容量無接点方式)メンブレン式パンタグラフ式タッチパネル式メンブレン式パンタグラフ式パンタグラフ式パンタグラフ式パンタグラフ式パンタグラフ式メンブレン式パンタグラフ式メンブレン式メンブレン式メカニカル式(静電容量無接点方式)メカニカル式パンタグラフ式メンブレン式メカニカル式メカニカル式メカニカル式メカニカル式メカニカル式メンブレン式

まとめ

キーボードの種類は機能や打鍵感など本当にさまざま。まずはどのようにキーボードを使いたいかをしっかりと確認し、そのうえで好みのキーボードを探すようにしましょう。

キーボードの関連記事一覧

タイプ別の記事はこちら

その他の記事はこちら

パソコン周辺機器の関連記事一覧

グッズの記事はこちら

キーボードの記事はこちら

マウスの記事はこちら

パソコンの記事はこちら

その他の記事はこちら

検索アイコン「キーボード」を
もっと探したい方はこちら!
さらに他の商品を探したい方は
こちらをチェック!
やまもとまどか
この記事のライター
やまもとまどか
2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。 SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。 その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。

2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。
SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。
その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。

おうちdeモノレコ 自宅で楽しく!快適に!過ごせるおすすめ特集
この記事が気に入ったらシェアしよう!
↓↓
モノレコ by Amebaをフォローして
最新記事を受け取ろう!

あわせて読みたい

PC・スマホ・通信機器の新着記事

PC・スマホ・通信機器の人気記事ランキング

新着記事

人気記事ランキング

お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。