1. モノレコ by Ameba ホーム
  2. TV・カメラ・オーディオ
  3. ワイヤレスイヤホンおすすめ
  4. 完全ワイヤレスイヤホンおすすめ19選|高音質や高コスパなどランキングで紹介【2020年版】

完全ワイヤレスイヤホンおすすめ19選|高音質や高コスパなどランキングで紹介【2020年版】

7,010 view
  • Facebookシェア
  • LINE
  • ツイート
  • はてブ
  • note

目次

CONTENTS
鉛筆アイコンこの記事を監修した専門家
折原 一也のプロフィール画像
折原 一也
オーディオ&ビジュアルライター、AV評論家

1979年生まれのオーディオ&ビジュアルライター。「家電批評」「日経トレンディ」「Phileweb」などのA&V専門誌、モノ雑誌、Webで、4Kテレビやワイレスイヤホン、スピーカーなど映像と音に関わる記事を担当。薄型テレビやワイヤレスイヤホンは年間100製品以上の実機をテストして製品評価を手掛けている。2009年より全国の家電量販店や専門誌と共にオーディオ・ビジュアルの優れた製品を表彰するアワード「VGP」の審査員も務める。

1979年生まれのオーディオ&ビジュアルライター。「家電批評」「日経トレンディ」「Phileweb」などのA&V専門誌、モノ雑誌、Webで、4Kテレビやワイレスイヤホン、スピーカーなど映像と音に関わる記事を担当。薄型テレビやワイヤレスイヤホンは年間100製品以上の実機をテストして製品評価を手掛けている。2009年より全国の家電量販店や専門誌と共にオーディオ・ビジュアルの優れた製品を表彰するアワード「VGP」の審査員も務める。

完全ワイヤレスイヤホンとは?

完全ワイヤレスイヤホンの画像

完全ワイヤレスイヤホンは、「完全独立型」や「トゥルーワイヤレス」とも呼ばれ、左右のイヤホンがケーブルで繋がれておらず、完全に分離しているタイプのものを指します。

完全ワイヤレスイヤホンを選ぶときの6つのポイント

何を基準にして完全ワイヤレスイヤホンを選べばいいかわからない、という方のために、ガジェットライターの折原さんに選び方のポイントを聞きました。

これを読めば、明日からあなたも自分にぴったりのイヤホンを見つけることができるようになりますよ!

①連続再生時間

折原 一也
オーディオ&ビジュアルライター、AV評論家

イヤホンのバッテリーの持ち時間を表すスペックが連続再生時間

完全ワイヤレスイヤホンにはイヤホンを収納したまま充電できるケースが付属しているので、イヤホン単体の連続再生時間とケースによる充電を含めた合計の連続再生時間が用いられます。

イヤホン単体の平均的な連続再生時間は5~7時間程度。短い機種だと3~4時間です。8時間以上再生できる機種はバッテリー持ちが良い機種といえるでしょう。

充電ケース込みの平均的な連続再生時間は20~40時間。長いものだと80時間以上連続再生できる機種もあります。

②対応コーデック

折原 一也
オーディオ&ビジュアルライター、AV評論家

完全ワイヤレスイヤホンでは、スマホからワイヤレスで音楽を飛ばす際にコーデックを使って音楽を圧縮します。

完全ワイヤレスイヤホンで用いられるコーデックは全部で3つ。

イヤホン、スマホの種類を問わずに使える標準音質の「SBCコーデック」、iPhoneに対応する高音質コーデックの「AAC」、Androidに対応する高音質コーデックの「aptX」です。

③装着性

折原 一也
オーディオ&ビジュアルライター、AV評論家

完全ワイヤレスイヤホンは耳から落下すると紛失する可能性もあるので、もしものときに備えて装着性も気にかけましょう。

耳へのフィット具合は個人差がありますが、特にランニングなどをする人はフック付きのタイプを選ぶと良いですよ。

④防滴・防水性能

折原 一也
オーディオ&ビジュアルライター、AV評論家

ランニングなどのスポーツ時に求められるのが、防滴・防水性能

業界基準に「IPX~」という等級があります。「IPX4/5/6」は防滴と呼ばれ、雨や水しぶき程度の防水効果「IPX7/8」以上は防水と呼ばれ、30分以内なら水中に沈めても大丈夫です。

なお、等級にはありませんが、塩分を含んだ汗にも対応できる防汗仕様の機種を選ぶと良いでしょう。

⑤ノイズキャンセリング

折原 一也
オーディオ&ビジュアルライター、AV評論家

完全ワイヤレスイヤホンのノイズキャンセリングは、目的別に大きく2つに分かれます。

音楽を聴く際に、電車の走行音などの外部の騒音を低減するのが音楽リスニング用のノイズキャンセリング。完全ワイヤレスイヤホンで実用化しているのはソニー1社のみです。

一方、通話の際に用いられるマイクのノイズキャンセリング技術はcVc*などといった名称で幅広く搭載されていています。(*:cVcとはClear Voice Captureの略)

こちらはあくまで通話マイク用の技術なので、音楽リスニングの際には働きません。

⑥接続性

折原 一也
オーディオ&ビジュアルライター、AV評論家

完全ワイヤレスイヤホンは、街中や電車内などで音が途切れるなどの接続トラブルが発生することがあります。

これらをなるべく回避するには、トップモバイル通信メーカーであるクアルコム社の「QCC3026」、「QCC3020」チップを搭載した機種を選ぶと◎。

また、各社自社技術により左右同時転送ができる機種を選ぶと良いでしょう。接続安定性が高く、安心して使用できます。

左右のイヤホンの接続に「NFMI(近距離磁気誘導技術)」を採用した機種も途切れにくさに定評がありおすすめ。

完全ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリット

完全ワイヤレスイヤホンの画像

完全ワイヤレスイヤホンを通常のイヤホンと比較した際のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット
  • ケーブルがないので動きが制限されない
  • タッチノイズがない
  • 小型ケースに入れて持ち運べるのでかさばらない
  • 使用しないときにケースに収納すると充電ができる
デメリット
  • 落として紛失する可能性がある
  • 電波が混雑していると音飛びが発生する

完全ワイヤレスイヤホンおすすめ19選|ガジェットライターがランキングで紹介!

それではここから、ガジェットライターの折原さんがおすすめする完全ワイヤレスイヤホンを紹介します。

今回は、「高音質」「5000円以下!コスパ抜群」「スポーツ向け」「迫力の重低音」の4項目に分けておすすめ製品を紹介するので、ご自身のニーズに合わせてご覧ください。

完全ワイヤレスイヤホンおすすめランキングTOP5【高音質】

音楽はなるべく高音質で楽しみたい!という方はこちらのランキングを参考にしてくださいね。

1
喧騒を静寂に変えるノイキャン搭載

SONY(ソニー) / WF-1000XM3

参考価格:17,500円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスイヤホンの詳細を見る
Amazon
17,500円(税込)
楽天市場
24,500円(税込)
Yahoo!
ショッピング
25,050円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか

音楽リスニング時に有効なノイズキャンセリングを唯一搭載している、ソニーの最新モデル。「デュアルノイズセンサーテクノロジー」「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e」が電車やバスの走行音をかき消すので、静寂のなかで音楽を楽しめます。

すべての音源をハイレゾ化する「DSEE HX」を搭載しており音空間の表現力は絶品。2万円代中盤と高価でありながら、大人気なモデルです。

形式(型式)密閉型
電源DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
連続音声再生時間6時間
重量約8.5x2g
通信方式(接続)Bluetooth5.0
SONY(ソニー) / WF-1000XM3の画像1
SONY(ソニー) / WF-1000XM3の口コミをもっと見る口コミ件数:2件
2
有線の高級モデル並の超高音質を実現

AVIOT(アビオット) / TE-BD21f

参考価格:14,652円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスイヤホンの詳細を見る
Amazon
14,652円(税込)
Yahoo!
ショッピング
18,414円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか

ダイナミック型×1基、バランスドアマチュア型×2基という 「トリプルハイブリッドドライバー」を搭載。有線イヤホンの高級モデルのようなワイドレンジで、音の余韻まで描かれるような密度のある超高音質を堪能できます。

クアルコム社の「QCC3020」チップ搭載で通信の安定性も十分。アルミ製のボディは手触りが良いだけでなく、外来ノイズの影響を抑える効果もあります。

形式(型式)トリプルハイブリッドドライバー
電源-
連続音声再生時間7時間
重量約5.4g
通信方式(接続)Bluetooth5.0
3
特許技術が立体感のある音を創り出す

NUARL(ヌアール) / NT01AX

参考価格:9,800円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスイヤホンの詳細を見る
Amazon
10,458円(税込)
楽天市場
9,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
9,800円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか

ダイヤモンドより硬度の高いグラフェンを振動板にコーティングした「グラフェンドライバー」と「HDSS」という特許技術の組み合わせにより、超高解像でクリアなサウンドを楽しめる1台です。

クアルコム社の「QCC3026」チップ搭載し接続性は抜群。しかも連続10時間再生可能とオールマイティです。

形式(型式)密閉ダイナミック型
電源リチウムポリマー充電池内蔵(60mA / 500mA)
連続音声再生時間10時間(+ケース25時間)
重量約5g(イヤホン本体片側)
通信方式(接続)Bluetooth 5.0
4
音響マニアも納得の作り込み

SENNHEISER(ゼンハイザー) / MOMENTUM True Wireless

参考価格:19,165円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスイヤホンの詳細を見る
Amazon
19,165円(税込)
楽天市場
35,680円(税込)
Yahoo!
ショッピング
42,543円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか

ドイツの音響機器ブランド・ゼンハイザーが初めて手掛けた完全ワイヤレスイヤホン。有線イヤホンで実績のあるブランドだけに、極めてクリアで鮮度の高いサウンドは音質重視のマニアも納得の出来栄えといえます。

また、人間工学に基づいたベストな装着感も見逃せません。サイズの異なる4種のイヤーチップから自分の耳に最適なものを選んでみてください。

形式(型式)密閉ダイナミック型
電源-
連続音声再生時間4時間
重量右:約6g、左:約7g
通信方式(接続)Bluetooth 5.0
5
日本人の特性に合わせたチューニング

AVIOT(アビオット) / TE-D01g

参考価格:7,182円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスイヤホンの詳細を見る
Amazon
7,182円(税込)
楽天市場
9,750円(税込)
Yahoo!
ショッピング
8,882円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか

日本人の聴覚特性に合わせてチューニングした「Japan Tuned」の高音質を堪能できるハイコスパなモデル。フラットなトーンバランスやハイスピードなスピーカードライバーなどを採用し、高音質にこだわっています。

単体で連続10時間再生、充電ケースを活用すると最大50時間もの連続再生可能。IPX7の防水対応やクアルコム社製「QCC3020」チップによる音切れのしにくさもポイントです。

形式(型式)密閉ダイナミック型
電源-
連続音声再生時間10時間(+ケース40時間)
重量4.6g(片側)
通信方式(接続)Bluetooth 5.0
AVIOT(アビオット) / TE-D01gの画像1
AVIOT(アビオット) / TE-D01gの口コミをもっと見る口コミ件数:3件

完全ワイヤレスイヤホンおすすめランキングTOP4【5000円以下!コスパ抜群】

まずは比較的安価で買えるものから試してみたいな…という方はこちらのランキングをご覧ください。

1
迫力満点のパワフルサウンドを堪能

SoundPEATS(サウンドピーツ) / TrueFree

参考価格:3,383円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスイヤホンの詳細を見る
Amazon
3,383円(税込)
楽天市場
4,370円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,980円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか

低価格イヤホンでは定番ブランドのSoundPEATSが展開する完全ワイヤレスイヤホン。定番の一つである「Realtek」チップセットを搭載し、音飛びや途切れを最小限に抑えています。

低音まで沈み込むメリハリの効いたパワフルなサウンドは迫力満点。3,000円以下とは思えないクオリティに仕上がっています。

形式(型式)左右独立型
電源-
連続音声再生時間約4時間
重量37g(イヤホン+充電ケース)
通信方式(接続)Bluetooth5.0
2
ユニークなデザインと機能を採用

TaoTronics(タオトロニクス) / SoundLiberty 53

参考価格:4,990円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスイヤホンの詳細を見る
Amazon
4,999円(税込)
楽天市場
5,499円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,990円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか

アンテナが下に伸びるアップルのAirPods風のデザインに、IPX7の防水対応と低価格ながらユニークなモデル。高音質コーデックAACに対応し、高音質を楽しめます。クリアでフラットなサウンドも実力十分。

形式(型式)-
電源-
連続音声再生時間6時間
重量5.4g
通信方式(接続)Bluetooth5.0
3
ダンス系の音楽にマッチする重低音

SoundPEATS(サウンドピーツ) / TrueCapsule

参考価格:3,885円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスイヤホンの詳細を見る
Amazon
3,885円(税込)
楽天市場
3,980円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,290円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか

こちらもAirPods風なデザインの低価格完全ワイヤレスイヤホンです。バイオセルロース振動板を用いた音質チューニングは、ズンズンと響く重低音系で、ダンス系の音楽にマッチ。

音の伝播速度が速いうえ、解像感が高くそれでいて聴き疲れしないサウンドを届けます。

形式(型式)-
電源-
連続音声再生時間約4時間
重量5.4g
通信方式(接続)Bluetooth5.0
4
見た目も操作もシンプルな1台

AIKAQI(アイカキ) / B04

参考価格:5,800円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスイヤホンの詳細を見る
Amazon
14,860円(税込)
楽天市場
5,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
17,355円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか

こちらも3,000円以下という価格で購入できる、小型でシンプルな完全ワイヤレスイヤホンです。見た目だけでなく操作もシンプル。ワンボタンでできるため簡単です。

中低音のパワーのあるサウンドで、音質にも納得のモデル。耳へのフィット感も高く、没入感も得られることでしょう。

形式(型式)左右分離型
電源-
連続音声再生時間2~3時間
重量4.5g(片耳)
通信方式(接続)Bluetooth4.1

完全ワイヤレスイヤホンおすすめランキングTOP5【スポーツ向け】

スポーツをしながら音楽を聴きたい!という方はこちらのランキングをどうぞ。

1
イヤホン本体だけでも音楽再生が可能

SONY(ソニー) / ワイヤレスステレオヘッドセット WF-SP900

参考価格:17,500円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスイヤホンの詳細を見る
Amazon
17,500円(税込)
楽天市場
22,135円(税込)
Yahoo!
ショッピング
29,500円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか

水泳にも対応できるIP65/68規格の防水機能を搭載しているほか、音楽プレイヤー内蔵でスマートフォンレスでも音楽再生が可能なこちら。

「アンビエントサウンド(外音取り込み)」対応によりランニングなどでも安全。あらゆる機能がスポーツ向きな1台です。

左右のイヤホン間の接続はNFMI規格を採用しているため、接続性もバッチリ。

形式(型式)密閉バランスド・アーマチュア型
電源DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
連続音声再生時間6時間(+ケース18時間)
重量7.3g(片側)
通信方式(接続)Bluetooth標準規格 Ver.4.0
2
スポーツイヤホンにぴったりな重低音

SONY(ソニー) / ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-SP700N

参考価格:9,000円(税込)
カートアイコンこのイヤホンの詳細を見る
Amazon
9,000円(税込)
楽天市場
21,870円(税込)
Yahoo!
ショッピング
11,020円(税込)
説明アイコン
なぜこのイヤホンが選ばれたのか

貴重なノイズキャンセル対応で、スポーツ用モデルとして発売されている1台。「アンビエントサウンド(外音取り込み)」対応なため、路上でランニングをするときにも安心です。

“EXTRABASS”シリーズによる低音向きのサウンドも、屋外メインのスポーツ向き。低音のビート感を捉えることで、よりスポーツに没頭できます。

SONY(ソニー) / ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-SP700Nの画像1
SONY(ソニー) / ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-SP700Nの口コミをもっと見る口コミ件数:3件
3
踏んでも壊れないタフなイヤホン

Jaybird(ジェイバード) / VISTA

参考価格:19,800円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスイヤホンの詳細を見る
Amazon
19,800円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか

本格的なスポーツブランドらしくアウトドア志向のこちら。IPX7の防水機能のみならず、汗や泥、落下して踏んでも壊れないタフネス志向の“EARTH-PROOF”設計により頑丈さも持ち合わせています。

独自の左右同時転送方式対応で単独で使用できる“シングルイヤホンモード”も搭載。安全確保のため片耳で音楽を聴く人にも使いやすい1台です。

形式(型式)インイヤー型
電源DC 5V、リチウムイオン
連続音声再生時間最大6時間
重量6g
通信方式(接続)Bluetooth5.0
4
落下しにくくペアリングもスムーズ

Beats by Dr. Dre(ビーツバイドクタードレ) / PowerBeats Pro

参考価格:23,030円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスイヤホンの詳細を見る
Amazon
23,030円(税込)
楽天市場
23,950円(税込)
Yahoo!
ショッピング
24,980円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか

アップル傘下のBeatsによる完全ワイヤレスイヤホン。フック付きのデザインは落下の心配がなくスポーツに最適です。

AirPodsと同じ「Apple H1」チップを搭載。iPhoneに付けるだけですぐにペアリングできるため、抜群の手軽さです。

形式(型式)インイヤー型
電源充電式リチウムイオン
連続音声再生時間最長9時間
重量20.3g
通信方式(接続)Bluetooth
5
全天候型の完全ワイヤレスモデル

PLANTRONICS(プラントロニクス) / BACKBEAT FIT 3100

参考価格:14,121円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスイヤホンの詳細を見る
Amazon
14,121円(税込)
楽天市場
15,570円(税込)
Yahoo!
ショッピング
15,728円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか

耳にかけられるシリコン製のイヤーループ付きで激しい運動でも落下の心配がないワイヤレスイヤホン。

イヤホン部分は耳の穴を塞がないオープン型のため、自然と外の音が聞こえるところもスポーツに向いています。IP57の防水防塵にも対応しており、取り回しやすいモデル。

形式(型式)オープンイヤー型
電源-
連続音声再生時間最大5時間(+ケース10時間)
重量約22g
通信方式(接続)Bluetooth 5.0

完全ワイヤレスイヤホンおすすめランキングTOP5【迫力の重低音】

重低音がしっかりと響くイヤホンで音楽を聴くと、音に臨場感が出ます。まるでライブのような迫力のある音を楽しみたい方は、こちらのランキングを参考にすると良いでしょう。

1
中高域のバランスが取れた1台

AVIOT(アビオット) / TE-D01d

参考価格:9,009円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスイヤホンの詳細を見る
Amazon
11,385円(税込)
楽天市場
9,900円(税込)
Yahoo!
ショッピング
9,009円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか

日本人向けにチューニングした「Japan Tuned」のなかでも、TE-D01dはもっとも重低音のパワーをしっかり出すタイプ。中高域の音も情報量が豊富で重低音重視のバランスモデルといえるでしょう。

「QCC3026」を搭載し、音切れしにくいイヤホンの1つ。高音質化にこだわり、ハイクラスな音質を実現しています。

形式(型式)密閉ダイナミック型
電源-
連続音声再生時間約4時間
重量約4.6g(片側)
通信方式(接続)Bluetooth 5.0
AVIOT(アビオット) / TE-D01dの画像1
AVIOT(アビオット) / TE-D01dの口コミをもっと見る口コミ件数:2件
2
唸るような重低音を楽しみたいなら

ZERO AUDIO(ゼロオーディオ) / True Wireless ZERO TWZ-1000

参考価格:5,455円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスイヤホンの詳細を見る
Amazon
5,455円(税込)
楽天市場
11,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
10,000円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか

「0」をモチーフにしたコバルトブルーのLEDが目を引くワイヤレスイヤホン。グラフェンコーティング振動板のハイスピードサウンド、唸るようなパワーのある重低音を備えたバランスの良い1台です。

こちらも「QCC3026」を搭載し、音切れしにくく安定感抜群。通信速度や通信範囲も良好で、快適に使えます。

形式(型式)-
電源DC3.7V内臓式リチウムポリマー電池
連続音声再生時間最大約7時間
重量約7g
通信方式(接続)Bluetooth5.0
ZERO AUDIO(ゼロオーディオ) / True Wireless ZERO TWZ-1000の画像1
ZERO AUDIO(ゼロオーディオ) / True Wireless ZERO TWZ-1000の口コミをもっと見る口コミ件数:2件
3
パンチのある重低音でリズムを感じる

Skullcandy(スカルキャンディ) / Push

参考価格:11,800円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスイヤホンの詳細を見る
Amazon
11,800円(税込)
楽天市場
13,910円(税込)
Yahoo!
ショッピング
13,930円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか

完全ワイヤレスイヤホンのなかでも、特にリズムの刻みを強く押し出すようなパンチの効いた重低音が特徴的なモデル。中高域のサウンドもシャープでクリアです。

独自に研究・開発した「Secure FitFin」構造により、しっかり耳にフィット。重低音はもちろんのこと、実用性も持ち合わせた1台です。

形式(型式)インイヤー型
電源-
連続音声再生時間6時間
重量54.2g
通信方式(接続)Bluetooth4.2
4
沈み込む豊かな重低音がクセになる

Bose(ボーズ) / SoundSport Free wireless headphones

参考価格:14,500円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスイヤホンの詳細を見る
Amazon
14,500円(税込)
楽天市場
19,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
21,138円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか

完全ワイヤレスイヤホン黎明期から今も最も多くのユーザーに愛されている定番アイテム。

ボーズらしい米国流の沈み込む豊かな重低音は、心地良くクセになります。特に洋楽をよく聴く人におすすめ。

柔らかな素材と独自の形状が耳の入り口に優しくフィットし、快適さと安定性も高めています。

形式(型式)完全独立型
電源充電式リチウムイオンバッテリー
連続音声再生時間満充電で最大5時間
重量本体:18g/ケース:80g
通信方式(接続)Bluetooth
Bose(ボーズ) / SoundSport Free wireless headphonesの画像1
Bose(ボーズ) / SoundSport Free wireless headphonesの口コミをもっと見る口コミ件数:6件
5
クラブ音楽にマッチする重低音

RHA(アールエイチエー) / TrueConnect

参考価格:14,800円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスイヤホンの詳細を見る
Amazon
14,980円(税込)
楽天市場
14,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
16,300円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスイヤホンが選ばれたのか

英国のイヤホンブランドであるRHAが展開するワイヤレスイヤホン。ゆったりと沈み込む豊かな重低音が効いた、ダンス系の音楽にマッチするサウンドを奏でます。

AirPodsのようなアンテナが伸びるデザインと金属素材も特徴の1つ。スタイリッシュで繊細なデザインや直感的なコントロールボタンも見逃せません。

形式(型式)カナル型
電源-
連続音声再生時間5時間
重量13g
通信方式(接続)Bluetooth5.0

対応コーデックを間違えると音質が悪くなる?

製品ごとに対応コーデックが異なる完全ワイヤレスイヤホン。iPhoneしか持っていないのにaptXコーデック対応イヤホンを買ってしまったなど、コーデックを間違えた場合に音質が悪くなったりするのでしょうか。

気になる疑問を折原さんに聞いてみました。

ワイヤレスイヤホンの画像
折原 一也
オーディオ&ビジュアルライター、AV評論家

完全ワイヤレスイヤホンでは、スマホからワイヤレスで音楽を飛ばす際にコーデックを使って音楽を圧縮します。

スマートフォンとイヤホンが接続されると、もっとも高音質になるコーデックが自動的に選ばれるので、特別な操作をすることはありません。

コーデックにはスマホの種類を問わず使えず標準音質のSBCコーデック、iPhoneで対応する高音質コーデックのAAC、Androidで対応する高音質コーデックのaptXがあります。

iPhoneと組み合わせるならAACコーデック対応のワイヤレスイヤホン、Androidと組み合わせるならaptXコーデック対応のワイヤレスイヤホンを選ぶと高音質に音楽が聴けると覚えておけばOK。

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ商品をまとめ表で比較

本記事で紹介したおすすめの完全ワイヤレスイヤホンを一覧表で比較!ぴったりな商品を見つけてみてください!

注目ポイント

喧騒を静寂に変えるノイキャン搭載

有線の高級モデル並の超高音質を実現

特許技術が立体感のある音を創り出す

音響マニアも納得の作り込み

日本人の特性に合わせたチューニング

迫力満点のパワフルサウンドを堪能

ユニークなデザインと機能を採用

ダンス系の音楽にマッチする重低音

見た目も操作もシンプルな1台

イヤホン本体だけでも音楽再生が可能

スポーツイヤホンにぴったりな重低音

踏んでも壊れないタフなイヤホン

落下しにくくペアリングもスムーズ

全天候型の完全ワイヤレスモデル

中高域のバランスが取れた1台

唸るような重低音を楽しみたいなら

パンチのある重低音でリズムを感じる

沈み込む豊かな重低音がクセになる

クラブ音楽にマッチする重低音

商品画像
商品名

SONY(ソニー) / WF-1000XM3

AVIOT(アビオット) / TE-BD21f

NUARL(ヌアール) / NT01AX

SENNHEISER(ゼンハイザー) / MOMENTUM True Wireless

AVIOT(アビオット) / TE-D01g

SoundPEATS(サウンドピーツ) / TrueFree

TaoTronics(タオトロニクス) / SoundLiberty 53

SoundPEATS(サウンドピーツ) / TrueCapsule

AIKAQI(アイカキ) / B04

SONY(ソニー) / ワイヤレスステレオヘッドセット WF-SP900

SONY(ソニー) / ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-SP700N

Jaybird(ジェイバード) / VISTA

Beats by Dr. Dre(ビーツバイドクタードレ) / PowerBeats Pro

PLANTRONICS(プラントロニクス) / BACKBEAT FIT 3100

AVIOT(アビオット) / TE-D01d

ZERO AUDIO(ゼロオーディオ) / True Wireless ZERO TWZ-1000

Skullcandy(スカルキャンディ) / Push

Bose(ボーズ) / SoundSport Free wireless headphones

RHA(アールエイチエー) / TrueConnect

商品リンク
Amazon
17,500円(税込)
楽天市場
24,500円(税込)
Yahoo!
ショッピング
25,050円(税込)
Amazon
14,652円(税込)
Yahoo!
ショッピング
18,414円(税込)
Amazon
10,458円(税込)
楽天市場
9,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
9,800円(税込)
Amazon
19,165円(税込)
楽天市場
35,680円(税込)
Yahoo!
ショッピング
42,543円(税込)
Amazon
7,182円(税込)
楽天市場
9,750円(税込)
Yahoo!
ショッピング
8,882円(税込)
Amazon
3,383円(税込)
楽天市場
4,370円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,980円(税込)
Amazon
4,999円(税込)
楽天市場
5,499円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,990円(税込)
Amazon
3,885円(税込)
楽天市場
3,980円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,290円(税込)
Amazon
14,860円(税込)
楽天市場
5,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
17,355円(税込)
Amazon
17,500円(税込)
楽天市場
22,135円(税込)
Yahoo!
ショッピング
29,500円(税込)
Amazon
9,000円(税込)
楽天市場
21,870円(税込)
Yahoo!
ショッピング
11,020円(税込)
Amazon
19,800円(税込)
Amazon
23,030円(税込)
楽天市場
23,950円(税込)
Yahoo!
ショッピング
24,980円(税込)
Amazon
14,121円(税込)
楽天市場
15,570円(税込)
Yahoo!
ショッピング
15,728円(税込)
Amazon
11,385円(税込)
楽天市場
9,900円(税込)
Yahoo!
ショッピング
9,009円(税込)
Amazon
5,455円(税込)
楽天市場
11,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
10,000円(税込)
Amazon
11,800円(税込)
楽天市場
13,910円(税込)
Yahoo!
ショッピング
13,930円(税込)
Amazon
14,500円(税込)
楽天市場
19,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
21,138円(税込)
Amazon
14,980円(税込)
楽天市場
14,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
16,300円(税込)

まとめ

今の時代は完全ワイヤレスイヤホンが主流となっていて、各メーカーからたくさんのアイテムが発売されています。

どれが自分にぴったりなアイテムなのかわからず、さんざん悩んだあげく買わない…という選択を取ったこともあることでしょう。

しかし今回の記事で、自分の求める方向性に沿ったアイテムがどれかおわかりいただけたはず。お気に入りの1台を見つけて、快適な音楽ライフをお過ごしくださいね。

ヘッドホンの関連記事一覧

価格別の記事はこちら

機能別の記事はこちら

タイプ別の記事はこちら

検索アイコン「完全ワイヤレスイヤホン」を
もっと探したい方はこちら!
さらに他の商品を探したい方は
こちらをチェック!
やまもとまどか
この記事のライター
やまもとまどか
2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。 SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。 その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。

2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。
SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。
その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。

おうちdeモノレコ 自宅で楽しく!快適に!過ごせるおすすめ特集
この記事が気に入ったらシェアしよう!
↓↓
モノレコ by Amebaをフォローして
最新記事を受け取ろう!

あわせて読みたい

TV・カメラ・オーディオの新着記事

TV・カメラ・オーディオの人気記事ランキング

新着記事

人気記事ランキング

お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。