1. モノレコ by Ameba ホーム
  2. キッチン用品・キッチン家電
  3. ホットサンドメーカーおすすめ23選|専門家ランキングから編集部検証比較まで紹介

ホットサンドメーカーおすすめ23選|専門家ランキングから編集部検証比較まで紹介

87,306 view
  • Facebookシェア
  • LINE
  • ツイート
  • はてブ
  • note

目次

CONTENTS
鉛筆アイコンこの記事を監修した専門家
倉本 春のプロフィール画像
倉本 春
家電ライター

白物家電やIoT家電、ガジェットなどのレビューをはじめとした最新情報を執筆。元ドッグカフェオーナー兼シェフという経歴から調理家電の使いこなしや犬用ガジェットなどの記事も得意。AIを搭載した家電などの最新技術をわかりやすく解説する記事にも定評がある。

白物家電やIoT家電、ガジェットなどのレビューをはじめとした最新情報を執筆。元ドッグカフェオーナー兼シェフという経歴から調理家電の使いこなしや犬用ガジェットなどの記事も得意。AIを搭載した家電などの最新技術をわかりやすく解説する記事にも定評がある。

ホットサンドメーカーおすすめ一覧

専門家がおすすめするホットサンドメーカーの一覧画像

今すぐおすすめを見る

直火タイプのホットサンドメーカーの一覧画像

今すぐおすすめを見る

電気タイプのホットサンドメーカーの一覧画像

今すぐおすすめを見る

※この表で使用されている商品画像は同記事内で引用しています。

キャラクターデザインのホットサンドメーカーおすすめの画像

今すぐおすすめを見る

ホットサンドメーカーの種類

ホットサンドメーカーの開いた画像

ホットサンドメーカーを選ぶとき、まず一番に考えなければならないのが「直火」と「電気」どちらを選択するかです。

タイプによって使い方が大きく異なるので、自分のライフスタイルに合った商品を選ぶことができるよう、それぞれのメリット・デメリットをしっかり把握しておきましょう。

直火タイプ

最近人気急上昇中なのが、ご家庭の台所だけでなく屋外でも使うことができる直火タイプです。キャンプやバーベキューにホットサンドメーカーを持っていく人が急増し、アウトドア用レシピがたくさん提案されています。

直火タイプの一番のメリットは、電気タイプに比べてリーズナブルな点。安いものだと千円台で購入できるものもあるので、ホットサンド初心者さんも気軽にトライできます。

メリット
  • 購入しやすいお手ごろ価格
  • お手入れが簡単
  • 置き場所に困らない
  • セパレートタイプは、ミニフライパンとしても使用可能
  • アウトドアメーカーのものは、ハンドルが取り外せて持ち運びに便利
  • IH対応のモデルもある
デメリット
  • 火加減の調整が必要
  • 途中でひっくり返さなければならないので、ほったらかしNG
  • コンロを占領する
コメントアイコン専門家のコメント
倉本 春
家電ライター

直火式は上手に料理すればカリカリのおいしいホットサンドが作れますが、料理をする人の技術が必要。そのうえ、調理中はずっとコンロの前に立っている必要があるのが難点です。

電気タイプ

ホットサンドを頻繁に作る方は、火加減の調節が不要な、簡単に調理できる電気タイプがおすすめです。

1枚だけのコンパクトなものだけでなく、2枚同時に調理できるタイプもたくさんリリースされているので、ご家族の人数にあったモデルを選びましょう。

直火に比べて安全性が高い点もポイントなので、ホットサンド以外も同時に調理したい方はこちらのタイプを選ぶのがベスト。電子ケトルドライヤー、炊飯器のほうが電力使うことが多いですが、電子レンジの中にも1,000Wタイプのものもあります。ワット数の大きいものは電子レンジと同時調理ができない場合もあるので、購入前にその点も確認しておきましょう。

メリット
  • 火加減の調整が不要で簡単
  • 焼き上がりにムラがない
  • 安全性が高く、お子さんと一緒に調理が楽しめる
  • コンロを占領しないので他の調理が同時にできる
  • スイーツ用の別プレートがセットになっているお得なものも
デメリット
  • 本体が大きいものは置き場所に困る
  • プレートが外せないタイプはお手入れが難しい
  • ワット数や環境によって電子レンジを同時に使えない場合も
コメントアイコン専門家のコメント
倉本 春
家電ライター

電気式ホットサンドメーカーの多くは「電源を入れると加熱」する製品が多いことも覚えておきましょう。

このため、調理中にほかの作業をしていると加熱しすぎてパンが焦げてしまうこともあります。うっかりしやすい人は、あまり種類は多くないですがタイマー搭載タイプを選択すると安心です。

ホットサンドメーカーの選び方

耳まで焼かれたホットサンドの画像

直火タイプか電気タイプかを選んだあとは、耳まで焼けるかどうかをチェックしておきましょう。

耳も一緒に焼くことができれば、カットの手間が省けるうえ、ボリューム感もアップ。その反面、プレートからはみ出してしまうこともあるため、焦げないように慎重に焼く必要があります。

耳をカットして使用するタイプは、その分調理に手間がかかってしまいますが、見た目はバツグン。

カフェで出てくるような、形の整ったきれいなホットサンドを焼くことができます。電気タイプは耳まで焼けないものがたくさんあるので、購入の際はこの点もしっかり確認しておきましょう。

コメントアイコン専門家のコメント
倉本 春
家電ライター

現在、電気式ホットサンドメーカーの多くは「12枚切りなどの薄切りパン」を「耳を切り落とした状態」で「あまり具を多く入れない」ホットサンドを作ることを想定しています。

このため、具を詰め込みすぎるとフタを閉めた際に内容物が飛び出てしまうのです。

作りたいサンドイッチにこだわりがある場合は、購入前に「食パンのミミごと焼ける」「具だくさんでもOK」など、製品の特徴をしっかりとチェックしておきましょう。

シングル?ダブル?斜め?カットの特徴で選ぶ

ホットサンドメーカーには大きく分けてシングルとダブルの2種類があります。シングルの場合は仕切りがなく、ダブルには仕切りがついています。

シングルの方が仕切りがないので、具だくさんのボリュームのある1つのホットサンドを作ることが可能です。

ダブルは中心に仕切りがあるので、1つのホットサンドを半分にカットすることができます。また、ダブルの場合は仕切りがまっすぐついているものと斜めについているものがあり、仕切りの形によってホットサンドをまっすぐにカットするか、斜めにカットするかの違いがあります。

カットしたい形に合わせて仕切りを選ぶといいでしょう。ダブルの場合は自分でカットしなくてもホットサンドメーカーがカットしてくれるので、カットする場合はカットの手間が省けます。

挟みたい具のボリュームで選ぶ

ホットサンドメーカーには商品によってどれだけ具を挟めるのかが変わります。それぞれの商品ごとに定められた厚さを守らないとパンの形が崩れたり、留め具が壊れることも

また、挟む具が増えれば増えるほど中に火が通りにくくなるので、ホットサンドメーカーの許容量を超える具を挟むことはデメリットしかありません。

ボリュームのあるホットサンドを作りたい方は、商品説明でどれくらいのボリュームまで具を挟めるか確認する必要があります。

また、本体に高さのあるホットサンドメーカーは具をたくさん入れても漏れることが少ないので、このような特徴のあるホットサンドメーカーを探しましょう。

アタッチメントが豊富かどうかで選ぶ

ホットサンドメーカーを購入したいと考えたとき、ホットサンドを作るだけでなく他の用途でも使用できると便利ですよね。ホットサンドメーカーにはアタッチメントがある商品もあり、ドーナッツやワッフルも焼くことが可能です

アタッチメントがついているホットサンドメーカーは電気タイプに多く、直火タイプの場合はフライパンとしても使用できるものが多いです。

1枚焼きか2枚焼きかで選ぶ

ホットサンドメーカーには1度に1枚だけ焼けるタイプと1度に2枚焼けるタイプの2種類があります。

1回の食事で1枚しか焼くつもりがなければ気にする必要はありませんが、1回の食事で2枚以上焼く場合は、1度に2枚焼けるタイプを選択する方が時短になります。

自分の食事の事情に合わせて、何枚焼きであるかも考慮したほうがよいでしょう。

ホットサンドメーカーおすすめランキングTOP3|専門家の倉本さんが厳選

1

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) / マルチサンドメーカー

参考価格:3,980円(税込)

コスパに優れたベーシックタイプ

コスパに優れたベーシックタイプ

Amazon
3,980円(税込)
楽天市場
4,980円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,480円(税込)
説明アイコン
なぜこのホットサンドメーカーが選ばれたのか

着脱プレート式で、基本的な機能を搭載したホットサンドメーカーです。タイマーなどは搭載していませんが、ホットサンドプレートのほか、最初からワッフルプレート、ドーナツプレート、パニーニプレートを付属しています。価格もリーズナブルなので、最初の導入に使用する製品としておススメです。

サイズW24.6×D25.7×H11.0cm
重量約2300g
耳まで×
着脱
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) / マルチサンドメーカーの画像1
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) / マルチサンドメーカーの口コミをもっと見る口コミ件数:2件
2

BRUNO(ブルーノ) / ホットサンドメーカーダブル

参考価格:9,600円(税込)

オシャレこだわり派に人気のホットサンドメーカー

オシャレこだわり派に人気のホットサンドメーカー

Amazon
11,000円(税込)
楽天市場
9,600円(税込)
Yahoo!
ショッピング
9,900円(税込)
説明アイコン
なぜこのホットサンドメーカーが選ばれたのか

ホウロウ調理器具のような温かみのあるデザインが特徴のホットサンドメーカー。タイマー機能も搭載しており、焼きすぎの心配もありません。プレートは耳を切らずにそのまま調理できる大き目サイズで、多めの具材にも対応します。独特の焼き目がつくプレート模様も魅力のひとつです。

サイズW26.1cm×D24.6×H9.6cmcm
重量約2000g
耳まで
着脱
BRUNO(ブルーノ) / ホットサンドメーカーダブルの画像1
BRUNO(ブルーノ) / ホットサンドメーカーダブルの口コミをもっと見る口コミ件数:3件
3

vitantonio(ビタントニオ) / 厚焼きホットサンドベーカー gooood VHS-10-TM

参考価格:4,160円(税込)

一人暮らしにおすすめのコンパクトタイプ

一人暮らしにおすすめのコンパクトタイプ

楽天市場
4,160円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,195円(税込)
説明アイコン
なぜこのホットサンドメーカーが選ばれたのか

コンパクトな1組焼きタイプのホットサンドメーカーです。名前に「厚焼き」とあるように、深さ約1.6cmの深型プレートを付属。パンの耳も、切らずにそのまま焼くことができるほか、フレンチトーストやマフィンの調理も可能です。パニーニ風の焼き目がつけられるのも嬉しいポイント。

サイズ約W12.6×H10.2×D24.4cm
重量約1.4kg
耳まで
着脱-

ホットサンドメーカーおすすめ10選|直火タイプ・IH対応もあり

直火タイプはコンロしか使えないものばかりだと思っていませんか?

最近は直火だけでなくIHでも使えるホットサンドメーカーがリリースされているので、オール電化のご家庭も要チェック!耳までプレスできるか、仕切りがあるか、分離できるか、これらのポイントも商品選びの参考にしてください。

イタリア商事 / ホットサンドメーカー ニュー・バウルー シングル

参考価格:4,604円(税込)

具がたっぷり入ってふんわり仕上がる

具がたっぷり入ってふんわり仕上がる

Amazon
9,850円(税込)
楽天市場
4,604円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,620円(税込)
説明アイコン
このホットサンドメーカーの説明

コロッケなど厚みのある具材を入れたい人は、バウルーシングルがおすすめ。仕切りがないのでふんわりと仕上がり、ボリューム感もアップ。好きな形に等分することができるのもこのタイプの特徴です。

サイズW14.2×D35.0×H3.7cm
重量450g
耳まで
着脱×

杉山金属 / IH対応 ホットサンドメーカー スマイルクッカーDX

参考価格:3,250円(税込)

IH対応+セパレートタイプで便利

IH対応+セパレートタイプで便利

Amazon
3,926円(税込)
楽天市場
3,250円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,420円(税込)
説明アイコン
このホットサンドメーカーの説明

ガスだけでなくIHでも使用可能な人気ホットサンドメーカー。熱伝導性に優れているので焼きムラがなく、初心者さんでも簡単にきれいな焼き目をつけることができます。セパレートタイプなので、ミニフライパンとしても使用OK!

サイズW37.5×D16.0×H4.0cm
重量1180g
耳まで
着脱

ヨシカワ / あつあつホットサンドメーカー SJ1681

参考価格:1,221円(税込)

とにかく安い!!焼き目がサクサク

とにかく安い!!焼き目がサクサク

Amazon
8,773円(税込)
楽天市場
1,221円(税込)
Yahoo!
ショッピング
1,221円(税込)
説明アイコン
このホットサンドメーカーの説明

プチプラなホットサンドメーカーをお探しならコレ!ボディが薄いため、焦げに注意して焼く必要があります。火力を調節することができない炭火や焚き火での使用はあまりおすすめできません。

サイズ15.7 x 3.6 x 35.8 cm
重量約350g
耳まで
着脱

5、6枚切りの厚い食パンと、ソーセージなどの厚い具材もつぶさず挟んで焼けるシングルタイプのホットサンドメーカーです。簡単に上下を取り外して2つのミニフライパンに分けることができるので、フライパンとして使用できるだけでなく洗いやすい点も魅力といえます。

焼き目が斜めについているのが特徴のホットサンドプレートで、熱伝導の良いアルミ製であることから外のパンはサクサクと中の具材はジューシーに焼きあがる商品です。フライパンとしても利用できるのでアウトドアにも便利といえます。

特許構造「アルプレッサ」により焼きムラを防ぎ、保温性にも優れています。IH(100V/200V)にも対応しており、取扱説明書に付いているレシピにはランチだけではなくデザートにも使えるホットサンドのレシピが掲載されています。

厚切りの食パンがそのまま入るサイズの直火タイプのホットサンドメーカーで、パンの耳までカリッと焼くことができるので、耳まで焼けるタイプのホットサンドメーカーが欲しい人におすすめの商品です。

表面をふっ素樹脂塗膜加工しているので、洗いやすくお手入れが簡単なホットサンドメーカーです。アルミダイキャスト製のため熱にムラがなく、軽くて丈夫で総合的に見て使用しやすい商品であるといえます。

日本製であることはもちろん、すべての製造を新潟でおこなった高い品質をほこる燕三条製の商品です。肉厚アルミ合金とフチが圧着する仕組みによって、焼きムラがなくカリカリの食感を実現しています。

キャプテンスタッグはバーベキューコンロなどのアウトドア用品を手掛けるアウトドア総合ブランドです。この商品もアウトドアに特化しており、アウトドア先でフライパンとしても利用可能です。

直火タイプでダブルのホットサンドメーカーとなっており、2枚同時に焼けるので時短効果が期待できます。価格も安く、値段や使用する際の効率を考えるとおすすめの商品となります。

高級感のある銀色が特徴の発売から1年で累計販売本数が2万台を突破した人気の商品です。焼いた後には「TSBBQ」のロゴの焼き印がつき、パンの耳同士がくっついて中の具材が漏れない仕組みになっています。

編集部で試してみました!【直火タイプ編】

ホットサンドメーカーは、仕組みは"挟んで焼くだけ"でどれも同じなのに焼き上がりに大きく差がつきます。

その差っていったい何?そんな疑問を解決するため、直火タイプの「バウルーシングル」「ヨシカワ」と、IH対応の「スマイルクッカーDX」を入手。

焼き上がりの差を実際に検証してみました!

使用したのはこの3商品!

ホットサンドメーカー3種類の比較画像

左から

  • バウルーシングル:ホットサンドブームの火付け役!3モデルの中で一番人気
  • ヨシカワ:千円台で購入できる最も安いホットサンドメーカー
  • スマイルクッカーDX:直火だけでなくIHでも使用できる優秀モデル

検証方法

【火加減】弱火で統一
【時間】コンロに乗せて3分、ひっくり返して3分
【使用した具材】8枚切り食パン、レタス、ハム、チーズ、トマト
【ポイント】食パンから具材がはみ出すとその部分が焦げてしまうので、はみ出ないように並べるとキレイに焼くことができます!

ホットサンドメーカー3種類の開けた時の比較画像
ホットサンドメーカーで3分間焼いてみた画像

・「バウルー」と「ヨシカワ」は直火、「スマイルクッカーDX」はIHコンロを使用
・弱火で、同じくらいの火加減になるように設定
【ポイント】パン耳がはみ出ないようにプレスすると、端まで焦げずにきれいに焼きあげることができます

直火式ホットサンドメーカー3種類を火にかけた画像

両面3分ずつ焼き上げた結果がこちら!

【左:バウルー】
表面全体にきれいに焼き色がつき、パンのふんわり感を残しつつサクッと焼きあげることができました。
なかの具材もつぶれすぎていないので、トマトがとってもジューシー!

【中:ヨシカワ】
焼き目のかわいさナンバー1!しかし、端が全くプレスされていないので食べるときに具材がこぼれてしまう危険性大。
プレートが薄いのですぐに焦げてしまうのではと心配しましたが、きれいに焼くことができました。

【右:スマイルクッカーDX】
熱の立ち上がりが弱いのか、弱火ではしっかり焼き目をつけることができませんでした。
なので、時間を延長して再挑戦!

ホットサンドメーカー3種類の焼け具合比較画像

スマイルクッカーDXの焼き時間を延長

・両面5分ずつ焼きあげた結果がこちら!
・焼き目も程よくふんわり感も抜群
・IHで焼く際は、温度を高くして時間を短くするか、弱火のまま時間を長めにするか決めてから調理すると、失敗なく焼きあげることができます。

IHで焼けるホットサンドメーカーの画像

編集部ジャッジ

【バウルー】★★★★
表面のこんがりとした香ばしい美味しさは断トツでしたが、プレス力が少しもの足りず★ひとつマイナス。

ただその分パン耳が硬くなり過ぎないので、小さなお子さんでもペロッと食べきれると思います。3商品中このバウルーだけボディが分離しないので、シンクで手洗いする際に手間取ってしまいました。

ホットサンドメーカー・バウルーで焼いてみた画像

【ヨシカワ】★★
焼き目はかわいいのですが、ホットサンドの醍醐味であるプレス力が弱すぎるのが難点。

チーズやジューシーなトマトなど漏れの心配がある具材は注意が必要ですが、レタスやハムを挟んで焼く程度ならヨシカワで十分。

価格が安い分耐久性は低そうなので、お手入れ後に水分をしっかり拭き取ることや、こびりつかないよう焼く前に油を薄く塗るなどの配慮が必要そうです。

ホットサンドメーカー・ヨシカワで焼いてみた画像

【スマイルクッカーDX】★★★★★
IHで弱火でじっくり焼いたため、パンの水分が飛びすぎることなく、ふんわり感とカリッと感がベストバランス!具材が全く飛び出ないので、取り出しやすさもカットしやすさもナンバー1でした。

プレスする力が強い分、焼き具合によってはパンの耳が硬めに仕上がってしまいますが、カリカリ感がお好きな方には食べ応え十分。

IHで焼く際は直火より時間がかかる(検証では4分プラス)ので、時間に余裕を持って調理にとりかかりましょう。

ホットサンドメーカー・スマイルクッカーDXで焼いてみた画像

ホットサンドメーカーおすすめ6選|電気タイプ・お菓子も作れる

電気タイプは1個タイプと2個タイプがあり、ワット数にも大きな差があるので購入の際はそこをチェック。

お菓子作りにも活用したい方は、付属プレートがある商品、もしくは別売りのプレートがある商品を選ぶのがおすすめです。買ったあと置き場所に困らないよう、サイズ欄もしっかり確認しておきましょう。

コメントアイコン専門家のコメント
倉本 春
家電ライター

着脱式プレートの場合、製品によっては「ワッフル」「鯛焼き」「焼きおにぎり」などが調理できる「別プレート」との交換可能な製品もあります。

製品によって、この別プレートが同梱されているものと、必要なプレートだけをあとから追加購入できるタイプがあります。

もしホットサンド以外にも作りたいレシピがある場合は、自分が必要とするプレートが使えるか、あらかじめ調べておくと良いでしょう。

累計販売本数が56万を突破した「recolte プレスサンドメーカー」をリニューアルした商品がこちらの商品です。プレートを深くすることでより厚めのパンや具材にも対応できるようになりました。

「そのままホットサンド」という名前の通り、耳も含めた食パンの形に合わせたプレートを採用しているので、パンの耳を切らずにそのまま焼くことができます。ハムチーズや小倉トーストなどこのホットサンドメーカーを作って作れるレシピも説明書で公開しています。

楽天市場の「キッチン用品・食器・調理器具」の部門で1位を入賞したことがある人気の商品です。適温ランプとタイマーがついており、プレートに適切に余熱を加えることが可能で、別売りになりますがこの商品に対応した様々なアタッチメントもあります。

平らなプレートの場合は挟める量が少なくなりがちですが、この商品はプレートの底を深くした「アーチプレート」を採用しているので、ホットサンドが10cmあったとしても挟むことができます。商品はインテリアとしても利用できるスマートなデザインで、底部にコードを巻き付けられるので収納にも困りません。

パンの厚みや具材に合わせてハンドルロックは3段階で調節可能となっており、具材が少ない場合でも具材が多い場合でも対応できる商品です。キルト模様の焼き目が美しく、プレートにこびりつかないのでお手入れも楽です。

一度に2枚焼くことが可能で、斜めに仕切りがついたダブルタイプのホットサンドメーカーです。斜めに仕切りがつくと食べやすい三角形の形にカットされます。プレートも大きいためパンの耳をカットする手間もないので、カットの手間が一切ない使いやすい商品といえます。

編集部で試してみました!【電気タイプ編】

直火タイプよりも価格の差が大きいのが電気タイプ。機能にも大きな差があるため、スペックを確認して慎重に選びましょう。

ここでは、専門家の倉本さんが厳選した機能性の高い「ブルーノ ホットサンドメーカーダブル」と、コスパの高さが人気の「アイリスオーヤマ マルチサンドメーカー」を比較。焼き上がりにかかる時間を検証してみました!

使用したのはこの2商品!

電気タイプのホットサンドメーカー2種類の画像

左から

  • ブルーノ:2018年春発売の話題の人気商品。メーカー価格8,000円(税抜き)
  • アイリスオーヤマ:プレート4種セットでお得。メーカー価格4,422円(税抜き)

検証方法

【ワット数】ブルーノ900W、アイリスオーヤマ700W
【時間】キレイな焼き目がつくまでにかかったタイムを計測
【使用した具材】8枚切り食パン、レタス、ハム、チーズ、トマト
【ポイント】アイリスオーヤマは、説明書通り食パンの耳をカットして使用。具材を中心にまとめましょう。

電気タイプのホットサンドメーカー2種類の開けてみた画像
電気タイプのホットサンドメーカー2種類の時間を測った画像

完成までにかかった時間がこちら!

【スタートから5分後】
ほんのり焼き目がつく程度。端はプレスされているものの、取り出すと崩れてしまいそうなほど不安定。1分延長することに。

電気タイプのホットサンドメーカー2種類の5分焼いた画像

【スタートから6分後】
1分違うだけで焼きあがりにこの差!しっかりプレスされているものの、アイリスオーヤマはチーズが溶け出しています。

ワット数が違うので焼きあがりにかかる時間に差がでるかと思いましたが、焼き目の濃さはそこまで変わらずどちらも美味しそうな仕上がり。

たった1分でこれだけ差がでるので、うっかり放置しているとタイマーオフ機能のないアイリスオーヤマはすぐに焦げてしまうかもしれません!

電気タイプのホットサンドメーカー2種類の6分焼いた画像

編集部ジャッジ

【ブルーノ】★★★★★
パンの端までしっかり焼き目がつくので、見た目の可愛さも香ばしさも文句なし!トマトも潰れすぎることなく美味しく焼きあげることができました。

プレス力が強いため、チーズがはみ出ることなく取り出しやすさも抜群。タイマー機能は自動で電源が切れるだけでなく、チン!と音でもお知らせしてくれるので、うっかり放置してしまう心配がないのも嬉しいポイントです。

ホットサンドメーカー・ブルーノで焼いてみた画像

【アイリスオーヤマ】★★★
パンの耳をカットするひと手間が面倒ですが、食べやすさは抜群!中心に切れ目があるので包丁でカットもしやすく、具材が飛び出てくることもありませんでした。

ただ、焼いている途中ですでにチーズが溶け出してきた点は少し残念。パン耳をカットしたためだとは思うのですが、チーズは焦げつくとお手入れも大変なので注意が必要です。

ホットサンドメーカー・アイリスオーヤマで焼いてみた画像

ホットサンドメーカーおすすめ4選|キャラクターデザインタイプ

他のキッチン家電と違い、ホットサンドメーカーはキャラクターデザインが豊富です。本体がとっても可愛いので、キッチンに置いておくだけで華やかさバツグン。

キャラクターの焼き目がついたホットサンドがテーブルに並べば、朝が苦手なお子さんも思わずニッコリ笑顔になること確実です!

あの大人気映画のキャラクター「ミニオン」をイメージした黄色のホットサンドメーカーです。ホットサンドにミニオンの焼き目が入りますが、上下でミニオンのデザインが異なるのが特徴となります。

あの「ミッフィー」をイメージした白とオレンジ色のホットサンドメーカーです。キャラクターものの商品ですが、アルミ製で熱伝導がしやすい点や、フッ素加工でお手入れもしやすいので使用しやすいといえます。

子供から大人まで人気の「くまのプーさん」をイメージした黄色のホットサンドメーカーです。ダブルで斜めに仕切りがついており、上下と仕切りを含めて4種類の焼き目が入ります。一度に2枚焼けるタイプなので実用性にも優れています。

ディズニーのキャラクター「ミッキー&ミニー」をイメージした白と赤色のホットサンドメーカーです。実用性に関してはこれといった特徴はありませんが、ディズニーが好きな人におすすめの商品といえます。

ホットサンドメーカーのおすすめ商品をまとめ表で比較

本記事で紹介したおすすめのホットサンドメーカーを一覧表で比較!ぴったりな商品を見つけてみてください!

注目ポイント

コスパに優れたベーシックタイプ

オシャレこだわり派に人気のホットサンドメーカー

一人暮らしにおすすめのコンパクトタイプ

具がたっぷり入ってふんわり仕上がる

IH対応+セパレートタイプで便利

とにかく安い!!焼き目がサクサク

商品画像
商品名

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) / マルチサンドメーカー

BRUNO(ブルーノ) / ホットサンドメーカーダブル

vitantonio(ビタントニオ) / 厚焼きホットサンドベーカー gooood VHS-10-TM

イタリア商事 / ホットサンドメーカー ニュー・バウルー シングル

杉山金属 / IH対応 ホットサンドメーカー スマイルクッカーDX

ヨシカワ / あつあつホットサンドメーカー SJ1681

商品リンク
Amazon
3,980円(税込)
楽天市場
4,980円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,480円(税込)
Amazon
11,000円(税込)
楽天市場
9,600円(税込)
Yahoo!
ショッピング
9,900円(税込)
楽天市場
4,160円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,195円(税込)
Amazon
9,850円(税込)
楽天市場
4,604円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,620円(税込)
Amazon
3,926円(税込)
楽天市場
3,250円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,420円(税込)
Amazon
8,773円(税込)
楽天市場
1,221円(税込)
Yahoo!
ショッピング
1,221円(税込)
サイズW24.6×D25.7×H11.0cmW26.1cm×D24.6×H9.6cmcm約W12.6×H10.2×D24.4cmW14.2×D35.0×H3.7cmW37.5×D16.0×H4.0cm15.7 x 3.6 x 35.8 cm
重量約2300g約2000g約1.4kg450g1180g約350g
耳まで×
着脱-×

まとめ

ライフスタイルにあったホットサンドメーカーを選ぶことで、毎日の料理&お菓子作りがもっと楽しく快適に!朝食やランチメニューにマンネリを感じている方は、ホットサンドメーカーを活用して得意料理を増やしましょう。

昨晩の残りもののお惣菜をサンドすれば食費の節約にもなるので、一石二鳥!まだホットサンドメーカーをお持ちでない方も、買い替えを検討していた方も、この記事を参考にして自分の暮らしに合ったベストな商品を選んでくださいね。

調理器具の関連記事一覧

その他の記事はこちら

トースターの関連記事一覧

その他の記事はこちら

検索アイコン「ホットサンドメーカー」を
もっと探したい方はこちら!
さらに他の商品を探したい方は
こちらをチェック!
7%の甘味料
この記事のライター
7%の甘味料
興味のあることを楽しむためには時間とお金を惜しまない専業ライターです。テレビゲーム、アクアリウム、温泉巡りが趣味で、健康を維持するのに役立つ商品や、最新のガジェットに興味があります。読者が望んでいる情報を分かりやすく解説することをモットーとしており、モノレコでは紹介する商品の魅力が100%伝わるような記事の執筆をこころがけています。

興味のあることを楽しむためには時間とお金を惜しまない専業ライターです。テレビゲーム、アクアリウム、温泉巡りが趣味で、健康を維持するのに役立つ商品や、最新のガジェットに興味があります。読者が望んでいる情報を分かりやすく解説することをモットーとしており、モノレコでは紹介する商品の魅力が100%伝わるような記事の執筆をこころがけています。

おうちdeモノレコ 自宅で楽しく!快適に!過ごせるおすすめ特集
この記事が気に入ったらシェアしよう!
↓↓
モノレコ by Amebaをフォローして
最新記事を受け取ろう!

あわせて読みたい

キッチン用品・キッチン家電の新着記事

キッチン用品・キッチン家電の人気記事ランキング

新着記事

人気記事ランキング

お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。