1. モノレコ by Ameba ホーム
  2. PC・スマホ・通信機器
  3. 自炊用スキャナのおすすめ15選!【2021最新版】失敗しない選び方のポイントも紹介

自炊用スキャナのおすすめ15選!【2021最新版】失敗しない選び方のポイントも紹介

3,203 view
  • Facebookシェア
  • LINE
  • ツイート
  • はてブ
  • note

目次

CONTENTS

自炊用スキャナの選び方

自炊スキャナのイメージ画像1

書籍や文書をスキャナで電子化することを、データを「自ら吸い込む」から転じて「自炊」と呼びます。

自炊用のスキャナは、各メーカーからたくさんの製品が販売されており、それぞれに特徴が異なるため、自分の目的に合わせて選ぶことが大切です。

そこで、ここからは、自炊用スキャナの選び方を4つ紹介します。

メモアイコン自炊用スキャナの選び方
  • スキャナの種類で選ぶ
  • 解像度で選ぶ
  • 読み取りサイズで選ぶ
  • 機能性で選ぶ

どのような基準で自炊用スキャナを選べば良いのかわからない方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スキャナの種類で選ぶ

自炊用スキャナの選び方1つ目は「スキャナの種類で選ぶ」です。

自炊用スキャナの種類は、大きく分けて4つあり、それぞれのメリット、デメリットは以下のようになっています。

自炊スキャナの種類メリットデメリット
シートフィードスキャナ(手差し式)サイズがコンパクト大量ページの自炊は時間がかかる
シートフィードスキャナ(ADF搭載)大量ページの自炊をスムーズにできる手差し式に比べてサイズが大きい
オーバーヘッドスキャナ冊子の状態のまま裁断せずに自炊できる中央の「のど」の部分に陰が入ったり、読み取ったデータに歪みが出たりすることがある
ハンディスキャナ出先でも簡単に自炊作業が行える冊子のデータ読み込みはできない
フラットベッドスキャナ裁断せずにきれいにスキャンできる大量ページの自炊は時間がかかる

それぞれの特徴について詳しく解説していくので、自分に合う自炊用スキャナはどの種類か、考えながら読んでみてくださいね。

シートフィードスキャナ

シートフィードスキャナは、電子データ化したい紙を本体に通過させることで読み取りをおこなう方式の自炊用スキャナです。

そのため、冊子状の書籍のデータ読み込みはできず、自炊する際はあらかじめ裁断してページをばらしておく必要があります。

シートフィードスキャナには、1枚ずつ紙を手差しする「手差し式」と、複数枚の紙を自動で紙送りできる「ADF(オートドキュメントフィーダー)搭載」の機種があるので、用途に合わせて選びましょう。

「手差し式」と「ADF搭載」機種の特徴は、それぞれ以下の通りです。

  • 手差し式…サイズがコンパクトな反面、原稿手差しセットの手間がかかるため大量ページの自炊に向かない
  • ADF搭載…複数枚の原稿を自動的に紙送りしてスキャンできるため、大量ページの自炊に便利

オーバーヘッドスキャナ

オーバーヘッドスキャナは、アーム状の本体についたカメラでデータの読み取りをおこなうタイプの自炊用スキャナです。

書籍に直接触れることなくスキャン可能なため、冊子の状態のまま裁断せずに自炊できるのがオーバーヘッドスキャナの大きな強み。

ただし、書籍を見開きでスキャンする場合、中央の「のど」の部分に陰が入ったり、読み取ったデータに歪みが出たりすることもあります。

ハンディスキャナ

ハンディスキャナは、コンパクトサイズが特徴の、手に持って使うタイプの
自炊用スキャナです。

持ち歩きに適したサイズ感のため、出先でも簡単に自炊作業が行えるメリットがある反面、大量のページをスキャンすることには向いていません。

また、ハンディスキャナで冊子のデータ読み込みはできないため、自炊の際はあらかじめ裁断してページをばらしておく必要があります。

フラットベッドスキャナ

フラットベッドスキャナは、コピー機のように原稿をガラス面に置いて電子データ化するタイプの自炊用スキャナです。

冊子状の書籍を、裁断せずにきれいにスキャンできるのがフラットベッドスキャナの最大のメリット。

ただし、読み取りしたいページごとに手動でセッティングする手間がかかるため、大量ページの印刷にはあまり向かないというデメリットもあります。

解像度で選ぶ

自炊用スキャナの選び方2つ目は「解像度で選ぶ」です。

解像度によって読み取りしたデータの鮮明さや重さが変わってくるため、用途に合う解像度の自炊スキャナを選びましょう。

たとえば電子書籍化用途など、データできちんと文字が読めるくらいの解像度が良い場合は、300~400dpi程度が適切です。

また、同じ自炊用スキャナであっても、白黒・グレースケール・カラーによって解像度が異なるため、設定ごとの解像度をチェックすることをおすすめします。

読み取りサイズで選ぶ

自炊用スキャナの選び方3つ目は「読み取りサイズで選ぶ」です。

読み取り可能な原稿の最小・最大サイズは、自炊用スキャナの機種によって異なります。

そのため、自炊したい書籍や原稿のサイズに対応しているスキャナを選ぶようにしましょう。

機能性で選ぶ

自炊用スキャナの選び方4つ目は「機能性で選ぶ」です。

自炊用スキャナの機種によっては「自動補正機能」「Wi‐Fi対応」「Bluetooth対応」などの付加機能がついているものもあります。

また、読み取りしたデータの出力ファイル形式も、TIFF・JPEG・PDFなど自炊用スキャナによってさまざま。

自身の用途に応じて、欲しい機能が搭載された自炊用スキャナを選ぶようにしましょう。

自炊におすすめのスキャナ15選|編集部が厳選

自炊スキャナのイメージ画像2

それではここからは、モノレコ編集部が厳選した自炊におすすめのスキャナ15選を種類別にご紹介していきます。

先に解説した選び方も参考にしながら、自分の用途に適した自炊用スキャナを見つけてくださいね。

自炊におすすめのシートフィードスキャナ6選

まずは、大量ページの自炊に適した「シートフィードスキャナ」を6つご紹介します。

富士通 / ScanSnap iX1500

参考価格:44,500円(税込)
直感で操作できるタッチパネル搭載
直感で操作できるタッチパネル搭載
Amazon
44,800円(税込)
楽天市場
44,500円(税込)
Yahoo!
ショッピング
44,799円(税込)
説明アイコン
この自炊スキャナの説明

直感的に操作できる4.3インチのタッチパネル搭載で、説明書を読まなくてもスムーズなスキャン作業ができます。

1分間に30枚をスキャンできる機能性の高さや、インテリアになじみやすいシンプルなデザインも魅力。

小さく取り込みづらい名刺・レシートのガイドや、クリーニングアラーム機能など使いやすさも抜群です。

タイプシートフィードスキャナ
読み取りサイズ最大: 216mm×360mm、最小: 50.8mm×50.8mm
読み取り速度両面・片面 30枚/分
付加機能ADF搭載

Canon(キヤノン) / imageFORMULA DR-C225W II

参考価格:38,999円(税込)
スリムな本体で省スペースを実現
スリムな本体で省スペースを実現
Amazon
40,202円(税込)
楽天市場
38,999円(税込)
Yahoo!
ショッピング
43,403円(税込)
説明アイコン
この自炊スキャナの説明

給紙後の原稿がUターンして本体前部に収まる「ラウンドスキャン方式」を採用。

排紙スペースがないためにスリムな本体で、省スペースを実現します。白黒・カラーともに1分間で最大25枚をスキャン可能。

またパソコンだけでなくモバイル端末との連携もできるため、スキャン作業がよりはかどります。

タイプシートフィードスキャナ
読み取りサイズ最大: 216mm×356mm、最小: 50.8mm×53.9mm
読み取り速度4枚~25枚/分
付加機能超音波重送検知

brother(ブラザー) / ドキュメントスキャナー ADS-1700W

参考価格:30,873円(税込)
コンパクトサイズの高機能スキャナ
コンパクトサイズの高機能スキャナ
Amazon
30,873円(税込)
楽天市場
30,873円(税込)
Yahoo!
ショッピング
31,280円(税込)
説明アイコン
この自炊スキャナの説明

収納に困らない、コンパクトサイズで四角いシートフィードスキャナ。表面・裏面を一度にスキャンでき、最大で1分間に25枚・50面を取り込める優れものです。

直感的な操作を可能にするカラータッチパネル搭載で、迷わず作業が進められます。

対応用紙は名刺サイズからA3サイズまでと幅広く、さらにWi-Fiにも対応。
使い勝手のよい1台です。

タイプシートフィードスキャナ
読み取りサイズ最大: 215.9mm×297mm、最小: 51mm×70mm
読み取り速度5枚~25枚/分
付加機能ADF搭載

EPSON(エプソン) / ドキュメントスキャナー DS-530

参考価格:37,730円(税込)
1分間に35枚の高速処理と耐久性
1分間に35枚の高速処理と耐久性
Amazon
37,730円(税込)
楽天市場
48,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
38,478円(税込)
説明アイコン
この自炊スキャナの説明

ビジネス向きの高速シートフィードスキャナ。

最大で1分間に35枚を両面同時に読み取ることができ、便利な重送検知機能も備えています。

また、レシートのような薄い用紙だけでなく、伝票やカードなど幅広い用紙に対応可能。

キャリアシートに挟むことでA3サイズのスキャンもできます。耐久力にも優れているので、頻繁に大量スキャンをする場合におすすめ。

タイプシートフィードスキャナ
読み取りサイズ最大:215.9mm×6,096mm
読み取り速度0.30~0.62msec/line
付加機能ADF搭載

富士通 / Image Scanner fi-7460

参考価格:239,560円(税込)
ビジネス仕様の超高速スキャナ
ビジネス仕様の超高速スキャナ
Amazon
242,734円(税込)
楽天市場
239,560円(税込)
Yahoo!
ショッピング
306,306円(税込)
説明アイコン
この自炊スキャナの説明

ビジネス仕様の本格的なスペックを持つA3スキャナ。超高速の読み取りスピードで、なんと最大1分間に60枚・120面のスキャンができます。

給紙機構にもこだわっており、斜め読み取りや原稿破損を防止する設計。

A3スキャナなのにA4スキャナと同等のコンパクトサイズで、省スペースにも貢献します。

タイプシートフィードスキャナ
読み取りサイズ最大:297mm×420mm、最小:50.8×69mm
読み取り速度片面:50~60枚/分、両面:100~120面/分
付加機能ADF搭載

EPSON(エプソン) / フォトスキャナー FF-680W

参考価格:53,982円(税込)
紙の写真の高速データ化に大活躍
紙の写真の高速データ化に大活躍
Amazon
53,982円(税込)
楽天市場
61,260円(税込)
Yahoo!
ショッピング
59,380円(税込)
説明アイコン
この自炊スキャナの説明

写真の大量・高速スキャンに向くフォトスキャナ。撮りためた紙の写真のデータ化に活躍する1台です。

経年劣化で色あせてしまった写真も自動で色調補正するため、撮影当時の鮮やかな色合いを復元できます。

スキャンできる写真サイズは、定番のL判から写真年賀はがきまで幅広く対応。もちろんA4サイズの文書やはがきの読み込みも可能です。

タイプシートフィードスキャナ
読み取りサイズ<写真>最大:215.9mm×914.4mm <ドキュメント>最大:215.9×6,096mm
読み取り速度0.30~0.62msec/line
付加機能-

自炊におすすめのオーバーヘッドスキャナ2選

次に、冊子の状態のまま裁断せずに書籍の読み込みができる「オーバーヘッドスキャナ」を2つご紹介します。

富士通 / ScanSnap SV600 FI-SV600A

参考価格:50,668円(税込)
原稿全体がムラなく均一に読み取れる
原稿全体がムラなく均一に読み取れる
Amazon
50,668円(税込)
楽天市場
52,500円(税込)
Yahoo!
ショッピング
52,500円(税込)
説明アイコン
この自炊スキャナの説明

最大A3サイズまで読み取り可能なオーバーヘッドスキャナ。

新聞や雑誌、書籍など、冊子の状態のままの原稿をデータ化することができます。

複数枚の原稿を自動で切り出す機能や、電源を入れて約3秒で立ち上がる機能も備え、使い勝手は抜群。

原稿全体を均一に読み取るテクノロジーを搭載しているため、ムラなく読みやすいデータに仕上がります。

タイプオーバーヘッドスキャナ
読み取りサイズ最大:432mm×300mm、最小:25.4mm×25.4mm
読み取り速度3秒
付加機能-

iOCHOW S1 ドキュメントスキャナー

参考価格:20,378円(税込)
便利な機能が充実! 使い方いろいろ
便利な機能が充実! 使い方いろいろ
Amazon
35,800円(税込)
楽天市場
27,526円(税込)
Yahoo!
ショッピング
20,378円(税込)
説明アイコン
この自炊スキャナの説明

A3以下のサイズの原稿を読み取り可能なオーバーヘッドスキャナです。
連続スキャンやOCR機能、スキャンしたデータの自動補正など機能充実。
さらにはビデオ録画やリアルタイム投影もできるため、スキャナとしてだけではなく会議や教育資料作成にも役立ちます。
折りたたみ式のため持ち運びや収納に便利です。

タイプオーバーヘッドスキャナ
読み取りサイズA3以下のサイズ
読み取り速度-
付加機能-

自炊におすすめのハンディスキャナ4選

続いては、コンパクトサイズで持ち歩きに便利な「ハンディスキャナ」を4つご紹介します。

SANWA SUPPLY(サンワサプライ) / モバイルスキャナ 400-SCN022

参考価格:13,513円(税込)
外出先でのスキャン作業に便利
外出先でのスキャン作業に便利
Amazon
13,513円(税込)
楽天市場
13,980円(税込)
Yahoo!
ショッピング
13,980円(税込)
説明アイコン
この自炊スキャナの説明

パソコン不要でスキャンができるため、持ち運びにも便利な製品。

スキャナ本体に内蔵メモリがついており、読み込んだデータを保存します。
また、付属のSDカードへのデータ保存も可能です。

対応する用紙は名刺サイズからA4サイズまでさまざま。解像度も300・600・1200dpiから選択でき、文書や写真など原稿に合わせて設定可能です。

タイプハンディスキャナ
読み取りサイズ最大: 216mm×914mm
読み取り速度-
付加機能-

富士通 / ScanSnap iX100

参考価格:21,200円(税込)
速く読み取れるハンディスキャナ
速く読み取れるハンディスキャナ
Amazon
21,200円(税込)
楽天市場
22,948円(税込)
Yahoo!
ショッピング
22,800円(税込)
説明アイコン
この自炊スキャナの説明

400gの軽量コンパクトボディが特徴で、バッテリーを備えているため電源がない場所でも使える便利なハンディスキャナ。

Wi-Fi接続に対応しているので、ワイヤレスでパソコンやスマホから手軽に操作できます。

ハンディスキャナながら速い読み取りを実現する工夫がされており、A4カラーを片面5.2秒で読み取り可能。名刺やレシートなど小さな書類は2枚同時にスキャンできます。

タイプハンディスキャナ
読み取りサイズ最大:216mm×360mm、最小:25.4mm×25.4mm
読み取り速度片面 5.2秒/枚
付加機能-

SANWA SUPPLY(サンワサプライ) / スキャナー PSC-11U

参考価格:15,537円(税込)
超軽量で持ち運びに便利なスキャナ
超軽量で持ち運びに便利なスキャナ
Yahoo!
ショッピング
15,537円(税込)
説明アイコン
この自炊スキャナの説明

最高で1200dpiの高解像度、OCRソフトに対応する高機能ハンディスキャナです。

重量は約146gと軽く、ポーチつきで持ち運びもラクラク。カラーは最大100枚、モノクロは最大150枚を連続スキャンすることも可能。

読み込みできる用紙はA4サイズまでで、JPEG・PDF形式でのデータ保存ができます。

タイプハンディスキャナ
読み取りサイズ最大: 216mm×1200mm
読み取り速度0.5~8秒/枚
付加機能オートパワーオフ機能

SANWA SUPPLY(サンワサプライ) / 2WAYハンディスキャナー 400-SCN040

原稿の上をすべらせるだけで読み込み
原稿の上をすべらせるだけで読み込み
説明アイコン
この自炊スキャナの説明

ハンディスキャナ・シートフィードスキャナの2通りの使い方ができる便利なアイテム。

スキャナ本体で原稿の上をすべらせるようにして読み取りができるので、本や雑誌のような背中がとじたものも簡単にデータ化できます。

原稿は名刺のような小さいサイズからA4サイズまで対応。スキャンしたデータはSDカードに保存されるため、パソコンは不要です。

タイプハンディスキャナ
読み取りサイズ最大:216mm×1200mm
読み取り速度3秒/枚
付加機能-

自炊におすすめのフラットベッドスキャナ3選

最後に、冊子の状態のまま書籍のデータをきれいに取り込める「フラットベッドスキャナ」を3つご紹介します。

Plustek(プラステック) / OpticBook 3800L

参考価格:32,913円(税込)
電子書籍のようなデータ化ができる
電子書籍のようなデータ化ができる
Amazon
35,964円(税込)
楽天市場
32,913円(税込)
Yahoo!
ショッピング
40,639円(税込)
説明アイコン
この自炊スキャナの説明

本や雑誌のデータ化に向く、高機能なフラットベッドスキャナ。

読み込んだデータを電子書籍のように1つのファイルに結合することが可能です。

さらに、強力なOCR機能を備え、スキャンした文書や画像をWordやExcel、検索可能なPDFに簡単に変換できます。

また、読み込み時に発生しがちな傾きや裏面の透けも補正可能。A4サイズまでの原稿のスキャンに対応しています。

タイプフラットベッドスキャナ
読み取りサイズ最大:216mmx297mm
読み取り速度7秒
付加機能地色除去・自動切り取り&傾き補正

Canon(キヤノン) / CanoScan LiDE400

参考価格:9,473円(税込)
便利な「おまかせスキャン」機能搭載
便利な「おまかせスキャン」機能搭載
Amazon
9,473円(税込)
楽天市場
9,873円(税込)
Yahoo!
ショッピング
9,873円(税込)
説明アイコン
この自炊スキャナの説明

持ち運びや収納に便利な、薄型タイプのフラットベッドスキャナ。パソコンとUSBで接続すれば、電源不要でスキャン作業ができます。

原稿の判別や最適な補正が自動でできる「おまかせスキャン」機能を備え、面倒な設定をしなくてもきれいにデータ化できるのが嬉しいポイント。

また、OCR機能も備えているので、読み取ったテキストデータは単語での検索ができます。

タイプフラットベッドスキャナ
読み取りサイズ最大:216mm×297mm
読み取り速度1.7~25.4msec/line
付加機能-

EPSON(エプソン) / フラットベッドスキャナー GT-S650

参考価格:8,909円(税込)
解像度4800dpi美しいデータに
解像度4800dpi美しいデータに
Amazon
8,909円(税込)
楽天市場
9,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
9,801円(税込)
説明アイコン
この自炊スキャナの説明

軽量薄型にこだわったデザインと白いカラーリングがスタイリッシュな印象のフラットベッドスキャナ。

USBでパソコンに繋ぐ仕様なので、電源なしで使用可能です。原稿カバーは取り外しができ、分厚い本でも手軽に読み込みできます。

PDF作成・転送・コピー・スキャンの役割を持つ4つのボタンにより、ワンプッシュでスピーディーな操作が実現。

さらに4800dpiの高解像度で、パンフレットや写真も美しくデータ化できます。

タイプフラットベッドスキャナ
読み取りサイズ最大:216mm×297mm
読み取り速度1.2~27.7msec/line
付加機能-

自炊 スキャナのおすすめ商品をまとめ表で比較

本記事で紹介したおすすめの自炊 スキャナを一覧表で比較!ぴったりな商品を見つけてみてください!

注目ポイント

直感で操作できるタッチパネル搭載

スリムな本体で省スペースを実現

コンパクトサイズの高機能スキャナ

1分間に35枚の高速処理と耐久性

ビジネス仕様の超高速スキャナ

紙の写真の高速データ化に大活躍

原稿全体がムラなく均一に読み取れる

便利な機能が充実! 使い方いろいろ

外出先でのスキャン作業に便利

速く読み取れるハンディスキャナ

超軽量で持ち運びに便利なスキャナ

原稿の上をすべらせるだけで読み込み

電子書籍のようなデータ化ができる

便利な「おまかせスキャン」機能搭載

解像度4800dpi美しいデータに

商品画像
商品名

富士通 / ScanSnap iX1500

Canon(キヤノン) / imageFORMULA DR-C225W II

brother(ブラザー) / ドキュメントスキャナー ADS-1700W

EPSON(エプソン) / ドキュメントスキャナー DS-530

富士通 / Image Scanner fi-7460

EPSON(エプソン) / フォトスキャナー FF-680W

富士通 / ScanSnap SV600 FI-SV600A

iOCHOW S1 ドキュメントスキャナー

SANWA SUPPLY(サンワサプライ) / モバイルスキャナ 400-SCN022

富士通 / ScanSnap iX100

SANWA SUPPLY(サンワサプライ) / スキャナー PSC-11U

SANWA SUPPLY(サンワサプライ) / 2WAYハンディスキャナー 400-SCN040

Plustek(プラステック) / OpticBook 3800L

Canon(キヤノン) / CanoScan LiDE400

EPSON(エプソン) / フラットベッドスキャナー GT-S650

商品リンク
Amazon
44,800円(税込)
楽天市場
44,500円(税込)
Yahoo!
ショッピング
44,799円(税込)
Amazon
40,202円(税込)
楽天市場
38,999円(税込)
Yahoo!
ショッピング
43,403円(税込)
Amazon
30,873円(税込)
楽天市場
30,873円(税込)
Yahoo!
ショッピング
31,280円(税込)
Amazon
37,730円(税込)
楽天市場
48,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
38,478円(税込)
Amazon
242,734円(税込)
楽天市場
239,560円(税込)
Yahoo!
ショッピング
306,306円(税込)
Amazon
53,982円(税込)
楽天市場
61,260円(税込)
Yahoo!
ショッピング
59,380円(税込)
Amazon
50,668円(税込)
楽天市場
52,500円(税込)
Yahoo!
ショッピング
52,500円(税込)
Amazon
35,800円(税込)
楽天市場
27,526円(税込)
Yahoo!
ショッピング
20,378円(税込)
Amazon
13,513円(税込)
楽天市場
13,980円(税込)
Yahoo!
ショッピング
13,980円(税込)
Amazon
21,200円(税込)
楽天市場
22,948円(税込)
Yahoo!
ショッピング
22,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
15,537円(税込)
Amazon
35,964円(税込)
楽天市場
32,913円(税込)
Yahoo!
ショッピング
40,639円(税込)
Amazon
9,473円(税込)
楽天市場
9,873円(税込)
Yahoo!
ショッピング
9,873円(税込)
Amazon
8,909円(税込)
楽天市場
9,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
9,801円(税込)
タイプシートフィードスキャナシートフィードスキャナシートフィードスキャナシートフィードスキャナシートフィードスキャナシートフィードスキャナオーバーヘッドスキャナオーバーヘッドスキャナハンディスキャナハンディスキャナハンディスキャナハンディスキャナフラットベッドスキャナフラットベッドスキャナフラットベッドスキャナ
読み取りサイズ最大: 216mm×360mm、最小: 50.8mm×50.8mm最大: 216mm×356mm、最小: 50.8mm×53.9mm最大: 215.9mm×297mm、最小: 51mm×70mm最大:215.9mm×6,096mm最大:297mm×420mm、最小:50.8×69mm<写真>最大:215.9mm×914.4mm <ドキュメント>最大:215.9×6,096mm最大:432mm×300mm、最小:25.4mm×25.4mmA3以下のサイズ最大: 216mm×914mm最大:216mm×360mm、最小:25.4mm×25.4mm最大: 216mm×1200mm最大:216mm×1200mm最大:216mmx297mm最大:216mm×297mm最大:216mm×297mm
読み取り速度両面・片面 30枚/分4枚~25枚/分5枚~25枚/分0.30~0.62msec/line片面:50~60枚/分、両面:100~120面/分0.30~0.62msec/line3秒--片面 5.2秒/枚0.5~8秒/枚3秒/枚7秒1.7~25.4msec/line1.2~27.7msec/line
付加機能ADF搭載超音波重送検知ADF搭載ADF搭載ADF搭載-----オートパワーオフ機能-地色除去・自動切り取り&傾き補正--

まとめ

自炊スキャナのまとめの画像

自炊用スキャナは、機種によって使い方の特徴や機能が異なるため、用途に合わせて最適なものを選ぶことが大切です。

しかし、自炊用スキャナは大きく分類しても4つの種類があるため、選び方のポイントがわからずに悩んでいた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事で紹介した自炊用スキャナの選び方をぜひ参考にして、自身の用途に適した1台を見つけてみてくださいね。

検索アイコン「自炊 スキャナ」を
もっと探したい方はこちら!
さらに他の商品を探したい方は
こちらをチェック!
大渕 ともみ
この記事のライター
大渕 ともみ
1児の母をしています。元フルタイムOL、現在は専業Webライター。 美味しいお店を開拓したり、お取り寄せしたり、旅行で名産品を食べたりするのが人生の楽しみ。 家事・育児・仕事に関することに興味があり、本やSNSで常に情報収集しています。 特に家事時短には目がなく、便利グッズや便利家電、家事代行を使いこなして時間捻出に勤しむ毎日です。

1児の母をしています。元フルタイムOL、現在は専業Webライター。
美味しいお店を開拓したり、お取り寄せしたり、旅行で名産品を食べたりするのが人生の楽しみ。
家事・育児・仕事に関することに興味があり、本やSNSで常に情報収集しています。
特に家事時短には目がなく、便利グッズや便利家電、家事代行を使いこなして時間捻出に勤しむ毎日です。

おうちdeモノレコ 自宅で楽しく!快適に!過ごせるおすすめ特集
この記事が気に入ったらシェアしよう!
↓↓
モノレコ by Amebaをフォローして
最新記事を受け取ろう!

あわせて読みたい

PC・スマホ・通信機器の新着記事

PC・スマホ・通信機器の人気記事ランキング

新着記事

人気記事ランキング

お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。