1. モノレコ by Ameba ホーム
  2. アウトドア・スポーツ
  3. タープおすすめ10選|アウトドアのプロが選ぶランキング!種類や張り方も紹介

タープおすすめ10選|アウトドアのプロが選ぶランキング!種類や張り方も紹介

40,979 view
  • Facebookシェア
  • LINE
  • ツイート
  • はてブ
  • note

目次

CONTENTS
鉛筆アイコンこの記事を監修した専門家
須藤 玲央奈のプロフィール画像
須藤 玲央奈
代表取締役

1987年5月8日生まれ。一橋大学大学院商学研究科経営学修士(MBA)コース修了。学生時代に外食事業の株式会社設立を経験する傍ら、外食サービススキル鍛錬のために、有名シャンパンバーなどで修行を積む。 2012年にLVMHグループのワイン&スピリッツ事業会社であるMHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社に新卒入社。マーケティング部ではコニャック「ヘネシー」のブランドマネジャー、営業部では新宿区重要顧客担当を経験。2016年11月に退職、2017年3月に株式会社 Wonder Wanderersを設立。

1987年5月8日生まれ。一橋大学大学院商学研究科経営学修士(MBA)コース修了。学生時代に外食事業の株式会社設立を経験する傍ら、外食サービススキル鍛錬のために、有名シャンパンバーなどで修行を積む。 2012年にLVMHグループのワイン&スピリッツ事業会社であるMHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社に新卒入社。マーケティング部ではコニャック「ヘネシー」のブランドマネジャー、営業部では新宿区重要顧客担当を経験。2016年11月に退職、2017年3月に株式会社 Wonder Wanderersを設立。

タープとは?

タープとは?

タープとは、テントと同じくらいキャンプに欠かせないアイテム。日よけや雨よけをしたり、荷物を置くスペースを確保したりという役割を持ち、屋外にいながらリビングのような空間を確保してくれます。

テントに似たタープ(スクリーンタープ)もありますが、テントとは違いタープには床がありません。屋根のようなものといってもいいでしょう。

他にも…

  • 構造がシンプルなため部品が少ない
  • 保管場所を選ばず、持ち出すのもスムーズ
  • タープの4辺をすべて張り上げて開放的にしたり、地面張りで徹底的に日よけをしたり、用途に応じてアレンジできる


といったメリットがあります。
キャンプで使えるのはもちろんのこと、バーベキューなどでも大活躍すること間違いなし!とっても便利なアイテムなのです。

タープの選び方を知っておこう!

キャンプサイトでは一日のほとんどをタープの下で過ごすことになるため、どれだけ快適に過ごせるかが重要。そのため、タープ選びは慎重にならなければなりません。

では実際にタープを選ぶとき、どのようなことに注目すればいいのでしょうか。選び方のポイントを須藤さんに伺いました。

  • 人数
    サイズが人数に合っているか。大は小を兼ねるので、想定する人数+αをカバーできるサイズを最初に選ぶのが良いでしょう。

  • 季節
    3シーズン(春夏秋)にキャンプをするならオープンタイプのタープがおすすめです。冬キャンプにチャレンジするのであれば、シェルタータイプやスクリーンタープを。

  • シチュエーション
    ファミリーキャンプの場合は周囲を配慮して2ルームテントやシェルター型のタープも選択肢に入れてみるのもいいでしょう。

  • ブランド
    通常のキャンプであれば、キャンプメーカーのタープを。ソロキャンプやグループキャンプの場合は、携行性を重視した登山メーカーのタープをセレクトするのがおすすめです。

タープにはどんな種類があるの?

キャンプのスタイルはさまざま。同じように、タープにもさまざまな種類があります。ここでは、そんなタープにはどのような種類があるのかを須藤さんにお聞きしました。

タープの種類【ヘキサ】

六角形(ヘキサゴン)のタープ。スタンダードなタイプでファミリーキャンプに最適です。

メリット
  • 見た目が美しい
  • さまざまな設営方法でレイアウトをアレンジできる
デメリット
  • 慣れていないと設営が難しい
  • 防風防寒対策には全く使えない

タープの種類【スクリーン】

ナイロンやメッシュなど生地で四方を囲んだ、一見テントのような形をしているタープ。

メリット
  • プライベート空間を設けるのが可能
デメリット
  • 夏は蒸し風呂状態になることがある

タープの種類【自立式】

比較的簡単に設営できるタープのこと。

メリット
  • 設営がラク
  • 初心者には難しい、ポールとロープのバランスを考慮する必要がない
デメリット
  • アレンジが利かない
  • 総じて耐風性が低い

タープの種類【ワンタッチ】

その名の通り、ワンタッチでパッと設営できるタープのこと。

メリット
  • 設営がもっともラク
デメリット
  • 極端に耐久性が低い
  • デザイン性に欠ける

タープの種類【スクエア】

長方形(レクタングル)の形をしたタープのこと。レクタタープとも呼ばれています。

メリット
  • 有効面積がヘキサよりも大きい
デメリット
  • 見た目の美しさに欠ける

タープの種類【カーサイド】

車との連結を目的としてつくられたタープ。

メリット
  • 車と一体化させることにより、車をレイアウトのパーツ(例えばストレージ)にできる
デメリット
  • オートキャンプ場でしか使用できない

タープおすすめ10選|アウトドアのプロによる種類別ランキング

ここからは、須藤さんおすすめのタープを紹介。その中でも、より種類が豊富であらゆるシーンで使いやすいヘキサスクリーン自立式ワンタッチの4タイプからそれぞれセレクトしていただきました!

タープおすすめランキングBEST3【ヘキサ】

1
独特な左右非対称デザインで快適性◎

UNIFLAME(ユニフレーム) / REVOタープL

参考価格:24,343円(税込)
カートアイコンこのタープの詳細を見る
Amazon
24,343円(税込)
楽天市場
24,343円(税込)
Yahoo!
ショッピング
24,343円(税込)
説明アイコン
なぜこのタープが選ばれたのか

抜群の開放感と心地良さをもたらす独特な左右非対称デザインのタープ。シワができにくく、張りやすいのが特徴です。

キャンプスタイルに応じてさまざまなバリエーションの張り方ができるのもうれしいポイント。よりキャンプを快適なものにしてくれます。

▶須藤さんのおすすめポイント!
アシンメトリーなヘキサ型がもたらすアレンジ性と、豊富なオプションパーツによる拡張性の高さが魅力。布地も厚手で耐久性も非常に高いです。

サイズ収納サイズ:約72×17×15cm、使用サイズ:約520×240(h)cm
重さ約6.1kg
付属品張縄、ペグ、ハンマー、ペグケース、ポールケース、収納ケース
2
耐久性良し、防水性良し、強度良し!

snow peak(スノーピーク) / HDタープ“シールド” ヘキサ(L)

参考価格:32,780円(税込)
カートアイコンこのタープの詳細を見る
Amazon
43,780円(税込)
楽天市場
32,780円(税込)
Yahoo!
ショッピング
33,123円(税込)
説明アイコン
なぜこのタープが選ばれたのか

設営しやすく風にも強い定番のタープ。日差しをブロックする効果の高いシールド加工を施すことでリビングを涼しく快適にしてくれます。

防水性、雨水が円滑に流れ落ちることで高い防水性を実現。また、タープにかかる衝撃を吸収して逃す構造で強度においても申し分ありません。

▶須藤さんのおすすめポイント!
最も美しいタープと称される製品です。ヘキサタープの魅力を味わうならばコレ。

サイズ80×17×22(h)cm
重さ3.6kg(本体、ロープ含む)
付属品自在付ロープ(ニ又用10m×2、3m×2、2m×2)、ポールケース、ぺグケース、キャリーバッグ
3
厚みのあるポリコットンで涼しさ抜群

DOD(ディーオーディー) / オクラタープ(ブラック) TT8-583-BK

参考価格:12,768円(税込)
カートアイコンこのタープの詳細を見る
Amazon
12,768円(税込)
楽天市場
21,600円(税込)
Yahoo!
ショッピング
21,600円(税込)
説明アイコン
なぜこのタープが選ばれたのか

厚みのある燃えにくいポリコットン生地を使用した大型タープ。暑い日のキャンプも涼しく過ごせる快適なアイテムです。風を受け流して抵抗を抑える流線型のデザインも魅力の一つ。

8ヵ所すべての角にポールとグロメットを付けられるため、自由自在に張れるのも人気の秘密です。

▶須藤さんのおすすめポイント!
変形ヘキサ型によるガイラインポイントの増加によって耐風性が向上。ブラックによる直射日光の防御が素晴らしい製品です。

サイズ約510×510cm、収納サイズ:約61×18×18cm
重さ4.2kg
付属品ロープ、キャリーバッグ

タープおすすめランキングBEST3【スクリーン】

1
強風に負けないタフさで安心・快適!

コールマン(Coleman) / タフスクリーンタープ

参考価格:38,544円(税込)
カートアイコンこのタープの詳細を見る
Amazon
38,544円(税込)
楽天市場
41,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
49,800円(税込)
説明アイコン
なぜこのタープが選ばれたのか

設営しやすく風にも強い丈夫なタープ。アルミ合金製メインポールを採用することで、強風に煽られてもへっちゃらです。サークルベンチレーションシステムにより、室内の空気循環を促し居住性アップ。

▶須藤さんのおすすめポイント!

最も定番とされるスクリーンタープ。無駄のない形と機能で、スクリーンタープとしての機能を十分に満たしています。

コールマン製のテントだけでなく、社外のドームテントも一応連結できるので、冬場のキャンプにも重宝します。

サイズ使用時:約400×360×210(h)cm、収納時:約直径26×74cm
重さ約12.5kg
付属品ペグ、ハンマー、ロープ、収納ケース
2
大型メッシュパネルで広々とした空間

snow peak(スノーピーク) / ランドベース6

参考価格:135,300円(税込)
カートアイコンこのタープの詳細を見る
Amazon
135,300円(税込)
楽天市場
163,911円(税込)
Yahoo!
ショッピング
135,300円(税込)
説明アイコン
なぜこのタープが選ばれたのか

タープの構造を活かしてシェルターの居住性を最大限に引き出したこちら。大型なメッシュパネルを装備し、これまでにない広々としたスペースを実現しています。

ボトムにはスカートも付いており、冷気が入りにくい構造なのも魅力的。

▶須藤さんのおすすめポイント!
最高品質、且つ余計なものをすべて排除したシェルター。大きなスペースとさまざまな設営アレンジによって、オールシーズンで活躍します。

サイズ800×700×H240cm
重さ12.5kg
付属品自在付二又ロープ(×2)、自在付ロープ(×4)、キャリーバッグ、ポールケース、ペグケース、取扱説明書
3
リビングとして過ごせるワンルーム

DOD(ディーオーディー) / タケノコテント

参考価格:37,019円(税込)
カートアイコンこのタープの詳細を見る
Amazon
37,019円(税込)
楽天市場
69,056円(税込)
Yahoo!
ショッピング
68,900円(税込)
説明アイコン
なぜこのタープが選ばれたのか

日本人がリラックスできる環境を考えて誕生したこちら。リビングとして快適に過ごせる「ワンルーム」のようにするため、あらゆる工夫がなされています。

屋根部分には透湿性のあるポリコットンを使用。内部の結露をブロックします。全方向に配置した大型のメッシュ窓を全開すれば通気性抜群。メッシュ窓を閉めれば風の侵入が遮断され、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。

▶須藤さんのおすすめポイント!
ユニークな形で、大人数でのキャンプのときに重宝するスクリーンタープ。

サイズ450×450×H280cm
重さ22.8kg
付属品ペグ、キャリーバッグ、テントリペアシート

タープおすすめランキングBEST2【自立式】

1
独特なシルエットが開放感をもたらす

コールマン(Coleman) / パーティーシェード360

参考価格:11,636円(税込)
カートアイコンこのタープの詳細を見る
Amazon
11,636円(税込)
Yahoo!
ショッピング
21,800円(税込)
説明アイコン
なぜこのタープが選ばれたのか

グループでのアウトドアに最適なこちら。4面がアーチ状の開口部とドーム形状の屋根といった独特なシルエットは開放感をもたらすだけではなく、日陰の面積が大きく取れるような構造になっています。立って歩いてもゆとりのあるサイズ感が特徴。

▶須藤さんのおすすめポイント!
軽くて設営がラクなので、ちょっとしたデイキャンプからキャンプのメインタープ、ストレージとしても使用可能です。値段も安いので、念の為に買い足しておけるのもGOOD。

サイズ使用時:約360×360×260(h)cm、収納時:約直径23×89cm
重さ16.2kg
付属品ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバック
2
気分を盛り上げるレインボーカラー

DOD(ディーオーディー) / レインボーパーティーシェード

参考価格:13,310円(税込)
カートアイコンこのタープの詳細を見る
Yahoo!
ショッピング
13,310円(税込)
説明アイコン
なぜこのタープが選ばれたのか

気分を盛り上げるレインボーカラーの配色が特徴的なタープ。3本のポールを通して立ち上げれば簡単にリビングスペースが完成します。

足元の生地を切り上げて広くした間口や高く設定した天井は、大人数で使用しても圧迫感がなく開放的。収納時は女性が片手で運べるほどコンパクトになるため持ち運びも簡単です。

▶須藤さんのおすすめポイント!
シェードとして最低限の機能を有するシェードなので、とりあえず持っていたい場合にはコレ。

サイズ各辺400×高さ210cm
重さ5.6kg
付属品ランタンメッシュ、収納袋、ペグ、ロープ

タープおすすめランキングBEST2【ワンタッチ】

1
組立て簡単!丈夫な設計で大活躍

FIELDOOR(フィールドア) / ワンタッチタープテント

参考価格:9,504円(税込)
カートアイコンこのタープの詳細を見る
Amazon
14,400円(税込)
楽天市場
9,504円(税込)
説明アイコン
なぜこのタープが選ばれたのか

大人2人で簡単に組み立てられるタープ。強度と耐久性抜群のスチールフレームを使用しているため安心です。生地の裏面には紫外線から守るシルバーコーティングが施されており、日よけの面においても文句なし。

さらに、シーム加工を施すことにより雨の侵入も許しません。高耐水加工を施したポリエステル生地で耐水性もばっちりです。

▶須藤さんのおすすめポイント!

スチール製のフレームと、丈夫な布地でさまざまな用途に使用できるワンタッチタープ。イベントで多く使われているのも納得がいきます。

サイズ組立時:2.5×2.5×1.65m/2.37m/2.45m、収納時:約22×22×114cm
重さ12kg
付属品ロープ、ペグ、専用サイドシート(1枚)、専用収納ケース、取扱説明書(日本語・英語)
2
雨や風に強く設営も簡単なひさし型

コールマン(Coleman) / インスタントバイザーシェード/L

参考価格:10,883円(税込)
カートアイコンこのタープの詳細を見る
Amazon
10,883円(税込)
Yahoo!
ショッピング
11,990円(税込)
説明アイコン
なぜこのタープが選ばれたのか

風に強く雨や日差しが入りにくいひさし型。フレームの外まで広がったタープは遮光範囲が広く、居住空間をより快適にしてくれます。フレームには伸縮性のあるものを使用。そうすることで設営が簡単になります。

▶須藤さんのおすすめポイント!
設営がラク。値段も安く、お母さんにも優しいタープです。

サイズシェード:約300×300cm、フレーム:約250×250×260(h)cm、収納時:約直径18×118cm
重さ14kg
付属品ペグ、ロープ、収納ケース

タープの張り方で気をつけるポイント

タープの張り方は商品によって違うため、一概に「この方法で」とは言いきれません。しかし、注意すべき点はいくつかあります。須藤さんに、タープを貼るときの注意点をアドバイスしていただきました。

コメントアイコン専門家のコメント
須藤 玲央奈
代表取締役

雨と日差しを防ぐことが第一目的のタープ。正しい設営方法で設営しなければ倒壊してしまいます。

初めて使用する際には事前に取扱説明書などに目を通しておき、練習するのがいいかもしれません。


須藤さんのアドバイスを踏まえた上で、タープを貼る際に気をつけるべきポイントをモノレコ編集部でまとめてみました。

  • 風向きに注意!
    タープは風の影響を受けやすい構造になっています。崩壊する恐れがあるため、設営するときは風の影響が少ない場所を選ぶようにしましょう。

    コツとしては、風上にタープの頂点そしてその対角線上に風下が来るような位置にすること!難しいかもしれませんが、これを意識してみるといいでしょう。

  • 太陽の向きに注意!
    日よけとして活躍するタープ。しかし設置する向きを誤ると、日差しを浴びることになってしまいます。太陽の向きを見て影ができるような位置に設置するようにしましょう。

  • ペグを打つ場所に注意!
    なるべく水はけが良く凸凹のない平坦な場所を選ぶのがポイント。石などがあるゴツゴツした地面は、ペグを打つとき固定しにくくタープ自体も安定しません。

    また、川の近くなどは、増水して流される危険があるので避けましょう。

アウトドアのプロが愛用しているタープはコレ!

数多くのキャンプ経験を持っているアウトドアのプロ・須藤さんが愛用しているタープは一体どのようなものか伺ってみました!

コメントアイコン専門家のコメント
須藤 玲央奈
代表取締役

現在は販売されていませんが、愛用しているタープはCanvasCamp」の「Classic Shelter 6×9」です。

コットンラグを敷いてグラウンドスタイルで過ごすことが多い自分にとっては、ナチュラルなコットンタープが必需品。

6×9mは普通に使うには大きすぎかもしれませんが、端を垂らすことで、日差しを防いだり雨の吹込みを防いだりすることができます。

タープのおすすめ商品をまとめ表で比較

本記事で紹介したおすすめのタープを一覧表で比較!ぴったりな商品を見つけてみてください!

注目ポイント

独特な左右非対称デザインで快適性◎

耐久性良し、防水性良し、強度良し!

厚みのあるポリコットンで涼しさ抜群

強風に負けないタフさで安心・快適!

大型メッシュパネルで広々とした空間

リビングとして過ごせるワンルーム

独特なシルエットが開放感をもたらす

気分を盛り上げるレインボーカラー

組立て簡単!丈夫な設計で大活躍

雨や風に強く設営も簡単なひさし型

商品画像
商品名

UNIFLAME(ユニフレーム) / REVOタープL

snow peak(スノーピーク) / HDタープ“シールド” ヘキサ(L)

DOD(ディーオーディー) / オクラタープ(ブラック) TT8-583-BK

コールマン(Coleman) / タフスクリーンタープ

snow peak(スノーピーク) / ランドベース6

DOD(ディーオーディー) / タケノコテント

コールマン(Coleman) / パーティーシェード360

DOD(ディーオーディー) / レインボーパーティーシェード

FIELDOOR(フィールドア) / ワンタッチタープテント

コールマン(Coleman) / インスタントバイザーシェード/L

商品リンク
Amazon
24,343円(税込)
楽天市場
24,343円(税込)
Yahoo!
ショッピング
24,343円(税込)
Amazon
43,780円(税込)
楽天市場
32,780円(税込)
Yahoo!
ショッピング
33,123円(税込)
Amazon
12,768円(税込)
楽天市場
21,600円(税込)
Yahoo!
ショッピング
21,600円(税込)
Amazon
38,544円(税込)
楽天市場
41,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
49,800円(税込)
Amazon
135,300円(税込)
楽天市場
163,911円(税込)
Yahoo!
ショッピング
135,300円(税込)
Amazon
37,019円(税込)
楽天市場
69,056円(税込)
Yahoo!
ショッピング
68,900円(税込)
Amazon
11,636円(税込)
Yahoo!
ショッピング
21,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
13,310円(税込)
Amazon
14,400円(税込)
楽天市場
9,504円(税込)
Amazon
10,883円(税込)
Yahoo!
ショッピング
11,990円(税込)
サイズ収納サイズ:約72×17×15cm、使用サイズ:約520×240(h)cm80×17×22(h)cm約510×510cm、収納サイズ:約61×18×18cm使用時:約400×360×210(h)cm、収納時:約直径26×74cm800×700×H240cm450×450×H280cm使用時:約360×360×260(h)cm、収納時:約直径23×89cm各辺400×高さ210cm組立時:2.5×2.5×1.65m/2.37m/2.45m、収納時:約22×22×114cmシェード:約300×300cm、フレーム:約250×250×260(h)cm、収納時:約直径18×118cm
重さ約6.1kg3.6kg(本体、ロープ含む)4.2kg約12.5kg12.5kg22.8kg16.2kg5.6kg12kg14kg
付属品張縄、ペグ、ハンマー、ペグケース、ポールケース、収納ケース自在付ロープ(ニ又用10m×2、3m×2、2m×2)、ポールケース、ぺグケース、キャリーバッグロープ、キャリーバッグペグ、ハンマー、ロープ、収納ケース自在付二又ロープ(×2)、自在付ロープ(×4)、キャリーバッグ、ポールケース、ペグケース、取扱説明書ペグ、キャリーバッグ、テントリペアシートペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバックランタンメッシュ、収納袋、ペグ、ロープロープ、ペグ、専用サイドシート(1枚)、専用収納ケース、取扱説明書(日本語・英語)ペグ、ロープ、収納ケース

まとめ

今回はタープについて深掘りしてみました!
張り方次第で何通りもの楽しみ方ができるタープ。居心地の良い空間づくりには欠かせない存在です。理想のタープに出会って快適なキャンプをお楽しみください!


こちらの記事も合わせてチェック!

キャンプ用品おすすめ15品をアウトドア会社社長が厳選|これが揃えば初心者も大丈夫
キャンプ用品おすすめ15品をアウトドア会社社長が厳選|これが揃えば初心者も大丈夫
ハンモックおすすめ29選|室内でもキャンプでも【芸人ヒロシ厳選のグッズも紹介】
ハンモックおすすめ29選|室内でもキャンプでも【芸人ヒロシ厳選のグッズも紹介】

キャンプ用品の関連記事一覧

グッズの記事はこちら

ブランド別の記事はこちら

検索アイコン「タープ」を
もっと探したい方はこちら!
さらに他の商品を探したい方は
こちらをチェック!
まえじま
この記事のライター
まえじま
ビューティー、グルメ、ライフスタイル用品など、ジャンルを問わず執筆。お菓子の家に住むことに憧れる夢見がちな食いしん坊ライター。ファッションや美容にお金を使いすぎる傾向あり。ハマったらとことん追求するが、冷めた瞬間驚くほど興味がなくなりすべての記憶をなくしてしまう性格を治したいと思い続けて十数年。ほかにもアイドルやアニメ、動物、深海生物、古いもの、お菓子づくりなど、いろいろなことに興味津々。

ビューティー、グルメ、ライフスタイル用品など、ジャンルを問わず執筆。お菓子の家に住むことに憧れる夢見がちな食いしん坊ライター。ファッションや美容にお金を使いすぎる傾向あり。ハマったらとことん追求するが、冷めた瞬間驚くほど興味がなくなりすべての記憶をなくしてしまう性格を治したいと思い続けて十数年。ほかにもアイドルやアニメ、動物、深海生物、古いもの、お菓子づくりなど、いろいろなことに興味津々。

おうちdeモノレコ 自宅で楽しく!快適に!過ごせるおすすめ特集
この記事が気に入ったらシェアしよう!
↓↓
モノレコ by Amebaをフォローして
最新記事を受け取ろう!

あわせて読みたい

アウトドア・スポーツの新着記事

アウトドア・スポーツの人気記事ランキング

新着記事

人気記事ランキング

お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。