1. モノレコ by Ameba ホーム
  2. 生活家電
  3. 加湿器 おすすめ
  4. LOMAYA(ロマヤ)超音波式加湿器M1 Plusは口コミ通り?検証調査!

LOMAYA(ロマヤ)超音波式加湿器M1 Plusは口コミ通り?検証調査!

  • Facebookシェア
  • LINE
  • ツイート
  • はてブ
  • note

目次

CONTENTS

LOMAYA(ロマヤ)超音波式加湿器M1 Plusってどんな加湿器?

LOMAYA(ロマヤ)は加湿器をはじめ、モバイルバッテリーやヘッドホンなどのガジェットを中心に取り扱うメーカーです。

LOMAYAの商品はどれもデザインがスタイリッシュで、低価格なのが特徴です。購入者からの評価も総じて高い印象です。

Lomaya(ロマヤ) / M1 Plus

参考価格:1,280円(税込)

デスクを彩るオシャレなデザイン

Amazon
1,980円(税込)
楽天市場
1,280円(税込)
Yahoo!
ショッピング
1,980円(税込)
説明アイコン
この加湿器の説明
Lomaya(ロマヤ) / M1 Plusの画像1Lomaya(ロマヤ) / M1 Plusの画像2

まるで水筒のような、スリムでシンプルな見た目が特徴。性別問わずに使えるユニセックスなデザインです。カラーは清潔感あふれるホワイト、涼しげなブルー、可愛らしいピンクの三色展開となっています。

7色のイルミネーションが搭載されており、明かりを落とした部屋で使用すると、仕事でたまった疲れをやわらげるリラクゼーションにもなります。

操作はボタンひとつでとても簡単。水の残量を確認する窓もついていて、使い勝手に優れている加湿器です。

適用床畳数-
加湿量35mL/h
タンク容量240mL
連続加湿時間約8時間
消費電力2W
タイプ超音波式
サイズW6.2×H16.4×D6.2cm

選べる2つの噴射モード

「持続噴霧モード」と「断続噴霧モード」、2つの加湿方法を選択することができます。持続噴霧モードは4時間加湿し続け、断続噴霧モードは8時間の間、ONとOFFを繰り返します。

タイマーで自動的に加湿が止まるので、消し忘れの心配がないのは助かります。

モバイルバッテリーで使用できる

超音波加湿器は消費電力が小さいので、モバイルバッテリーに接続して使用することができます。

つまりはどんな場所にも持っていって使えるということ。パソコンやコンセントがない場所でも使用可能です。

水筒のように持ち運びしやすいサイズですので、出先で加湿したい方にもおすすめです。

LOMAYA(ロマヤ)超音波式加湿器M1 Plusの口コミは?

商品レビューを見ると、「イルミネーションがきれい」「加湿力がある」といった高評価の口コミが多く寄せられているなかに、「水がすぐになくなる」という口コミがありました。

そこで、モノレコ編集部が口コミの内容を確かめるべく、実際にLOMAYA(ロマヤ)超音波式加湿器M1 Plusを使って検証してみました。

LOMAYA(ロマヤ)超音波式加湿器M1 Plusを実際に編集部で検証!

それでは、LOMAYA(ロマヤ)超音波式加湿器M1 Plusの「加湿量」「給水のしやすさ」「音」「手入れのしやすさ」「操作性」について検証した結果をご紹介します。

【①加湿量】コンパクトなわりに加湿量は多めだが水がすぐになくなる

本体が小さいので加湿量はあまり期待していませんでしたが、実際は意外なほどパワフル。スイッチをONにしてすぐ、モクモクと大量の水蒸気が出てきました。

しかし、ここで気になったのが「水がすぐになくなる」というあの口コミ。

本体がコンパクトなので当然といえば当然ですが、タンクのなかに入る水の量は240mlと少なめ。それでいて大量の水蒸気が出てくるのですから、そのぶん空になってしまうのも早いでしょう。

実際、モノレコ編集部が使用してみたところ、3時間ちょっとでタンクの水がなくなりました。ほかの加湿器と比較しても、これは確かに水がなくなるのが早いです。

「水がすぐになくなる」という口コミは本当でした。

【②給水のしやすさ】非常に簡単

LOMAYA(ロマヤ)超音波式加湿器M1 Plusの画像

給水のやり方は、水筒とまったく同じです。フタを回して取り外し、タンクのなかに水を注ぐだけ。広口なので水の入れにくさなどは一切感じられませんでした。

本体が片手で握れるほどスリムで軽いので、水が少なくなったら手軽に水道のある場所まで持ってくことができます。

【③音】かすかに聞こえるが気にならない

耳をすませば、「スーッ」といった感じの水蒸気が出る音がかすかに聞こえます。しかし、よっぽど静かな環境でなければ気になることはないでしょう。

寝るときに枕もとで使用しても安眠を妨害することはありませんし、小さな子どもが寝ているそばで使っても大丈夫です。

【④手入れのしやすさ】手入れは簡単だが注意が必要な点もアリ

LOMAYA(ロマヤ)超音波式加湿器M1 Plusの画像

給水タンクのお手入れは、水筒を洗うのと同じように洗ってもOK。フタにはタンクから水を吸い上げるためのスティックがついており、このスティックはメーカーの指定により6ヶ月で交換が必要です。

ただし、フタの丸洗いは厳禁です。フタにはUSBケーブルを挿す穴が開いているので、そこから水が侵入すると故障の原因になります。

ちなみに、超音波式加湿器はスチーム式加湿器と比べて、雑菌やカビが発生しやすい特徴がありますので、数日に1回は加湿器の中を洗い、しっかり乾燥させましょう。

【⑤操作性】操作はボタンひとつでとても簡単

この加湿器はすべての操作をひとつのボタンでおこなうので、どなたでも簡単に扱うことができます。

ボタンを短く押すと「電源ON」、長めに押すと「イルミネーションON」といった、ボタン操作のパターンを覚えておく必要があります。

持ち運びのしやすさに関しても、不満な点は見当たりませんでした。片手で持てるスリムな加湿器なので、給水のために持ち運ぶときも一切手間がかかりません。

LOMAYA(ロマヤ)超音波式加湿器M1 Plusを検証した結果は?

今回「加湿量・給水のしやすさ・音・手入れのしやすさ・操作性」の5つの検証をおこないました。

検証した結果、3時間ほどで給水タンクの水がなくなったので、「水がすぐになるなる」という口コミは本当であるということがわかりました。長時間使用する場合は、1日に何度か水を入れることになるでしょう。

しかしそれは、コンパクトながら加湿量が多いことと引き換えであるともいえます。頻繁に給水するため、タンクの中に入っている水は常に新鮮で、雑菌やカビが発生しにくい環境となるはずです。

そのほかの検証項目に関しては、給水がしやすく、操作やお手入れも簡単、そして音も静かで、目立った弱点はありませんでした。

総合的に評価すると、卓上で使用する加湿器を探している方には、十分おすすめできる加湿器です。

Lomaya(ロマヤ) / M1 Plusの画像1
この商品を購入する方はこちらから
Amazon
1,980円(税込)
楽天市場
1,280円(税込)
Yahoo!
ショッピング
1,980円(税込)

まとめ

LOMAYA(ロマヤ)超音波式加湿器M1 Plusを実際に使って検証し、その特徴や検証結果を紹介しました。

こちらのモデルの購入を検討される際の参考にしていただけたら幸いです。

斎藤 誠
この記事のライター
斎藤 誠
あらゆる「モノ」に興味のある、好奇心旺盛な自称アウトドア派ライター。旅行・キャンプ・電化製品などに関する記事を中心に執筆しています。モノを紹介する記事の執筆が特に好きで、読んでくださった方が「これを読んでいてよかった!」と思える情報の発信を心がけています。身近な電化製品から人気のキャンプ用品まで、あなたの暮らしをより楽しく、より豊かにしてくれるアイテムをご紹介します。

あらゆる「モノ」に興味のある、好奇心旺盛な自称アウトドア派ライター。旅行・キャンプ・電化製品などに関する記事を中心に執筆しています。モノを紹介する記事の執筆が特に好きで、読んでくださった方が「これを読んでいてよかった!」と思える情報の発信を心がけています。身近な電化製品から人気のキャンプ用品まで、あなたの暮らしをより楽しく、より豊かにしてくれるアイテムをご紹介します。

他の商品の口コミ・評判を見る

この商品が紹介されている記事

おうちdeモノレコ 自宅で楽しく!快適に!過ごせるおすすめ特集
この記事が気に入ったらシェアしよう!
↓↓
モノレコ by Amebaをフォローして
最新記事を受け取ろう!
お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。

お知らせアイコン口コミ・アンケート調査について

・掲載内容に関して
当社の口コミ内容は、ページ内で紹介している商品を実際に使用したことがある方にアンケート調査を実施し、そこから得た口コミ内容を掲載しています。

当社の口コミやアンケート調査は、ページ内で紹介している商品を実際に使用したことがある方にアンケートを取り、その内容を掲載しています。
・調査主体者:モノレコ by Ameba
・集計期間:2018年12月6日~2020年02月14日
・調査方法:クラウドソーシングサイト Crowd Works

・口コミの取得方法に関して
該当の商品写真を添付してもらうなどして実際に使用しているかの確認ほか、応募対象者として適切か判断するためのプロフィール確認、二重回答を防ぐためのIDチェックをすべて有人でおこなう体制をとっています。 また、使用感などが曖昧な口コミに関してはユーザーに直接確認や質問をする対応をしています。

・掲載作業に関して
集計した口コミは、歪曲せず極度な誤字脱字のみを修正したものをそのまま掲載しています。極度な誤字脱字の修正は、回答者への許諾をとっています。

・「編集部Pick Up!」に関して
口コミの評価が高いか低いかに関わらず、編集部が独自に参考になった口コミを選んで掲載しています。