1. モノレコ by Ameba ホーム
  2. PC・スマホ・通信機器
  3. デスクトップパソコンおすすめ10選【2020年版種類別ランキング】選び方付き

デスクトップパソコンおすすめ10選【2020年版種類別ランキング】選び方付き

  • Facebookシェア
  • LINE
  • ツイート
  • はてブ
  • note

目次

CONTENTS
鉛筆アイコンこの記事を監修した専門家
ジャイアン鈴木のプロフィール画像
ジャイアン鈴木
物欲ライター

大学在学中にアルバイトとしてアスキーに入社。EYE-COM、TECH Win、TECH GIAN、PDA Magazine、DIGITAL CHOICE、ログイン、週刊アスキー、週アスPLUSと主にPC系メディアで活動。2015年1月よりフリーランスとして活動を開始。パソコン、スマートフォン、VR、ドローンなどを中心にレビュー記事を書き、高確率で自腹購入している物欲系ライター。

大学在学中にアルバイトとしてアスキーに入社。EYE-COM、TECH Win、TECH GIAN、PDA Magazine、DIGITAL CHOICE、ログイン、週刊アスキー、週アスPLUSと主にPC系メディアで活動。2015年1月よりフリーランスとして活動を開始。パソコン、スマートフォン、VR、ドローンなどを中心にレビュー記事を書き、高確率で自腹購入している物欲系ライター。

デスクトップパソコンのメリット・デメリット

デスクトップパソコンの画像

デスクトップパソコンとはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。物欲系ライターとして活躍しているジャイアン鈴木さんに解説していただきました。

デスクトップパソコンのメリット

デスクトップパソコンはケースが大きく、容量の大きな電源ユニットが使われているので、ノートパソコンより高性能なCPUとグラフィックボードを搭載可能です。

計算能力が高い、グラフィック描画性能が高いというのがデスクトップパソコン最大のメリットです。

また、デスクトップパソコンは基本的にすべてのパーツを自分で交換できるため、購入後に自分でメモリーやストレージを増やしたり、より高性能なグラフィックボードに交換できるという拡張性もあります。

デスクトップパソコンのデメリット

デスクトップパソコンには、モニター一体型、タワー型、スティック型とさまざまな種類がありますが、スティック型を除けば、大きく、そして重い、というデメリットがあります。

ノートパソコンのように携帯することはできませんし、オフィスや自宅でちょっと移動するのもひと苦労。また、デスクトップパソコンはバッテリーを内蔵していないため、停電したりブレーカーが落ちて電源の供給が失われると、いきなりシャットダウンしてしまいます。

この場合、保存していないデータが失われることはもちろんのこと、ハードディスクが壊れる可能性もあります。このような事故を避けるためには、停電後も一定時間電源を供給する「無停電電源装置」を用意することが好ましいです。

デスクトップパソコンの選び方

続いて、デスクトップパソコンを選ぶ際に気を付けるポイントを3つ、ジャイアン鈴木さんが解説します。

①ストレージ

パソコンで使われているストレージは、主にSSD(ソリッドステートドライブ)とHDD(ハードディスクドライブ)の2種類に分けられます。

SSDは、フラッシュメモリにデータを記録する記憶装置で読み書き速度が速いものの、HDDより高価です。

HDDは、磁性体を塗布した円盤にデータを記録する記憶装置で読み書き速度が遅いものの、SSDより安価です。

HDDのみを搭載する低価格なデスクトップパソコンも販売されていますが、OSやアプリケーションを保存するシステムドライブにSSDを、写真や動画などの各種データを保存するデータドライブにHDDを採用したツインドライブ構成のモデルがおすすめです。

容量はSSDが256GB以上、HDDが2TB以上あれば、しばらくはストレージを増設する必要はないはずです。

②メモリー容量

パソコンは、OS、アプリ、データをストレージからメモリーに読み込んで動いています。

メモリー容量が多いほどストレージへの読み書きが減るので、パソコンの処理速度が向上します。

2019年時点のWindows 10を利用する場合、一般的な用途であれば、最低8GB、推奨16GB、4K動画や高解像度の画像を編集するなら32GBのメモリーを搭載していることが望ましいです。

③CPU

現在のパソコンにはインテルとAMDというメーカーのCPUが採用されています。両社から数多くの製品がリリースされていますが、まずはコア数に注目しましょう。

コア数が多いほど、同時に処理できる命令が多くなるので、結果的に処理速度が速くなります。

デスクトップパソコンであれば6コアまたは8コア以上のCPUであれば、動画や画像編集などの作業も快適に処理できるでしょう。

デスクトップパソコンの種類を知っておこう!

タワー型デスクトップパソコンの画像

デスクトップパソコンと一概にいっても、モニター一体型ゲーミング型タワー型スティック型といろいろな種類があります。

そこで、デスクトップパソコンの種類とその特徴について、ジャイアン鈴木さんが解説します。

①モニター一体型

モニターのなかにパソコンを構成する部品がすべて内蔵されたデスクトップパソコンがモニター一体型です。

モニターとほぼ同じ広さに設置できるという省スペース性が最大の売りです。ただし、ノートパソコンのようにバッテリーは内蔵されていません。

スマートに設置できるのは魅力ですが、CPUやグラフィックボードなどのパーツを交換できない(例外もあります)という拡張性の低さが弱点です。

②ゲーミング型

最新ゲームのハイクオリティーな3Dグラフィックを滑らかに表示するため、高性能なCPUとグラフィックボードが採用されているのがゲーミング型デスクトップパソコンです。

エンターテイメント向けということで、カラーが派手で、光り方をユーザーが設定できるLEDが内蔵されているモデルも多く発売されています。

最近では、eスポーツ大会に持っていくために、コンパクトなミニタワー型にも人気が集まっています。

③タワー型

デスクトップパソコンの中で最もスタンダードなのがタワー型です。さらにケースのサイズによって、フルタワー型、ミニタワー型、スリム型と種類が分かれています。

ケースが大きいフルタワー型は、より多くのパーツを搭載でき、内部が広いので装着や交換も容易にできます。スリム型でもパーツの追加、交換は可能ですが、スペース的に利用できるパーツが限られます。

なお、タワー型のなかには、価格を下げるためにグラフィックボードを省略したモデルもあります。

④スティック型

スティック型は、手のひらサイズの非常にコンパクトなデスクトップパソコン。ディスプレイやテレビのHDMI端子に直接挿して使用します。

ズボンの前ポケットにも入る小型・軽量ボディーが最大の売りですが、処理性能はかなり低く、オフィスアプリケーションを使っていても、もたつきを感じます。

リビングのテレビをテレビパソコン化したり、大型ディスプレイをデジタルサイネージ化するなど特殊用途のためのデスクトップパソコンと言えます。

デスクトップパソコンおすすめ10選|ガジェットに強い物欲系ライターが厳選

デスクトップパソコンの画像

続いては、ジャイアン鈴木さんがおすすめするデスクトップパソコンをランキングで紹介。商品の特徴も説明していただきました!

どのデスクトップパソコンを購入すれば良いか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

デスクトップパソコンおすすめランキングTOP3【モニター一体型】

まずは、モニター一体型デスクトップパソコンから!

モニター一体型デスクトップパソコンは、パソコンを構成する部品が内蔵されているため、あまりスペースを取らないのが魅力。

あまりスペースを取りたくない、部屋の雰囲気に干渉させたくないと思っている方は必見です!

1

Apple(アップル) / iMac Retina 5Kディスプレイモデル

参考価格:218,680円(税込)
シンプルデザインでメモリ増設も簡単
シンプルデザインでメモリ増設も簡単
Amazon
218,680円(税込)
楽天市場
289,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
276,450円(税込)
説明アイコン
なぜこのデスクトップパソコンが選ばれたのか

5120×2880ドットの5Kディスプレイを搭載したデスクトップパソコンです。このディスプレイはアメリカの映画会社で構成される業界団体Digital Cinema Initiativesが定めた広色域規格「P3」に対応しており、鮮やかかつ正確な色で映像などを楽しめます。

CPUは「Core i5」と最新の世代ではないですが、6コアなので動画編集などに使えるぐらい処理速度は速いです。メモリーが8GBしか搭載されていませんが、裏側の「メモリコンパートメントドア」を開くだけで交換可能です。

種類モニター型
質量9.42 kg
CPUインテル® Core™ i5 プロセッサー
メモリ容量8GB
ストレージ容量1TB Fusion Drive
2

ASUS(エイスース) / Zen AiO 27 Z272SD

参考価格:151,811円(税込)
3Dゲームにも使えて描画力抜群
3Dゲームにも使えて描画力抜群
Amazon
151,811円(税込)
楽天市場
151,811円(税込)
Yahoo!
ショッピング
173,500円(税込)
説明アイコン
なぜこのデスクトップパソコンが選ばれたのか

512GBのSSD、2TBのHDDをデュアルで搭載し、ストレージの容量は十分。グラフィックボードには多くの3Dゲームと相性のいいNVIDIA製「GeForceGTX 1050」が搭載されています。

周辺機器を接続するためのインターフェースが豊富に用意されており、SDメモリーカードリーダーがスタンド前面にあるので使い勝手がいいのもポイント。また、HDMI入力端子が装備されており、PS4などのゲーム機やレコーダーなどを接続して、ディスプレイとしても利用可能です。

種類モニター型
質量約11kg
CPUインテル® Core™ i7-8700T プロセッサー
メモリ容量16GB
ストレージ容量SSD 512GB/HDD 2TB
3

富士通 / FMV ESPRIMO FH-X/D2 FMVFXD2B

参考価格:184,200円(税込)
1台で2役のテレビパソコン
1台で2役のテレビパソコン
Amazon
184,200円(税込)
楽天市場
189,830円(税込)
Yahoo!
ショッピング
196,300円(税込)
説明アイコン
なぜこのデスクトップパソコンが選ばれたのか

2018年12月に放送を開始した新BS4K、110度CS4K放送を視聴、録画できる「テレビパソコン」。パソコンとテレビを1台にまとめたいという方にはもってこいの1台です。

ストレージは、3TBのHDDに、その読み書きを高速化する「16GBOptaneメモリ」が組み合わされており、大容量と高速な読み書き速度を両立しています。

また、標準で「Office Home and Business 2019」が同梱されているので、オフィスアプリを別途購入する必要がないのもポイント。

種類モニター型
質量約12.9kg
CPUインテル® Core™ i7-9750H プロセッサー
メモリ容量8GB
ストレージ容量インテル Optane メモリー 約16GB/HDD 約3TB

デスクトップパソコンおすすめランキングTOP3【ゲーミング型】

続いては、ゲーミング型デスクトップパソコン

多面的なケースやきらびやかなLEDなどスタイリッシュなデザインが最大の魅力。パソコンでゲームをする人は、ぜひ参考にしてみてください!

1

MSI(エムエスアイ) / Infinite X Plus 9SF-289JP

参考価格:427,805円(税込)
最新3Dゲームを最高品質で堪能
最新3Dゲームを最高品質で堪能
Amazon
540,400円(税込)
Yahoo!
ショッピング
427,805円(税込)
説明アイコン
なぜこのデスクトップパソコンが選ばれたのか

インテルの8コアCPU「Corei9-9900K」と、光の反射を再現するリアルタイムレイトレーシング対応NVIDIA製グラフィックボード「GeForce RTX 2080 Ti」を組み合わせたハイスペックモデル。

CPUを冷やすクーラーには「簡易水冷」が採用されており、高負荷時にも効率的に冷却され、動作音も比較的低いのが特徴。最新3Dゲームを最高品質で堪能できるマシンです。

種類ゲーミング型
質量12kg
CPUインテル® Core™ i9-9900K プロセッサー
メモリ容量32GB
ストレージ容量SSD 512GB/HDD 2TB
2

ASUS(エイスース) / ROG Strix GL10DH

参考価格:204,960円(税込)
コストパフォーマンスが絶妙なモデル
コストパフォーマンスが絶妙なモデル
Amazon
204,960円(税込)
楽天市場
219,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
271,150円(税込)
説明アイコン
なぜこのデスクトップパソコンが選ばれたのか

AMDの8コアCPU「Ryzen 7 3800X」とNVIDIAのリアルタイムレイトレーシング対応グラフィックボード「GeForce RTX 2070」を組み合わせた、コストパフォーマンスが絶妙なモデル。

手ごろな価格を重視したモデルですが、ウルトラ設定の「PUBG」で141フレーム/秒、エピック設定の「Fornite」で176フレーム/秒で動作可能とパフォーマンスは十二分にあります。PCの前面と内部を好みのLED色で彩る「Aura Sync」も楽しい機能です。

種類ゲーミング型
質量約8.5kg
CPUAMD Ryzen™ 7 3800X プロセッサー
メモリ容量16GB
ストレージ容量SSD 512GB
3

Acer(エイサー) / N50-600-A58QG/G65 (Nitro 50)

参考価格:116,500円(税込)
コストパフォーマンスを追求する方に
コストパフォーマンスを追求する方に
Amazon
216,530円(税込)
楽天市場
134,652円(税込)
Yahoo!
ショッピング
116,500円(税込)
説明アイコン
なぜこのデスクトップパソコンが選ばれたのか

さらにコストパフォーマンスを追求するなら本製品がおすすめ。6コアCPU「Core i5-9400F」に、エントリー向けグラフィックボード「GeForce GTX 1650」を組み合わせ、税込み12万円前後の低価格を実現。

安価ですが、128GBのSSDと1TBのHDDを搭載しており、ストレージの読み書き速度が重要なゲームはSSDにインストールできます。光学ドライブを縦置きで搭載しているので、設置面積は164×381mmと比較的コンパクト。

種類ゲーミング型
質量約7kg
CPUインテル® Core™ i5-9400F プロセッサー
メモリ容量8GB(最大64GB)
ストレージ容量SSD 128GB/HDD 1TB

デスクトップパソコンおすすめランキングTOP3【タワー型】

続いて、一般的なデスクトップパソコンとして知られているモニターが別になったタワー型デスクトップパソコンのおすすめをご紹介します。

1

MSI(エムエスアイ) / Trident X Plus 9SE-093JP

参考価格:437,590円(税込)
小型かつ軽量でハイスペック
小型かつ軽量でハイスペック
Amazon
469,010円(税込)
Yahoo!
ショッピング
437,590円(税込)
説明アイコン
なぜこのデスクトップパソコンが選ばれたのか

シリーズ的にはゲーミング型ですが、インテルの8コアCPU「Core i9-9900K」と、リアルタイムレイトレーシング対応NVIDIA製グラフィックボード「GeForce RTX 2080」を組み合わせながらも、本体サイズが約130×383×396mm、重量が約6.55kgと比較的小型・軽量に仕上げられているのがこちら。

強化ガラス製サイドパネルからはRGB LEDで彩られた空冷ファンが覗けて、ハイパフォーマンスを予感させるデザインです。

種類ゲーミング型
質量6.55kg
CPUインテル® Core™ i9-9900K プロセッサー
メモリ容量32GB
ストレージ容量SSD 512GB/HDD 2TB
2

ASUS(エイスース) / PRO D640MB

参考価格:64,800円(税込)
大容量SSDを搭載した低価格モデル
大容量SSDを搭載した低価格モデル
Amazon
76,800円(税込)
楽天市場
64,800円(税込)
説明アイコン
なぜこのデスクトップパソコンが選ばれたのか

ビジネス向けのスタンダードなデザインのタワー型デスクトップパソコン。インテルの6コアCPU「Core i5-9400」を採用しつつ、グラフィックボードを非搭載とすることで、512GB SSD搭載モデルで税込み7万円台の低価格を実現しています。

内部の拡張スロット(PCI Express 3.0x16スロット)が空いており、グラフィックボードを増設可能。ただし、消費電力の高い高性能なグラフィックボードを装着する際は、電源ユニットを交換する必要があるので要注意。

種類タワー型
質量約8.5kg
CPUインテル® Core™ i5-9400 プロセッサー
メモリ容量8GB
ストレージ容量SSD 512GB
3

Intel(インテル) / NUC Mini PC - NUC8i3BEHFA

参考価格:55,111円(税込)
4×4インチのコンパクトパソコン
4×4インチのコンパクトパソコン
Amazon
55,111円(税込)
楽天市場
88,210円(税込)
説明アイコン
なぜこのデスクトップパソコンが選ばれたのか

インテルが推奨する4×4インチ(約10×10cm)の超小型デスクトップパソコン。CPUに「Core i3-8109U」を採用し、メモリーは4GBを搭載。

ストレージは1TBのHDDに、16GBのインテルOptaneメモリが組み合わされており、読み書き速度が高速です。映像周辺機器の国際標準規格(VESA規格)に対応しているディスプレイの背面に固定すれば、モニター一体型のように利用できます。

種類スティック型
質量600 g
CPUインテル® Core™ i3-8109U プロセッサー
メモリ容量4GB
ストレージ容量SSD 16GB/HDD 1TB

デスクトップパソコンおすすめアイテム【スティック型】

スティック型デスクトップパソコンは機種こそ少ないものの、持ち運びできるというのが非常にうれしいポイント。

サイズの関係上、どうしても機能性には妥協せざるを得ない部分も多いですが、ここでは実用としておすすめできるアイテムをご紹介します。

Intel(インテル) / Compute Stick STK2m3W64CC

参考価格:62,765円(税込)
小さくても機能性は充分!
小さくても機能性は充分!
Amazon
64,480円(税込)
楽天市場
62,765円(税込)
Yahoo!
ショッピング
86,240円(税込)
説明アイコン
なぜこのデスクトップパソコンが選ばれたのか

スティック型のデスクトップパソコンで、唯一インテルの2コアCPU「Core m3-6Y30」を採用したのがこちら。2016年に発売された製品ですが、いまでもスティック型で最も処理性能が高いです。

また、メモリーは4GB、ストレージは64GB搭載しており、比較的運用しやすくなっています。なお、スティック型のなかにはストレージが32GBのモデルもありますが、アプリやデータを厳選して保存していても、ストレージの残り容量が足らずにOSをアップデートできないことがあります。

ストレージが32GBのスティック型は、よほど知識がある方以外は購入を避けたほうがいいでしょう。

種類スティック型
質量不明
CPUインテル® Core™ m3 6Y30 プロセッサー
メモリ容量4GB
ストレージ容量64GB eMMC

デスクトップパソコンのおすすめ商品をまとめ表で比較

本記事で紹介したおすすめのデスクトップパソコンを一覧表で比較!ぴったりな商品を見つけてみてください!

注目ポイント

シンプルデザインでメモリ増設も簡単

3Dゲームにも使えて描画力抜群

1台で2役のテレビパソコン

最新3Dゲームを最高品質で堪能

コストパフォーマンスが絶妙なモデル

コストパフォーマンスを追求する方に

小型かつ軽量でハイスペック

大容量SSDを搭載した低価格モデル

4×4インチのコンパクトパソコン

小さくても機能性は充分!

商品画像
商品名

Apple(アップル) / iMac Retina 5Kディスプレイモデル

ASUS(エイスース) / Zen AiO 27 Z272SD

富士通 / FMV ESPRIMO FH-X/D2 FMVFXD2B

MSI(エムエスアイ) / Infinite X Plus 9SF-289JP

ASUS(エイスース) / ROG Strix GL10DH

Acer(エイサー) / N50-600-A58QG/G65 (Nitro 50)

MSI(エムエスアイ) / Trident X Plus 9SE-093JP

ASUS(エイスース) / PRO D640MB

Intel(インテル) / NUC Mini PC - NUC8i3BEHFA

Intel(インテル) / Compute Stick STK2m3W64CC

商品リンク
Amazon
218,680円(税込)
楽天市場
289,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
276,450円(税込)
Amazon
151,811円(税込)
楽天市場
151,811円(税込)
Yahoo!
ショッピング
173,500円(税込)
Amazon
184,200円(税込)
楽天市場
189,830円(税込)
Yahoo!
ショッピング
196,300円(税込)
Amazon
540,400円(税込)
Yahoo!
ショッピング
427,805円(税込)
Amazon
204,960円(税込)
楽天市場
219,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
271,150円(税込)
Amazon
216,530円(税込)
楽天市場
134,652円(税込)
Yahoo!
ショッピング
116,500円(税込)
Amazon
469,010円(税込)
Yahoo!
ショッピング
437,590円(税込)
Amazon
76,800円(税込)
楽天市場
64,800円(税込)
Amazon
55,111円(税込)
楽天市場
88,210円(税込)
Amazon
64,480円(税込)
楽天市場
62,765円(税込)
Yahoo!
ショッピング
86,240円(税込)
種類モニター型モニター型モニター型ゲーミング型ゲーミング型ゲーミング型ゲーミング型タワー型スティック型スティック型
質量9.42 kg約11kg約12.9kg12kg約8.5kg約7kg6.55kg約8.5kg600 g不明
CPUインテル® Core™ i5 プロセッサーインテル® Core™ i7-8700T プロセッサーインテル® Core™ i7-9750H プロセッサーインテル® Core™ i9-9900K プロセッサーAMD Ryzen™ 7 3800X プロセッサーインテル® Core™ i5-9400F プロセッサーインテル® Core™ i9-9900K プロセッサーインテル® Core™ i5-9400 プロセッサーインテル® Core™ i3-8109U プロセッサーインテル® Core™ m3 6Y30 プロセッサー
メモリ容量8GB16GB8GB32GB16GB8GB(最大64GB)32GB8GB4GB4GB
ストレージ容量1TB Fusion DriveSSD 512GB/HDD 2TBインテル Optane メモリー 約16GB/HDD 約3TBSSD 512GB/HDD 2TBSSD 512GBSSD 128GB/HDD 1TBSSD 512GB/HDD 2TBSSD 512GBSSD 16GB/HDD 1TB64GB eMMC

まとめ

個人用のパソコンとしてノートパソコンがかなり一般的になってきましたが、デスクトップパソコンは今なお人気。その理由は、ノートパソコンにはない高い性能とカスタマイズ性にあるといえるでしょう。

日ごろから大切に扱っていればノートパソコンよりも長持ちする可能性もあるため、コストパフォーマンスなどから考えても購入する価値は十分。ぜひ次の1台としてデスクトップパソコンを購入する参考にしてください。

パソコン周辺機器の関連記事一覧

グッズの記事はこちら

キーボードの記事はこちら

マウスの記事はこちら

パソコンの記事はこちら

その他の記事はこちら

検索アイコン「デスクトップパソコン」を
もっと探したい方はこちら!
さらに他の商品を探したい方は
こちらをチェック!
やまもとまどか
この記事のライター
やまもとまどか
2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。 SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。 その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。

2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。
SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。
その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。

おうちdeモノレコ 自宅で楽しく!快適に!過ごせるおすすめ特集
この記事が気に入ったらシェアしよう!
↓↓
モノレコ by Amebaをフォローして
最新記事を受け取ろう!

あわせて読みたい

PC・スマホ・通信機器の新着記事

PC・スマホ・通信機器の人気記事ランキング

新着記事

人気記事ランキング

お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。