1. モノレコ by Ameba ホーム
  2. 生活家電
  3. スチームアイロンおすすめ15選【編集部の比較検証をもとに徹底解説!】

スチームアイロンおすすめ15選【編集部の比較検証をもとに徹底解説!】

1,072,491 view
  • Facebookシェア
  • LINE
  • ツイート
  • はてブ
  • note

目次

CONTENTS

スチームアイロンおすすめ一覧

今回紹介するスチームアイロンはこちら!

※この表で使用されている商品画像は同記事内で引用しています。

スチームアイロン一覧の画像

今すぐスチームアイロンを見る

スチームアイロンとドライアイロンの違い

アイロンには大きく分けて2つの種類があります。ドライアイロンとスチームアイロンです。

ドライアイロンは、高温の熱と圧力を使ってシワを伸ばし、パリっとした張りのある仕上がりになるのが特徴です。

高温の熱と圧力に加えて、スチームを衣類に噴射してシワを伸ばすのがスチームアイロンです。かけ面の孔からスチームを出して、一度繊維を柔らかくしてから、熱と圧力をかけるので、ドライアイロンよりシワが伸びやすくなります。

どちらも基本的にはアイロン台を使い、アイロンの重みと手でシワを伸ばします。また、スチームアイロンのスチームには、除菌・脱臭の効果もあるのが特徴です。

スチームアイロンの種類とメリット・デメリットを紹介

アイロンの種類には、大きく2つあることが分かりました。

現在主流なのは、スチームを使ってしっかりシワを伸ばすスチームアイロンですが、このスチームアイロンには大きく3つのタイプが存在します。

  • ハンガーにかけたまま使うタイプ
  • アイロン台を使うタイプ
  • どちらも使える兼用タイプ

ハンガーにかけたまま手軽に使えるタイプとアイロン台を使ってしっかり伸ばすタイプ、そしてどちらの使い方もできる兼用タイプの3つです。

スチームを使ってアイロンがけする点は、どれも共通するポイントですが、重さやかけ面の面積など、各タイプによって特徴が異なります。

ここでは、上記の3つのタイプそれぞれの特徴とメリット・デメリットを解説します。

ハンガーにかけたまま使うタイプ

ハンガーにかけたまま使うタイプは、衣類スチーマーやハンディアイロンとも呼ばれます。他のタイプと異なり、衣類に密着しないでスチームのみでアイロンがけするのが特徴です。したがって、アイロン台を必要としません!

本体が軽く、手軽に使えるモデルが多いのでお出かけ前などにササっとシワを伸ばすのに向いています。

また、スチームにはシワを伸ばすだけではなく、除菌・消臭の効果もあるため、洗濯しずらいスーツやおしゃれ着を清潔にケアすることができます。

メリット
  • ハンガーにかけたまま使える
  • 本体が軽く手軽に使うことができる
  • 除菌・消臭ケアになる
  • 立ち上がりが早い
デメリット
  • しっかりとシワを伸ばすには不向き
  • 一度にシワ伸ばしできる部分が狭い
  • 水を足す頻度が多い

アイロン台を使うタイプ

アイロン台を使うタイプは、アイロン台の上に衣類を置いてプレスする一般的な方法で使用します。スチームアイロンの中では、最も主流かつ、最もしっかりとした折り目やアイロンがけをすることができます。

「ハンガーショット」という、ハンガーにかけた衣類にスチームを噴出してアイロンがけができる機能が付いたモデルもありますが、本体の大きさや重さがかなりあるため、メインの用途はあくまでアイロン台でのアイロンがけとなります。

メリット
  • しっかりシワを伸ばすことができる
  • 折り目やプリーツをつけることができる
  • 安価で購入しやすい
  • 種類が豊富
デメリット
  • アイロン台が必須
  • 立ち上がりにやや時間がかかる

どちらも使える兼用タイプ

ハンガーにかけたままでも、アイロン台を使用しても、その両方でアイロンがけをできるのが兼用タイプです。

アイロン台を使うタイプから、重量や大きさなどを引いて、スチームの量や威力を足しているのが特徴です。

「普段はしっかりアイロンがけしたいけど、忙しい時はサッと済ませたい」という方におすすめです。

他の2つのタイプの良いとこ取りのように見えますが、ハンガーにかけたまま使うにはやや重さがあり、アイロン台で使うにはやや面積が小さいなど、用途が特化しているものより、使い勝手や性能不足を感じやすいです。

とはいうものの、2通りの使用ができるのは兼用タイプの大きなメリットです。

メリット
  • ハンガーにかけたまま使える
  • アイロンを手軽にかけることも、しっかりかけることもできる
  • ライフスタイルの変化に対応できる
  • 比較的コンパクト
デメリット
  • 値段が高め
  • かけ面の面積が狭い
  • ハンガーがけにはやや重い

スチームアイロンの選び方

スチームアイロンのタイプと仕組みはわかったけど、実際どういう所を見て選べばいいのかわからないという方も多いでしょう。

スチームアイロンの性能は、立ち上がり時間や設定可能温度、スチーム量によって変わってきます。また、重さや握りやすさ、かけ面の素材などの使用感もスチームアイロンを選ぶうえで欠かせません。

ここでは、スチームアイロンを選ぶ際にどのような箇所を見ればいいのか機能面・使用感に分けて解説いたします。

普段どのような種類の洋服にアイロンがけをするかを考え、選ぶポイントを見つけてみましょう。

まずは機能面をチェック

まず、設定可能温度やスチーム量など、基本的な機能は十分かチェックしましょう。

ほかにも、コードレスでつかえるかや安全装置はついているかなど、意外と見落としがちなポイントもあります。

ここからは、選ぶ際に、最低限確認したい機能面のポイントを解説いたします。どのような機能が、自身の用途に役立つか考えながらチェックしましょう。

スチーム量は十分に出るか

スチームの量が多く、かけ面から広範囲に射出できるものがシワ伸ばしに有効です。目安は製品性能に書かれている○g/分という数値。

しっかり仕上げたい場合は10g以上がおすすめです。


また、タンク容量が大きいほど当然スチームは長持ちしますが、本体サイズと重さが増すため、アイロンがけそのものに負担がかかってきます。自分の用途を考えチェックしましょう。

設定できる温度をチェック

洋服の素材によって、アイロンがけに適した温度は異なります。適した温度でアイロンがけをしないとシワが伸びづらかったり、テカリが発生してしまったりしてしまうからです。

少なくともアイロンの温度が、低(80〜120℃)・中(140〜160℃)・高(180〜210℃)で分かれているものを選びましょう。

温度ごとに適した素材をまとめたので、自分がどのような素材の服によくアイロンがけするのか確認してみましょう。

温度素材
低(80〜120℃)シルク・アクリル・ポリウレタンなど
中(140〜160℃)ポリエステル・フリース・ナイロンなど
高(180〜210℃)綿・麻・レーヨンなど

洋服に適した温度は、基本的に洋服のタグなどに記載されているので、アイロンがけの際は一度確認するのをおすすめします。

コード付きかコードレスか

コードレスは言うまでもなく、コードの煩わしさから解放されることがメリットです。

しかし、コード付きの方が一度に長時間アイロンがけができる上に軽量で本体価格も抑えられます

コードレスは、専用の台で数分おきに蓄熱する必要があり、本体重量が蓄熱用の金属部分やバッテリー分重くなってしまうためです。

ただ最近はコードレスでも長時間使えるモデルが増えているので、一度にそこまで大量にかけないという方は、コードレスモデルを選んでも大丈夫でしょう。

立ち上がり時間と連続使用時間

スチームアイロンの立ち上がり時間は、30秒~120秒ほどです。忙しい時、さっとアイロンがけするためにも、なるべく早く立ち上がるものを選びましょう。

また、立ち上がりが早くても連続で使用出来る時間が短いと本末転倒です。コード付きのものは、立ち上がったらずっと連続使用が可能ですが、コードレスアイロンだと基本的に、大体約2分おきには蓄熱が必要になってしまいます。

専用の台に小まめに置いて蓄熱する動作が煩わしいと感じる方は、自身の用途がその連続時間内で十分なのか確認しましょう。

自動安全装置はあるか

スチームアイロンは、その特性上、電源が付いているかどうか見た目だけではわかりにくいです。また、安いモデルは電源の自動オフ機能が未搭載なものが多いです

うっかり衣類に乗せたままにしてしまったり、電源をオフにしていなかったりすると、火傷のみならず最悪の場合火事になってしまいます。

とくに小さなお子さんがいるご家庭では、その点に注意した方がいいでしょう。

コードレスの方が「いつかはエネルギー切れになる」という点では安全です。

使用感も忘れずに

便利な機能をあれこれ選ぶのも大切ですが、実際にその機能を持て余してしまっては意味がありません。大事なのは自分にとって十分な機能で、使いやすいということです。

高機能のスチームアイロンを購入したが、実際にその半分の機能も使わなかったり、滑り心地抜群のかけ面を選んだけど、大容量のタンクが思っていたより重く疲れてしまったりなど、使い心地と機能の豊富さは比例しません。

ここからは、実際に自分が使うときに、使いずらい・必要ない機能だったと感じないように、最低限チェックすべき使用面のポイントをご紹介いたします。ぜひ参考にしてください。

重量

一度に長くアイロンがけをする必要がある場合は、タンク容量の大きいモデルがいいですが、水がたくさん入るということは当然本体が重たくなります。

また、コードレスの方が取り回しはラクでもコード付きモデルに比べて重たくなる傾向があります。

軽ければ軽いほどアイロンがけの疲労は少なくなりますが、アイロンは重い方がプレスをかけやすく、しわを伸ばしやすいといったメリットもあります。

軽いほど良いハンガーにかけて使うタイプ以外は、疲れにくさかシワの伸びやすさか、どちらを優先するか選びましょう。

握りやすさ

アイロンがけをする際は、握りやすさも需要なポイントとなります。

四方様々な方向にシワを伸ばすので、使用する際の握りやすさは、そのまま快適な使用感につながります。

実際に家電量販店で実物を触ってみるのも一つの手です。

かけ面

かけ面の素材によって耐久性や滑りやすさで影響が出ます。

長い目で見れば、かけ面にコストをかけた方が結果的に一台を長く使えることとなりますし、滑りやすい素材のかけ面だとシワを伸ばすのがスムーズになります。

かけ面に使われる素材の特徴をまとめたので参考にしてください!

  • フッ素系…安価だが滑らかさにかけ、傷がつきやすい。
  • チタン系…耐久性・滑らかさを兼ね備えつつ価格は抑えられている。
  • セラミック系…耐久性・滑らかさについてもっとも優れているが本体価格が高め。
  • その他の素材…Panasonicのニッケルコーティング、T-fal(ティファール)のエナメル素材ダブルコーティングなど企業独自のもの。

水垂れはしないか

また、アイロンをかけているときにはスチームが出ますが、スチームが液体ではなく、しっかり蒸気として出ているか確認しましょう。

水が垂れると水染みになりますし、高温の水なので、万が一、手などにかかると火傷の恐れもあります。

「ハンガーショット」などでスチームを出す際の水垂れもチェックしておくと良いでしょう。

スチームアイロンおすすめ15選|ワイシャツのシワ取り名人はどれ?

今回は編集部が11台のスチームアイロンをピックアップし、「3日間圧縮袋に入れてシワクチャになったワイシャツをハンガーにかけた状態」で実際に試してみました。

また、注目の新作の中からスチームアイロン4台を厳選して紹介しています。

今回の検証ポイントは以下の5点です。

【スタンバイ速度】←手早さにかかわるところ
【スチーム威力】←強いからといってシワが伸びるとは限りません
【水満タン時の重さ】←持ち手への負荷にかかわるところ
【持ちやすさ】←持ちっぱなしのハンガーがけには重要な要素
【結果】←シワが取れたかどうか

まずはいきなり&ざっくりまとめを発表!

※三ツ星評価です
※商品それぞれのレポートでは「水満タン時の重さ」と「持ちやすさ」を「使用感」としてまとめています
※スタンバイ速度については「実際にシワ取りが開始できるまで」を編集部が実測しており、公式公表数値と異なる場合があります

[担当者:標準的な身長・手のサイズの女性1名]

スタンバイ速度スチーム威力水満タン時の重さ持ちやすさ結果
T-fal DV9000JO約1分10秒★★★やや重め
good
soso
T-fal(ティファール) アクセススチーム約36秒★★★重め
soso
verygood
TWINBIRDハンディアイロン&スチーマーSA-4097約32秒★★★やや重め
verygood
verygood
TWINBIRDハンディアイロン&スチーマー SA-4084
約35秒★★★やや重め
good
verygood
日立CSI-RX1約40秒★★☆重め
good
verygood
東芝TAS-X3約30秒★☆☆重め
good
good
Panasonic(パナソニック)NI-FS540約23秒★☆☆軽め
verygood
soso
Panasonic(パナソニック)NI-W504約1分32秒★★☆重め
soso
good
アイリスオーヤマIRN-CL18CC約45秒★★★重くはない
soso
soso
東芝 美(ミ)ラクル La・Coo TA-FLW910約1分53秒★★☆重くはない
soso
soso
石崎電機製作所SI-310LM 男前アイロン1分10秒★★★重い!
bad
soso

ここからは各モデル検証の詳細とシワ取り結果です。給水してからスタンバイしていますが、どのモデルも給水しやすく準備が楽でした!

見てわかるBEFORE & AFTER(使用前&使用後)の画像つきです。

シャツの向かって左側半分にスチームを当てています。

さらによく分かる各モデルのスチーム噴射動画も載せているので、ぜひ比較チェックしてください。

スチームアイロンおすすめ4選【ハンガーにかけたまま・ハンディタイプ】

「アイロン台を出すのが面倒くさい」
「アイロンがけに長時間かけたくない」

編集部のメンバーも多くがそのタイプです。まずはハンガーにかけたままサッと手軽に扱える「ハンガーにかけたまま・ハンディタイプ」を4台検証しました。



ハンディ1台目はT-fal(ティファール)トゥイニージェットスチームです。

T-fal(ティファール) / トゥイニー ジェットスチーム

参考価格:3,955円(税込)
パワフルジェット!忙しいあなたに
パワフルジェット!忙しいあなたに
Amazon
3,955円(税込)
楽天市場
4,470円(税込)
Yahoo!
ショッピング
5,368円(税込)
説明アイコン
このスチームアイロンの説明
T-fal(ティファール) / トゥイニー ジェットスチームの画像1T-fal(ティファール) / トゥイニー ジェットスチームの画像2

・温度は3段階で調整可能
・アイロン台の上でもプレスできる
・殺ダニ、除菌、脱臭、花粉、アレル物質対策も可能

スチーム量-
スチーム持続時間-
重量約650g
消費電力950W
アイロン面の素材フッ素樹脂
T-fal(ティファール) / トゥイニー ジェットスチームの画像1
T-fal(ティファール) / トゥイニー ジェットスチームの口コミをもっと見る口コミ件数:3件
項目結果
スタンバイ速度公式では45秒と記載されていますが、実際にシワ伸ばしができるようになるまで1分10秒ほどかかりました。
スチーム威力抜群。プシュー!!と豪快な音を立ててスチームが吹き出ます。
使用感(重さ・持ちやすさ・水垂れ)
小型にしては重いという印象ですが、持ってみるとグリップしやすく、ボタンも押しやすいです。

水垂れはなし。
結果スチームの威力から期待したのですが、シワはあまり伸びませんでした。



ハンディ2台目は同じくT-fal(ティファール)アクセススチームです。

T-fal(ティファール) / アクセススチーム コード付き DR8085J0

参考価格:6,480円(税込)
シワ取りを時短でやりたいならこれ!
シワ取りを時短でやりたいならこれ!
Amazon
15,980円(税込)
楽天市場
6,480円(税込)
Yahoo!
ショッピング
6,685円(税込)
説明アイコン
このスチームアイロンの説明
T-fal(ティファール) / アクセススチーム コード付き DR8085J0の画像1T-fal(ティファール) / アクセススチーム コード付き DR8085J0の画像2

・トリガー操作でのハンガーショット専用(プレスなし)
・大量のスチーム噴射をロック機能で出しっぱなしにすることが可能
・ハウスダストや花粉などのアレル物質を低減
・除菌と脱臭効果もあり

スチーム量平均約18g/分
スチーム持続時間連続18分
重量約900g
消費電力1200W
アイロン面の素材ステンレス
T-fal(ティファール) / アクセススチーム コード付き DR8085J0の画像1
T-fal(ティファール) / アクセススチーム コード付き DR8085J0の口コミをもっと見る口コミ件数:9件
項目結果
スタンバイ速度公式記載の45秒より早く約36秒でした。
スチーム威力スチームの伸びと勢いはすごいです。
使用感(重さ・持ちやすさ・水垂れ)押しっぱなしに出来るロック機能がついているため、ショットではなくシューートといった感じで噴射できます。

レトロなマイク風(ロボット風?)のデザインと、一見置いたときのスリムな雰囲気は良いのですが、手が小さいと太く重たく感じてしまうかも。
結果スチームの伸びのよさが裏目に出たのか、やや水垂れが多いですが、シワは伸びました。



ハンディ3台目はTWINBIRDハンディアイロン&スチーマーSA-4084です。

TWINBIRD(ツインバード) / ハンディーアイロン&スチーマー SA-4084

参考価格:2,981円(税込)
30年以上も人気!ハンディな一台
30年以上も人気!ハンディな一台
Amazon
3,098円(税込)
楽天市場
2,981円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,100円(税込)
説明アイコン
このスチームアイロンの説明
TWINBIRD(ツインバード) / ハンディーアイロン&スチーマー SA-4084の画像1TWINBIRD(ツインバード) / ハンディーアイロン&スチーマー SA-4084の画像2

・アタッチメントブラシ付き
・フリーアングル設計で全方向に扱える
・小型スチームアイロン(プレス)としても使える
・消臭効果
・価格が安いのでプレス機とは別にお出かけ専用として持っておくのもいいかも

スチーム量0.2g/回
スチーム持続時間不明
重量930g
消費電力800W
アイロン面の素材フッ素樹脂塗装
TWINBIRD(ツインバード) / ハンディーアイロン&スチーマー SA-4084の画像1
TWINBIRD(ツインバード) / ハンディーアイロン&スチーマー SA-4084の口コミをもっと見る口コミ件数:4件
項目結果
スタンバイ速度公式の記載が見当たらなかったのですが、なんと約35秒という立ち上がりの速さです。
スチーム威力トリガー操作でスチームの量を「ホワホワ」から「プシュー!」までコントロール可能
使用感(重さ・持ちやすさ・水垂れ)見た目の印象よりも重たく感じます。

スチームを安定して噴射するには連続で何度かプッシュする必要があり、その際に水垂れが結構します。
結果アタッチメントのブラシを付けたらシワがよく伸びました。




ハンディ4台目はTWINBIRDハンディアイロン&スチーマーSA-4097
です。

TWINBIRD(ツインバード) / ハンディーアイロン&スチーマー SA-4097VO

参考価格:4,060円(税込)
ベストセラーがより使いやすく進化!
ベストセラーがより使いやすく進化!
楽天市場
4,060円(税込)
説明アイコン
このスチームアイロンの説明
TWINBIRD(ツインバード) / ハンディーアイロン&スチーマー SA-4097VOの画像1TWINBIRD(ツインバード) / ハンディーアイロン&スチーマー SA-4097VOの画像2

上記のツインバードのスチームアイロンSA-4084Pの改良版。

▼改良された点はこちら!
・かけ面の先端部分は、本体から飛び出すようなデザインでボタン周りのアイロンがけもより簡単に
・給水口は水がこぼれにくい形状に
・温調ダイヤルがより軽い力で回せるように
・ワンショットのスチーム力がパワフル!

スチーム量0.4 g / 回
スチーム持続時間不明
重量約 640 g ( 製品のみ ) 約 940 g ( 付属品含む )
消費電力800 W
アイロン面の素材表面 : セラミック塗装
項目結果
スタンバイ速度公式の記載が見当たらないが、約32秒と速い。
スチーム威力ワンショットの威力がパワフル。
使用感(重さ・持ちやすさ・水垂れ)重すぎず、水垂れもあまり無い。
結果ゆっくり丁寧にやると、シワが伸びやすかった。

スチームアイロンおすすめ4選【しっかりアイロン台を使うタイプ】

アイロン台で使うタイプのスチームアイロンは、折り目やプリーツを付けることもでき、しっかりシワを伸ばしたい人に人気です。

また、かつてはパワー不足、早々のバッテリー切れなど使い心地がイマイチだったコードレスモデルも、今では日常使いに十分なモデルが続々登場しています。

しっかりかけるのであれば、スチームの量やその使い心地が気になるところです。4台検証しました。



アイロン台タイプ1台目はPanasonic(パナソニック)NI-W504です。

Panasonic(パナソニック) / コードレス Wヘッドアイロン カルル NI-WL504

参考価格:17,800円(税込)
コードレスで大容量タンクを実現
コードレスで大容量タンクを実現
Amazon
17,800円(税込)
楽天市場
20,144円(税込)
Yahoo!
ショッピング
22,800円(税込)
説明アイコン
このスチームアイロンの説明
Panasonic(パナソニック) / コードレス Wヘッドアイロン カルル NI-WL504の画像1Panasonic(パナソニック) / コードレス Wヘッドアイロン カルル NI-WL504の画像2

・ワイドなレモン型のWヘッドベースは全方向に動かせる(戻りシワ対策)
・スチームは全面から噴出されむらのない仕上がりに
・カセット式大容量タンクでスチームが長続き
・安い下位機種があるが切り忘れ防止機能がついていない

スチーム量最大約13g/分
スチーム持続時間約180秒
重量約1.1kg
消費電力1,400W
アイロン面の素材ハードチタンコート​
Panasonic(パナソニック) / コードレス Wヘッドアイロン カルル NI-WL504の画像1
Panasonic(パナソニック) / コードレス Wヘッドアイロン カルル NI-WL504の口コミをもっと見る口コミ件数:6件
項目結果
スタンバイ速度約1分32秒。
スチーム威力そこそこあります。
使用感(重さ・持ちやすさ・水垂れ)「センター重心設計」とのことですが、コードレスのためかやはり重たい印象。

グリップも本体一体型のため握りにくく、長時間の使用は厳しいでしょう。水垂れはなし。
結果シワの伸びは悪くないですが、重さを考えると一発でビシッと伸びて欲しかったです。



アイロン台タイプ2台目はアイリスオーヤマIRN-CL18CCです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) / ケース付きアイロン IRN-CL18CC

参考価格:3,590円(税込)
2段階スチームで薄手から厚手まで
2段階スチームで薄手から厚手まで
Amazon
3,590円(税込)
楽天市場
3,590円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,590円(税込)
説明アイコン
このスチームアイロンの説明
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) / ケース付きアイロン IRN-CL18CCの画像1アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) / ケース付きアイロン IRN-CL18CCの画像2

・「ハーフスチーム」と「スチーム」の2段界スチームで薄手から厚手まで調節可能
・スチームとは別に、どのモードでも使える霧吹き機能つき
・かけ面が耐久性のあるセラミック製の割に価格は抑えめ
・脱臭効果も◎

スチーム量不明
スチーム持続時間不明
重量0.7kg
消費電力1,000W
アイロン面の素材セラミックコート
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) / ケース付きアイロン IRN-CL18CCの画像1
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) / ケース付きアイロン IRN-CL18CCの口コミをもっと見る口コミ件数:3件
項目結果
スタンバイ速度約45秒。
スチーム威力スチームの威力はあるのですが、使用開始前に連続プッシュが必要。
使用感(重さ・持ちやすさ・水垂れ)持った感じは重くないのですが、グリップが本体と一体型のため握りにくさがあります。

最初のプッシュの勢いが強すぎてシャツに必要以上の水滴が飛びます。
結果ハンガーがけとしてはシワはあまり伸びません。

アイロン台の上でプレス機として使用した方がいいでしょう。



アイロン台タイプ3台目は東芝 美(ミ)ラクル La・Coo TA-FLW910です。

TOSHIBA(東芝) / 美(ミ)ラクル La・Coo TA-FLW910

参考価格:12,721円(税込)
La・Cooシリーズ最上機種
La・Cooシリーズ最上機種
楽天市場
15,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
12,721円(税込)
説明アイコン
このスチームアイロンの説明
TOSHIBA(東芝) / 美(ミ)ラクル La・Coo TA-FLW910の画像1TOSHIBA(東芝) / 美(ミ)ラクル La・Coo TA-FLW910の画像2

・タンクはカセット式で約120mlの大容量
・ワイドなかけ面はなめらかで耐久性にすぐれる
・3つのスチームラインで広範囲にスチームが浸透
・モードの切り替えで厚手のコートもおまかせ

スチーム量最大約13ml/分
スチーム持続時間最長約180秒(高設定時)
重量約1.1kg
消費電力1,420W
アイロン面の素材ボロンコート(ダイヤモンドに近い硬度の化学物質)
TOSHIBA(東芝) / 美(ミ)ラクル La・Coo TA-FLW910の画像1
TOSHIBA(東芝) / 美(ミ)ラクル La・Coo TA-FLW910の口コミをもっと見る口コミ件数:2件
項目結果
スタンバイ速度約1分53秒。ちょっと長い。
スチーム威力側面のスイッチで「全面」と「集中」が切り替えられ、さらに「ショット」か「ミスト」ボタンを選べます。集中ショットはかなり勢いがあり、全面ミストだとホワホワやさしくなります。
使用感(重さ・持ちやすさ・水垂れ)持った感じは重くないのですが、グリップが本体と一体型のため握りにくさがあります。
集中ショットでは勢いがよすぎてシャツに必要以上の水滴が飛びます。
結果一度にかけられる面積を優先し全面ミストを使ったところシワはあまり伸びませんでした。
この場合はアイロン台の上で使用した方がいいでしょう。



アイロン台タイプ4台目は石崎電機製作所SI-310LM 男前アイロンです。

石崎電機製作所 / シュアー 男前アイロン プラチナ (コードレス) SI-310LM

参考価格:6,000円(税込)
業務用電熱機器会社が開発
業務用電熱機器会社が開発
楽天市場
6,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
6,000円(税込)
説明アイコン
このスチームアイロンの説明
石崎電機製作所 / シュアー 男前アイロン プラチナ (コードレス) SI-310LMの画像1石崎電機製作所 / シュアー 男前アイロン プラチナ (コードレス) SI-310LMの画像2

・重いがスチーム威力は飛沫が上がるほど強力
・業務用電熱機器会社ならではの技術で長いスチーム持続時間を実現
・200ml大容量タンクで衣類スチーマーとしてもプレスアイロンとしても効率よく使える
・オートパワーオフ、オートバルブなどの機能搭載

スチーム量約5ml/分
スチーム持続時間最大約160秒
重量約1.1kg
消費電力1,420W
アイロン面の素材セラミックコート
項目結果
スタンバイ速度約1分10秒。音で教えてくれます。
スチーム威力「圧力を極限まで高めた」と公式で謳っている通り、威力はかなり強い!
使用感(重さ・持ちやすさ・水垂れ)とにかく重たい。大容量タンクがアダとなってしまいました。標準的な女性の力では角度調整ができません。

スチーム威力が強い分、シャツに水滴が残ります。
結果重さとグリップしにくさが足を引っ張り、シワは威力ほどには伸ばせませんでした。

スチームアイロンおすすめ3選【プレスも重視!両方つかえる兼用タイプ】

「普段はハンガーにかけたままのシワ取りで使うけど、たまにはしっかりシャツのプレスがけをしたい」

そんな人には、プレス兼用機があります。コンパクトでもかけ面にこだわりのあるモデルならプレスをしっかりこなしてくれます。

その分、ハンガーがけ時の手への負担は気になるところですが、実際どうなのでしょうか。3台を試してみました。



兼用タイプ1台目は日立CSI-RX1です。

日立(HITACHI) / 衣類スチーマー CSI-RX1

参考価格:9,450円(税込)
クロスラインにスチーム噴射!
クロスラインにスチーム噴射!
Amazon
9,450円(税込)
楽天市場
11,355円(税込)
Yahoo!
ショッピング
10,400円(税込)
説明アイコン
このスチームアイロンの説明
日立(HITACHI) / 衣類スチーマー CSI-RX1の画像1日立(HITACHI) / 衣類スチーマー CSI-RX1の画像2

・コンパクトボディで持ちやすい
・付属のブラシアタッチメントでホコリや毛くずが取れる
・アイロン台の上でプレスもできる
・除菌・脱臭・花粉・ダニ対策も

スチーム量平均約11g/分
スチーム持続時間連続6分
重量690g(本体のみ)
消費電力800W
アイロン面の素材チタン含有コート
日立(HITACHI) / 衣類スチーマー CSI-RX1の画像1
日立(HITACHI) / 衣類スチーマー CSI-RX1の口コミをもっと見る口コミ件数:6件
項目結果
スタンバイ速度約40秒。
スチーム威力勢いはそれほどないのですが、かけ面から満遍なく十分に出るなという印象で頼りなさはありません。
使用感(重さ・持ちやすさ・水垂れ)重たい印象ですが、握りやすい(持ちやすい)です。

押している間中、スチームが噴射され続けます。若干奇妙な音がしますが使用に問題はなさそうです。
結果かなり水が垂れて気になった一方、シワの伸び方は文句なしでした。



兼用タイプ2台目は東芝TAS-X3です。

TOSHIBA(東芝) / コード付き衣類スチーマー La・Cooラクー-S TAS-X3

参考価格:3,960円(税込)
深いシワにはシャワーモードで
深いシワにはシャワーモードで
楽天市場
5,570円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,960円(税込)
説明アイコン
このスチームアイロンの説明
TOSHIBA(東芝) / コード付き衣類スチーマー La・Cooラクー-S TAS-X3の画像1TOSHIBA(東芝) / コード付き衣類スチーマー La・Cooラクー-S TAS-X3の画像2

・スチームモードと最大15ml/分のシャワーモード搭載
・プレス時もラクに取り回せる軽量設計
・オートオフ機能付き
・脱臭・アレル物質・除菌効果も

スチーム量最大約11ml/分
スチーム持続時間最長約5分
重量690g
消費電力950W
アイロン面の素材セラミックコート
TOSHIBA(東芝) / コード付き衣類スチーマー La・Cooラクー-S TAS-X3の画像1
TOSHIBA(東芝) / コード付き衣類スチーマー La・Cooラクー-S TAS-X3の口コミをもっと見る口コミ件数:3件
項目結果
スタンバイ速度約30秒。はやい。
スチーム威力モクモクモク・・・弱めの印象です。
使用感(重さ・持ちやすさ・水垂れ)持った印象は重いです。

一定にスチームが噴出するのでシワを伸ばしやすいですが、ずっとボタンを押し続けないといけません。

押してる間、振動がありますが水垂れはなし。
結果シワはほどほどに伸びました。



兼用タイプ3台目はPanasonic(パナソニック) NI-FS540です。

Panasonic(パナソニック) / 衣類スチーマー NI-FS540

参考価格:7,320円(税込)
コンパクトでもプレス具合はしっかり
コンパクトでもプレス具合はしっかり
Amazon
7,320円(税込)
楽天市場
8,827円(税込)
Yahoo!
ショッピング
11,150円(税込)
説明アイコン
このスチームアイロンの説明
Panasonic(パナソニック) / 衣類スチーマー NI-FS540の画像1Panasonic(パナソニック) / 衣類スチーマー NI-FS540の画像2

・軽量コンパクト設計で手軽に保管や旅行時の携帯ができる
・ジャケットからニット、レーヨン素材までアイロンがけ可能
・新機種から防臭効果の対象に加齢臭が加わった

スチーム量平均約11g/分
スチーム持続時間連続4分
重量705g
消費電力950W
アイロン面の素材セラミックコート
Panasonic(パナソニック) / 衣類スチーマー NI-FS540の画像1
Panasonic(パナソニック) / 衣類スチーマー NI-FS540の口コミをもっと見る口コミ件数:5件
項目結果
スタンバイ速度約23秒。はやい!
スチーム威力ちょっと頼りない印象です。
使用感(重さ・持ちやすさ・水垂れ)持った感じが持ちやすく軽いせいか、パワーも控えめに感じます。

押しっぱなしすることでスチームを噴射し、指を離しても微量のスチームが続きます。水垂れはほんの少しあり。
結果パワー不足は否めず若干シワが残る形になりました。

スチームアイロンおすすめ4選【最新モデル】

検証したスチームアイロンとは別に、編集部が独自で選んだおすすめの最新スチームアイロンを4つご紹介します。

最新型が欲しい方など、ぜひ参考にしてみてください。

TOSHIBA(東芝) / 美(ミ)ラクル La・Coo TA-FDX950

参考価格:12,263円(税込)
59個の孔から広範囲&大量スチーム
59個の孔から広範囲&大量スチーム
楽天市場
12,263円(税込)
Yahoo!
ショッピング
14,000円(税込)
説明アイコン
このスチームアイロンの説明

前機種からさらなる小型軽量化&水タンク容量を約33%増量した東芝のコードレスアイロンLa・Cooシリーズの最上級モデルです。

増量された59個ものスチーム孔から放たれる大量のスチームが、衣類にまんべんなく浸透し、ムラを抑えたきれいな仕上がりになります。

かけ面はニッケルコート加工で、滑りはばっちり。5段階の温度調節やボタンまわりなどの細かい部分でもシワをラクに伸ばせる形状になっているなど、細かなこだわりが随所に施されています。

スチーム量約13g/分
スチーム持続時間約180秒
重量約950g
消費電力1400W
アイロン面の素材ニッケルコート

Panasonic(パナソニック) / コードレススチームアイロン カルル NI-WL705

参考価格:13,800円(税込)
全方向に動かせて、すべりの良さも◎
全方向に動かせて、すべりの良さも◎
Amazon
13,840円(税込)
楽天市場
15,480円(税込)
Yahoo!
ショッピング
13,800円(税込)
説明アイコン
このスチームアイロンの説明

全方向性に動かせるレモン型のWヘッドベースを採用。グリップ部分を持ちかえる必要がないので、細かいところまできれいかつスピーディーにアイロンがけをすることができます。

優れた使い心地に加え、約160mLの大容量タンク、約13g/分の大量スチームなどの強力な基本性能が、快適なアイロンがけをサポートします。

熱くなると軽い滑りになる独自の「ミラーマジ軽ベース」かけ面は、パナソニックでも最上級の滑り心地です。

スチーム量約13g/分
スチーム持続時間約180秒
重量約1.1kg
消費電力1400W
アイロン面の素材ミラーマジ軽

T-fal(ティファール) / フリームーブ パワー FV9986J0

参考価格:14,680円(税込)
最大110g/分のジェットスチーム
最大110g/分のジェットスチーム
楽天市場
17,549円(税込)
Yahoo!
ショッピング
14,680円(税込)
説明アイコン
このスチームアイロンの説明

ティファール史上最大級のスチーム量を誇るパワフルな機種です。通常時でも約25g/分のパワフルスチームですが、最大110g/分ものパワフルスチームを可能にする「ジェットスチーム」機能がついています。

また、滑りの良さが前モデルより約33%アップした、ティファール史上最高の滑り心地を持つ「エアーグライドかけ面」は、かけ面内部の体積が大きい構造となっており、コードレスながら優れた熱保持力を持っています。

独自の「オートクリーン加工」で、かけ面をいつもきれいな状態に保ち、メンテナンスの必要がないのもうれしいポイントです。

スチーム量約25g/分
スチーム持続時間-
重量約1.4kg
消費電力1400W
アイロン面の素材エアーグライド

T-fal(ティファール) / フリームーブ ミニ FV6460J0

参考価格:9,980円(税込)
パワフルな最軽量・最小クラス
パワフルな最軽量・最小クラス
楽天市場
11,160円(税込)
Yahoo!
ショッピング
9,980円(税込)
説明アイコン
このスチームアイロンの説明

スチーム力に定評のあるティファールのパワフルな最軽量・最小クラスです。わずか920gのコンパクトサイズにも関わらず、最大90g/分の強力な「ジェットスチーム」が搭載されています。

通常約14g/分、最大90g/分の強力なスチームでお手軽に衣類ケアができます。最軽量で最小クラスのコードレスアイロンなので使い心地は抜群です。

「パワフルだけど、なるべく軽くて小さいスチームアイロンが欲しい」というわがままな方にも十分おすすめの商品です!

スチーム量約14g/分
スチーム持続時間-
重量約920g
消費電力1300W
アイロン面の素材セラミック

スチームアイロンのおすすめ商品をまとめ表で比較

本記事で紹介したおすすめのスチームアイロンを一覧表で比較!ぴったりな商品を見つけてみてください!

注目ポイント

パワフルジェット!忙しいあなたに

シワ取りを時短でやりたいならこれ!

30年以上も人気!ハンディな一台

ベストセラーがより使いやすく進化!

コードレスで大容量タンクを実現

2段階スチームで薄手から厚手まで

La・Cooシリーズ最上機種

業務用電熱機器会社が開発

クロスラインにスチーム噴射!

深いシワにはシャワーモードで

コンパクトでもプレス具合はしっかり

59個の孔から広範囲&大量スチーム

全方向に動かせて、すべりの良さも◎

最大110g/分のジェットスチーム

パワフルな最軽量・最小クラス

商品画像
商品名

T-fal(ティファール) / トゥイニー ジェットスチーム

T-fal(ティファール) / アクセススチーム コード付き DR8085J0

TWINBIRD(ツインバード) / ハンディーアイロン&スチーマー SA-4084

TWINBIRD(ツインバード) / ハンディーアイロン&スチーマー SA-4097VO

Panasonic(パナソニック) / コードレス Wヘッドアイロン カルル NI-WL504

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) / ケース付きアイロン IRN-CL18CC

TOSHIBA(東芝) / 美(ミ)ラクル La・Coo TA-FLW910

石崎電機製作所 / シュアー 男前アイロン プラチナ (コードレス) SI-310LM

日立(HITACHI) / 衣類スチーマー CSI-RX1

TOSHIBA(東芝) / コード付き衣類スチーマー La・Cooラクー-S TAS-X3

Panasonic(パナソニック) / 衣類スチーマー NI-FS540

TOSHIBA(東芝) / 美(ミ)ラクル La・Coo TA-FDX950

Panasonic(パナソニック) / コードレススチームアイロン カルル NI-WL705

T-fal(ティファール) / フリームーブ パワー FV9986J0

T-fal(ティファール) / フリームーブ ミニ FV6460J0

商品リンク
Amazon
3,955円(税込)
楽天市場
4,470円(税込)
Yahoo!
ショッピング
5,368円(税込)
Amazon
15,980円(税込)
楽天市場
6,480円(税込)
Yahoo!
ショッピング
6,685円(税込)
Amazon
3,098円(税込)
楽天市場
2,981円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,100円(税込)
楽天市場
4,060円(税込)
Amazon
17,800円(税込)
楽天市場
20,144円(税込)
Yahoo!
ショッピング
22,800円(税込)
Amazon
3,590円(税込)
楽天市場
3,590円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,590円(税込)
楽天市場
15,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
12,721円(税込)
楽天市場
6,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
6,000円(税込)
Amazon
9,450円(税込)
楽天市場
11,355円(税込)
Yahoo!
ショッピング
10,400円(税込)
楽天市場
5,570円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,960円(税込)
Amazon
7,320円(税込)
楽天市場
8,827円(税込)
Yahoo!
ショッピング
11,150円(税込)
楽天市場
12,263円(税込)
Yahoo!
ショッピング
14,000円(税込)
Amazon
13,840円(税込)
楽天市場
15,480円(税込)
Yahoo!
ショッピング
13,800円(税込)
楽天市場
17,549円(税込)
Yahoo!
ショッピング
14,680円(税込)
楽天市場
11,160円(税込)
Yahoo!
ショッピング
9,980円(税込)
スチーム量-平均約18g/分0.2g/回0.4 g / 回最大約13g/分不明最大約13ml/分約5ml/分平均約11g/分最大約11ml/分平均約11g/分約13g/分約13g/分約25g/分約14g/分
スチーム持続時間-連続18分不明不明約180秒不明最長約180秒(高設定時)最大約160秒連続6分最長約5分連続4分約180秒約180秒--
重量約650g約900g930g約 640 g ( 製品のみ ) 約 940 g ( 付属品含む )約1.1kg0.7kg約1.1kg約1.1kg690g(本体のみ)690g705g約950g約1.1kg約1.4kg約920g
消費電力950W1200W800W800 W1,400W1,000W1,420W1,420W800W950W950W1400W1400W1400W1300W
アイロン面の素材フッ素樹脂ステンレスフッ素樹脂塗装表面 : セラミック塗装ハードチタンコート​セラミックコートボロンコート(ダイヤモンドに近い硬度の化学物質)セラミックコートチタン含有コートセラミックコートセラミックコートニッケルコートミラーマジ軽エアーグライドセラミック

まとめ

今回、ハンディータイプから兼用できるタイプ、最新モデルまで様々なスチームアイロンをご紹介しました。

スチームアイロンのメリットやデメリット、選び方や検証結果も参考に、あなたのライフスタイルにぴったりの1台を見つけてみてください。

アイロンの関連記事一覧

タイプ別の記事はこちら

その他の記事はこちら

検索アイコン「スチームアイロン」を
もっと探したい方はこちら!
さらに他の商品を探したい方は
こちらをチェック!
篠塚迅斗モノレコ
この記事のライター
篠塚迅斗モノレコ

おうちdeモノレコ 自宅で楽しく!快適に!過ごせるおすすめ特集
この記事が気に入ったらシェアしよう!
↓↓
モノレコ by Amebaをフォローして
最新記事を受け取ろう!

あわせて読みたい

生活家電の新着記事

生活家電の人気記事ランキング

新着記事

人気記事ランキング

お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。