1. モノレコ by Ameba ホーム
  2. キッチン用品・キッチン家電
  3. アイスクリームメーカーおすすめはどれ?16商品を比較&ランキング!レシピも紹介

アイスクリームメーカーおすすめはどれ?16商品を比較&ランキング!レシピも紹介

12,708 view
  • Facebookシェア
  • LINE
  • ツイート
  • はてブ
  • note

目次

CONTENTS

アイスクリームメーカーのおすすめ商品をまとめ表で比較

アイスクリームメーカー一覧

今回検証したアイスクリームメーカーはこちら!

※この表で使用されている商品画像は同記事内で引用しています。

自動アイスクリームメーカー一覧

今すぐ商品を見る

※この表で使用されている商品画像は同記事内で引用しています。

小型冷却装置内蔵型アイスクリームメーカー一覧

今すぐ商品を見る

※この表で使用されている商品画像は同記事内で引用しています。

手動型アイスクリームメーカー一覧

今すぐ商品を見る

アイスクリームメーカーとは?

そもそもアイスクリームメーカーとは、アイスの材料(生クリームや牛乳など)を「冷やしながらかき混ぜる」ための機械です。

つまり、基本的にアイスクリームをつくるには、

  • アイスの材料をしっかり冷やす
  • アイスの材料を何度もかき混ぜる


上記2点を同時に行う必要があります。これを家庭で行うのはとっても大変ですよね。

しかし、ほとんどのアイスクリームメーカーはスイッチひとつで「冷やす」&「かき混ぜる」を自動で行ってくれるんです。

アイスの材料さえ用意すれば、アイスクリームが簡単かつ手軽につくれるようになります。

アイスクリームメーカーの選び方

アイスクリームメーカーには様々な種類がありますが、基本的には以下の3種類に区分されます。

  • 冷凍庫を使用する自動アイスクリームメーカー
  • 小型冷却装置を内蔵したアイスクリームメーカー
  • 手動アイスクリームメーカー


それぞれがどのように違うのかを見ていきましょう。

①冷凍庫を使用する自動アイスクリームメーカー

アイスクリームの材料を機械にセットして、スイッチを押せば自動でアイスクリームをつくりあげてくれるタイプ。基本的に家庭用アイスクリームメーカーはこのタイプが多いです

注意すべきポイントは事前に容器を冷凍庫で冷やしておく必要があること。

冷凍する時間は機種によって異なりますが、おおむね半日(10時間以上)は冷やさなければなりません。そのため、連続してアイスクリームをつくることは難しいです。

まずはここからアイスクリームメーカーを検討していくのがおすすめです。

その他にも冷凍する容器が自宅の冷凍庫に入るのかという点にも注意しなければなりません。以下の記事では冷蔵庫について解説しておりますので、合わせてご覧ください。

おしゃれな冷蔵庫おすすめ15選│シーン別にジャンル分けして紹介【2020年版】
おしゃれな冷蔵庫おすすめ15選│シーン別にジャンル分けして紹介【2020年版】

②小型冷却装置を内蔵したアイスクリームメーカー

一部の機種になりますが、小型冷却装置を内蔵しているアイスクリームメーカーもあります。

冷凍庫で容器を冷やす必要がないためとってもお手軽。連続してアイスクリームをつくることもできます。

ただし、残念ながらこのタイプは価格が高め。機種も大きくなるものが多いので収納スペースが確保できるかといった点にも注意してください。

③手動アイスクリームメーカー

機械に頼らない手動のアイスクリームメーカー。

事前に冷やした容器の中で生クリームなどをかき混ぜたり、冷やしたタブレットの上でクリームを丸めるなど、様々なアイスのつくりかたがあります。

労力はかかりますが、そのかわり自由度が高く、エンターテイメント性のあるアイスづくりを楽しむことができるでしょう。

アイスクリームメーカーの検証方法

それでは気になる検証結果をレポートしていきましょう!

今回検証した16台のアイスクリームメーカーは自動タイプから手動タイプまでさまざま。

すべてのアイスクリームメーカーでメーカー公式レシピとして紹介のある『バニラアイス』を作成。出来栄えや味はもちろんのこと、使いやすさや洗いやすさについても比較してみました。

牛乳や生クリームといったアイスクリームの材料はすべて同じものを使用。室温はエアコン26度に設定し、条件や環境に差が生じないように検証しました。

実際に評価した検証ポイントは以下の4項目となります。それぞれの検証項目ごとに採点を行い、合計点数の高い順番に並べてランキングを作成していきます。

検証①アイスクリームの見た目

まずは完成したアイスクリームの「形」「固まり具合」「色合い」「光沢度」といった見た目における評価を1~4点の間で採点しました。

評価配点配点基準
verygood
4点アイスがしっかりと固まっており、色合いも美しい
good
3点アイスは固まっているがちょっと柔らかめ、色合いも悪くない
soso
2点アイスが柔らかく固まっておらず色合いも悪い
bad
1点アイスとしての形を成していない 食欲をそそらない見た目である

検証②アイスクリームの味

完成したアイスクリームが美味しいのかどうか。それも気になるポイントですよね。どうせ購入するのであれば美味しいアイスクリームがつくれる機器を選びたいものです。

そこで完成したアイスクリームの「舌触り」「滑らかさ」「食感」「味わい」「口溶け」「香り」といった味における評価を1~4点の間で採点しました。

評価配点配点基準
verygood
4点美味しいアイスクリーム 食感や口溶けなども申し分ない
good
3点美味しいアイスクリームだが、食感や舌触りなどに不満がある
soso
2点アイスクリームとして満足できる点が少ない 食感や舌触りなどの不満が多い
bad
1点アイスクリームとしての味わいが不足している

検証③アイスクリームメーカーの操作性

アイスクリームをつくるだけでなく、機器の「使いやすさ」がどうなのか。それも重要視したいポイントになります。

操作が難しかったり、普段使いには困難だったり、騒音が激しかったりと、そんなアイスクリームメーカーはどうしても使いにくくなります。

そこでアイスクリームメーカーの「使いやすさ」「操作性」「使い勝手の良さ」「静音性」といった評価を1~4点の間で採点しました。

評価配点配点基準
verygood
4点使いやすさも使い勝手の良さも申し分ない 普段使いできるおすすめアイスクリームメーカー
good
3点操作性の良いアイスクリームメーカーだが、使い勝手や静音性などの部分に少しだけ不満がある
soso
2点操作性はあまり良くない 使い勝手の悪いところがある
bad
1点操作性や使い勝手に難のあるアイスクリームメーカー

検証④アイスクリームメーカーの洗いやすさ

アイスクリームメーカーは生クリームなどの材料をこぼしてしまったり、時には機器から飛び散ってしまったりと、どうしても汚れやすいものになります。

そのため気になるのが「洗いやすさ」というポイント。日常で使うものだからこそ「洗いやすさ」「お手入れのしやすさ」といった評価を1~4点の間で採点しました。

評価配点配点基準
verygood
4点検証機器の中では最も洗いやすくお手入れもしやすい
good
3点洗いやすくお手入れもしやすいがちょっとだけ面倒なポイントがある
soso
2点洗うのが大変でお手入れもちょっと難しい
bad
1点洗うこともお手入れも困難 汚れがたまりやすい

アイスクリームメーカーおすすめランキングTOP16

それでは編集部によるアイスクリームメーカーのランキングTOP16を発表していきます。

検証ポイント4項目合計点数 (16点満点)でランキングづけしています。

どのアイスクリームメーカーが高評価だったのかご覧ください!

アイスクリームメーカー種類見た目アイスの味
操作性洗いやすさ合計
点数
1
自動
verygood
verygood
verygood
good
15点
2
自動
verygood
verygood
soso
verygood
14点
3
冷却
内蔵
good
verygood
verygood
soso
13点
4
自動
verygood
good
good
soso
12点
4
自動
good
good
good
good
12点
4
自動
verygood
good
good
soso
12点
4
冷却
内蔵
good
good
verygood
soso
12点
8
自動
good
good
good
soso
11点
9
手動
good
bad
soso
verygood
10点
9
自動
soso
good
good
soso
10点
10
自動
soso
soso
good
soso
9点
12
自動
soso
good
bad
soso
8点
12
自動
soso
soso
soso
soso
8点
12
手動
soso
bad
bad
verygood
8点
15
手動
bad
soso
soso
soso
7点
16
自動
bad
bad
bad
soso
5点

全体のランキングはいかがでしたでしょうか?

次からはアイスクリームメーカーの種類別ランキングを紹介していきます。

まずは「冷凍庫を使用する自動タイプ」から見ていきましょう。

アイスクリームメーカーおすすめランキングTOP11【冷凍庫を使用する自動タイプ】

それでは「冷凍庫を使用する自動アイスクリームメーカー」のランキングを見ていきましょう。

編集部による検証結果も詳しく紹介していますので参考にしてみてくださいね。

1

貝印 / アイスクリームメーカー DL0272

参考価格:2,017円(税込)
一番人気!ふわとろのアイスクリーム
Amazon
2,017円(税込)
楽天市場
10,714円(税込)
Yahoo!
ショッピング
9,880円(税込)
説明アイコン
なぜこのアイスクリームメーカーが選ばれたのか

カミソリやキッチン用品で有名な貝印によるアイスクリームメーカー。大型パドルで材料をかき混ぜてアイスクリームをつくります。

材料を入れてスイッチを押すだけでアイスクリームが完成。アイスが固まると自動停止する機能があります。

このアイスクリームメーカーでつくれるもの
アイスクリーム、シャーベット、フローズンヨーグルトなど。
専用レシピが付属しています。

サイズ直径20.7cm × 高さ23cm
容器のサイズ直径19.5cm × 高さ12cm
重量2.34 kg
容器を冷凍庫で冷やす時間300ml:10時間以上 600ml:18時間以上
「アイスクリームメーカー DL0272」によるバニラアイス
検証項目評価結果補足
見た目
verygood
・かなり白め
・ソフトクリームのような純白の透明感あり
・メレンゲのようにふわっとしており柔らかい
・固めのアイスクリームを好む人は完成後に冷凍庫で冷やすと良い
アイスの味
verygood
・濃厚かつ優しい舌触り
・食感はふわっとエアリーで軽いが甘さはしっかり主張してくる
・優しい口溶け
・メレンゲやホイップクリームのようなふわっとした口溶けが印象的
操作性
verygood
・材料の投入口が広く使いやすい
・検証した機械の中では標準的な騒音
洗いやすさ
good
・容器とフタやカバーなどを分解して洗うことが可能
・大きいため少々洗いにくい

【編集部評価】
堂々のナンバーワン!モノレコ編集部で最も人気を集めたのは貝印「アイスクリームメーカー DL0272」でした!

ふんわりとした食感が特徴的なアイスクリーム。優しい独特なとろけるような食感に魅了された編集部員が続出しました!

市販のアイスクリームとはひと味違うアイスを求めている人には特におすすめです。容量も大きいので家族が多くても安心ですね。

【実際の調理時間】
約30分

2

Panasonic(パナソニック) / コードレスアイスクリーマー 電池式 BH-941

参考価格:14,800円(税込)
国産&電池式アイスクリームメーカー
楽天市場
14,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
25,420円(税込)
説明アイコン
なぜこのアイスクリームメーカーが選ばれたのか

大手家電メーカーのパナソニックによるアイスクリームメーカー。

一般的なアイスクリームメーカーは事前に容器を冷凍させますが、この機種は材料を入れた後に冷凍庫の中でかき混ぜるという方式を採用しています。

冷やすのに3時間以上かかるため調理時間が長く「すぐにアイスを食べたい!」というときに使えないのが弱点といえます。

電池は冷凍にも強いリチウム電池を使用しています。

このアイスクリームメーカーでつくれるもの

アイスクリーム、シャーベット、フローズンヨーグルトなど。
専用レシピが付属しています。

サイズ直径16.7cm × 高さ13.5cm
容器のサイズ-
重量615 g
容器を冷凍庫で冷やす時間3時間以上
「コードレスアイスクリーマー 電池式 BH-941」によるバニラアイス
検証項目評価結果補足
見た目
verygood
・やや黄色く光沢あり美しい
・ガッチリ固まっている
アイスの味
verygood
・舌触りなめらかで濃厚なバニラアイスの食感が楽しめる
・なめらかで後味もしっかり残してくれる
操作性
soso
・材料を入れて冷凍庫にセットするだけで使いやすい
・アイスが完成するまで数時間以上かかってしまうのが難点
・冷凍庫の中でかき混ぜているため騒音はあまり気にならない
洗いやすさ
verygood
・ポットは軽く洗いやすい
・フタとモーター部分も分離できる
・コードレスで分離も簡単

【編集部評価】
残念ながら3時間ではアイスが固まらなかったため、一晩しっかり冷凍庫の中で冷やしました。

そのためかアイスはガッチリ固まっており、しっかりとした食感を楽しむことができました。

すぐにアイスが食べられないのは残念ですが、その点が問題なければかなり優秀なアイスクリームメーカーといえるでしょう。

【実際の調理時間】

約12時間

3

Cuisinart(クイジナート) / ソフトクリームメーカー Cuisinart Ice-45 Mix It In Soft Serve Ice Cream Maker

参考価格:19,700円(税込)
自宅でソフトクリームがつくれる!?
Amazon
23,893円(税込)
楽天市場
29,980円(税込)
Yahoo!
ショッピング
19,700円(税込)
説明アイコン
なぜこのアイスクリームメーカーが選ばれたのか

アメリカのキッチンメーカーCuisinartによるソフトクリームメーカーです。「ソフトクリームメーカー」という商品名称ですが、しっかりアイスクリームやフローズンヨーグルトなどもつくることができます。

Cuisinartといえば強力なモーターを生かしたフードプロセッサーやハンドミキサーに定評のあるメーカーです。アイスクリームメーカーにもその技術が応用されており、他商品とは違ったアプローチでアイスクリームをつくることが可能です。

本体前面のレバーを倒せばソフトクリームが流れるようになっています。コーンをセッティングしたり、「チョコチップ」「グラノーラ」「レインボーシュガー」などのトッピング材料をセットできるポケットがあったりと、遊び心と利便性に富んだ機械といえます。

この商品は並行輸入品となりますので、説明書はすべて外国語となります。日本語説明書は付属されませんので注意しましょう。

このアイスクリームメーカーでつくれるもの
アイスクリーム、シャーベット、フローズンヨーグルトなど。
専用レシピが付属していますがすべて外国語となります。

サイズW25×H43.5×D20cm
容器のサイズW18cm×H15cm、容量 1.4L
重量約4 kg
容器を冷凍庫で冷やす時間目安として10時間以上
「ソフトクリームメーカー Ice-45」によるバニラアイス
検証項目評価結果補足
アイスの見た目
verygood
・白くなめらかで美しい
・かき混ぜる力も冷やす力もかなり強く、時間をかけるとソフトクリームより固くなってしまう
舌触り・食感
good
・濃厚でしっかりとインパクトのある食感
・しっかり口の中に余韻を残してくれる口溶け
操作性
good
・部品がやや複雑でセッティングが少々難しい
・材料の投入口も狭い
・アイスを固めすぎるとソフトクリームの絞り口から出なくなってしまう
・検証した機械の中では標準的な騒音
洗いやすさ
soso
・分解が難しく洗いにくい
・トッピングの投入口やソフトクリームの絞り口を掃除するのが特に大変

【編集部評価】
ソフトクリームをつくる予定だったのですが、想定よりもアイスクリームが固まってしまい、機械の絞り口から流れなくなってしまいました。そのためアイスクリームディッシャーを用いて盛りつけしています。

検証した機械の中でもトップクラスにアイスクリームを固めてくれます。ソフトクリームをつくりたいときはゼラチンなどを混ぜて生地を柔らかくしたほうが良いかも

アイスクリームメーカーとしても問題なく利用できますので、固めのアイスが好みの方であればピッタリの1台になることでしょう。

【実際の調理時間】
約20分

3

Cuisinart(クイジナート) / アイスクリームメーカー ICE-30BC

参考価格:17,600円(税込)
大容量!スタイリッシュなデザイン
Amazon
17,600円(税込)
楽天市場
23,880円(税込)
Yahoo!
ショッピング
23,800円(税込)
説明アイコン
なぜこのアイスクリームメーカーが選ばれたのか

上で紹介した「ソフトクリームメーカー Ice-45」と同じCuisinartによるアイスクリームメーカーです。

冷蔵庫で冷やした容器を機械にセットすると、機械の土台がまるで「ろくろ」のように回転し始めます。機械のフタには固定式のパドルがついており、材料はパドルにぶつかることでかき混ぜられていきます。

銀色のメタリックなルックスが映えデザイン性は抜群。北欧テイストなキッチンに置いておきたい一品です。

容器のサイズはかなり大きく、最大1.9リットルのアイスを一度につくることができます。ただし容器の高さが30cmもあるため、冷凍庫に入らない恐れがあるためサイズに注意を。冷凍庫の高さを確認してから購入するようにしましょう。

商品は並行輸入品となりますので、説明書はすべて外国語になります。日本語説明書は付属されませんので注意しましょう。

このアイスクリームメーカーでつくれるもの
アイスクリーム、シャーベット、フローズンヨーグルトなど。
専用レシピが付属していますがすべて外国語となります。

サイズW21.1cm×H28.6cm×D23.1cm
容器のサイズW15cm×H30cm
重量5.6 kg
容器を冷凍庫で冷やす時間6~22時間
「アイスクリームメーカー ICE-30BC」によるバニラアイス
検証項目評価結果補足
アイスの見た目
good
・やや白め
・クリームが均等になっておらず一部固まっている箇所がある
・やや柔らかめだがしっかり固まっている
アイスの味
good
・やや重めの食感
・濃厚なクリームらしさを感じられる
・口溶けはややムラがある
操作性
good
・部品が少なくシンプル
・材料の差込口も大きく使いやすい
・容器全体を回転させているため騒音はやや大きい
洗いやすさ
good
・容器を回転させるモーター部分と容器やフタなどを完全に分離できるためとても洗いやすい
・ただ容器は大きく重いので注意が必要

【編集部評価】
白くなめらかなアイスクリームが出来上がりました。ややかき混ぜにムラがあるのか、アイスの食感が均一ではありません。

また、説明書のレシピ通りにつくるとかなり甘いです。甘すぎるアイスが苦手なかたは注意しましょう。

【実際の調理時間】

約30分

3

DOSHISHA(ドウシシャ) / ハピクリーム DIC-19

参考価格:1,329円(税込)
小型でもパワフル!
Amazon
1,329円(税込)
楽天市場
1,980円(税込)
Yahoo!
ショッピング
1,980円(税込)
説明アイコン
なぜこのアイスクリームメーカーが選ばれたのか

ドウシシャの小型アイスクリームメーカーは、お子様にも好まれそうな可愛らしいデザインが特徴。

容器は小さいため冷凍庫に入れてもそこまで場所を取りません。冷凍庫が小さい方はもちろんのこと、普段から容器を冷やしておきたい方にもおすすめできるアイスクリームメーカーです。

このアイスクリームメーカーでつくれるもの
アイスクリーム、シャーベット、フローズンヨーグルトなど。
専用レシピが付属しています。

サイズW10.3× H20.2ⅽm
容器のサイズW10.3cm (2人分まで作成可能)
重量900g
容器を冷凍庫で冷やす時間10時間以上
「ハピクリーム DIC-19」によるバニラアイス
検証項目評価結果補足
見た目
verygood
・黄色く質感がある
・ぎっちり固まっている
・検証アイスクリームメーカーの中では最高の固まり具合
・質感も強く固めのアイスを好む人であればおすすめ
アイスの味
good
・濃厚かつしっかりした舌触り
・舌の上でバニラを主張しており甘みを強く感じられる
・口溶けは重めで濃厚
・舌の上に居座り甘さを1秒でも長く届けようとしてくれる
操作性
good
・モーターが強くアイスが固まるとフタが外れてしまう
・自動停止機能がない点に注意
・検証した機械の中では標準的な騒音
洗いやすさ
soso
・モーターとフタが分離できず洗いにくい

【編集部評価】
小型ですがかき混ぜる力の強いパワフルなアイスクリームメーカーでした。

アイスが固まりだすとフタが押し上がり歪み始めます。その状態でも放置しておくとやがてフタが外れ、容器も倒れてしまいます。フタが外れてもモーターは止まりませんので注意が必要です。

またフタが透明ではないため中身が見えません。そのためアイスがどこまで完成しているのか判断が困難。時間配分に注意しながら作成すると良いでしょう。

【実際の調理時間】
約30分

6

IDEA(イデア) / デュアルアイスクリームメーカー BOE032

参考価格:6,558円(税込)
2種類のアイスを同時につくれる!
Yahoo!
ショッピング
6,558円(税込)
説明アイコン
なぜこのアイスクリームメーカーが選ばれたのか

IDEAインターナショナルによるブランド「BRUNO」によるアイスクリームメーカー。

デュアルアイスクリームメーカーという商品名の通り、2種類の異なるアイスを同時に作成することができます。たくさんのレシピを試してみたいときに大活躍してくれるでしょう。

このアイスクリームメーカーでつくれるもの
アイスクリーム、シャーベット、フローズンヨーグルトなど。
専用レシピが付属しています。

サイズ幅35.6cm × 奥行13.5cm × 高さ21.9cm
容器のサイズ約200ml
重量2.2 kg
容器を冷凍庫で冷やす時間8~12時間
「デュアルアイスクリームメーカー BOE032」によるバニラアイス
デュアルカップそれぞれの違い
検証項目評価結果補足
見た目
good
【左】
・やや黄色くアイスの質感が強い
・やや柔らかいが粘り気あり固まっている
【右】
・かなりシャビシャビで水っぽい
・ほぼ溶けており固まっていない
アイスの味
good
【左】
・とろんと濃厚でアイスの味わいをしっかり感じる
・甘さとバニラの香りを残しながら優しく溶けていく
【右】
・かなりシャビシャビで水っぽい
・溶けかけのアイスを食べているかのよう
操作性
good
・セッティングに癖があるがそこまで難しくはない
・2種類のアイスを同時につくれるのは魅力的
・2種類のモーターが回転するのでややうるさく感じる
洗いやすさ
soso
・カップはコンパクトで洗いやすいが、フタのモニター部分が連結しており分解できない
・丸洗いできない上にお手入れも大変

【編集部評価】
右のモーターの回転速度に差があり、アイスの出来栄えにも大きな差が出ました。アイスを作成する際には注意したほうが良さそうです。

またアイスをつくるときは必ず2個の容器をセットしなければなりません片方の容器だけをセットしてもモーターが止まってしまうので注意しましょう。

【実際の調理時間】
約30分

7

貝印 / アイスクリームメーカー リラックマ

参考価格:2,490円(税込)
リラックマのデザインが可愛い!
Amazon
2,490円(税込)
楽天市場
2,577円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,467円(税込)
説明アイコン
なぜこのアイスクリームメーカーが選ばれたのか

後に登場する貝印の「アイスクリームメーカー ホワイト DL-5929」のデザイン違いとなるアイスクリームメーカーです。

リラックマのデザインとカラーリングがとにかく可愛い。リラックマ好きであれば押さえておきたいマストアイテムかもしれません。

このアイスクリームメーカーでつくれるもの

アイスクリーム、シャーベット、フローズンヨーグルトなど。
リラックマのスイーツがつくれる専用レシピが付属しています。

サイズ直径16cm × 高さ16.5cm
容器のサイズ300ml
重量1.1 kg
容器を冷凍庫で冷やす時間10時間以上
「アイスクリームメーカー リラックマ DN0214」によるバニラアイス
検証項目評価結果補足
アイスの見た目
soso
・やや白い
・ソフトクリームのように柔らかい
・固いアイスが好みであれば完成後に冷凍庫で冷やすのがおすすめ
アイスの味
good
・固まり具合にムラがあり味がやや安定しない
・アイスとしての口溶けや甘みはしっかり感じられる
操作性
good
・材料を入れてからフタをしめてスイッチを押す
・セッティングは簡単で使いやすい
・検証した機械の中では標準的な騒音
洗いやすさ
soso
・モーター部分とフタを分離して洗うことができるが、分離させるのが難しく大変

【編集部評価】
やや柔らかめではありましたが、しっかりかき混ぜられたアイスクリームをつくることができました。

ただし、材料が固まりきらず失敗してしまうことがありましたので、できるだけ室温を下げ、材料なども予め冷蔵庫で冷やしておくことなどをおすすめします。

【実際の調理時間】
約30分

8

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) / アイスクリームメーカー ICM01-VM

参考価格:1,580円(税込)
爽やかなミントグリーンがまぶしい
Amazon
1,986円(税込)
楽天市場
1,580円(税込)
Yahoo!
ショッピング
2,180円(税込)
説明アイコン
なぜこのアイスクリームメーカーが選ばれたのか

爽やかなミントグリーンの色合いが特徴的なアイリスオーヤマのアイスクリームメーカー。可愛らしいストロベリーカラーも展開されています。

容器は直径14.6cmと大きめなのですが、アイスは200ml(2~3人分)しかつくることができません。

このアイスクリームメーカーでつくれるもの
アイスクリーム、シャーベット、フローズンヨーグルトなど。
専用レシピが付属しています。

サイズ幅14.6cm × 奥行14.6cm × 高さ16.2cm
容器のサイズ200ml
重量998 g
容器を冷凍庫で冷やす時間8時間以上
「アイスクリームメーカー ICM01-VM」によるバニラアイス
検証項目評価結果補足
見た目
soso
・白くなめらかでかなり柔らかい
・アイスクリームとしての質感には欠けている
・ただのクリームに見える
アイスの味
soso
・ふわっとエアリーでマスカルポーネクリームのような柔らかさ
・口溶けはあっさりで物足りない
・固まり具合が弱いためすぐに水分に変わり流れてしまう
操作性
good
・材料の入れ口が狭くこぼれやすい
・ややパワー不足の印象を受けるが他機種に比べると静か
洗いやすさ
soso
・モーター部分の隙間に材料が飛び込むことも多く、お手入れにはかなり気を使う

【編集部評価】
検証した機械の中ではシンプルでスタンダードなアイスクリームメーカーといえるでしょう。

ただし、ちょっと冷やす力が弱いのか、アイスがしっかり固まりませんでした。固めのアイスを食べたい方には物足りないかもしれません。

モーター音は静かなのですが、ややパドルの回転速度が他社製品よりも遅め。アイスが完成しない恐れも高いため、室温などに気をつけるようにしましょう。

【実際の調理時間】
約25分

9

DOSHISHA(ドウシシャ) / 電動アイスクリームメーカー DIC-16BL

参考価格:1,980円(税込)
ワイルドで荒々しい
Amazon
1,980円(税込)
楽天市場
3,820円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,074円(税込)
説明アイコン
なぜこのアイスクリームメーカーが選ばれたのか

ドウシシャの丸型アイスクリームメーカーです。

8位のアイリスオーヤマ「アイスクリームメーカー ICM01-VM」とデザインが似ています。パドルのデザインも同じもの。容器のデザインがやや異なりますが、フタやモーターの形状も変わりません。

ただし、同一商品ではないため、部品などを使い回したりすることはできません。購入の際には注意するようにしてください。

このアイスクリームメーカーでつくれるもの
アイスクリーム、シャーベット、フローズンヨーグルトなど。
専用レシピが付属しています。

サイズW15×H16.5×D15cm
容器のサイズ約200ml
重量1.2 kg
容器を冷凍庫で冷やす時間12時間以上
「電動アイスクリームメーカー DIC-16BL」によるバニラアイス
検証項目評価結果補足
見た目
soso
・黄色くアイスの質感が強い
・しっかり固まっている
・容器から材料があちこちに飛び散るため汚い
アイスの味
good
・濃厚で口の中にバニラの甘みがはっきりと伝わる
・濃厚な口溶け
・甘みをしっかり口の中に残して溶けてくれる
操作性
bad
・材料の入り口が狭いため使いにくい
・かき混ぜ時の動きがとても激しく材料が吹き出ることがある
・微かにガタガタ震える
・他機種に比べると少々うるさい
洗いやすさ
soso
・材料が激しく飛び散りフタが汚れてしまう
・モーター部分の隙間に材料が飛び込むことも多く、お手入れにはかなり気を使う

【編集部評価】
アイリスオーヤマの「ICM01-VM」はややモーターが大人しい機種でしたが、こちらの「DIC-16BL」はとってもパワフル。かき混ぜパワーが強すぎて周囲に飛び散るほどでした。

ただしアイスクリームはしっかり満足できるものが完成しました。濃厚で固めのアイスが好きな人にはおすすめです。

【実際の調理時間】
約20分

10

récolte(レコルト) / Ice Cream Maker(アイスクリームメーカー)

参考価格:3,200円(税込)
可愛いアイスクリームメーカー
楽天市場
3,200円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,300円(税込)
説明アイコン
なぜこのアイスクリームメーカーが選ばれたのか

シンプルでデザイン性に富んだ商品が多い「レコルト」らしく、ポップな見た目のアイスクリームメーカーです。

可愛らしいカップでつくるアイスクリームメーカーは3位のドウシシャ「ハピクリーム DIC-19」とそっくり。容器が小さいので冷凍庫に入れやすく、普段使いしやすいアイスクリームメーカーといえるでしょう。

このアイスクリームメーカーでつくれるもの
アイスクリーム、シャーベット、フローズンヨーグルトなど。
専用レシピが付属しています。

サイズ幅14cm × 奥行10.5cm × 高さ21.5cm
容器のサイズ直径10.3cm × 高さ13.5cm(約200ml)
重量400 g
容器を冷凍庫で冷やす時間14~16時間
「Ice Cream Maker(アイスクリームメーカー)」によるバニラアイス
検証項目評価結果補足
アイスの見た目
soso
・冷えている箇所にムラがあるのか、色味が均等になっていない
・固まり具合にムラあり
・完成後に冷凍庫で冷やすことをおすすめ
アイスの味
soso
・食感にムラがあり味わいも安定しない
・やや水っぽさを感じる
操作性
soso
・小型でそのままアイスを食べることもできる
・フタが透明ではないため、アイスが固まっているか確認できない
洗いやすさ
soso
・容器は軽くて洗いやすいが、モーター部分とフタが分解できずお手入れが大変

【編集部評価】
かなり柔らかい水っぽいアイスクリームが完成しました。

かき混ぜる力があまり強くないのか、食感にもムラがあります。

同じ小型アイスクリームメーカーであればドウシシャの「ハピクリーム DIC-19」のほうが総合点が高いという結果になりました。

【実際の調理時間】
約30分

11

貝印 / アイスクリームメーカー

参考価格:1,985円(税込)
シンプルな丸型モデル
Amazon
2,017円(税込)
楽天市場
1,985円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,619円(税込)
説明アイコン
なぜこのアイスクリームメーカーが選ばれたのか

貝印による最新型のアイスクリームメーカーです。総合点トップに輝いた「アイスクリームメーカー DL0272」の後継機であり現行モデルです。

「DL0272」をよりコンパクトに改良。小さな冷凍庫でも入るよう変更され、お手入れもしやすくなりました。

7位の「アイスクリームメーカー リラックマ DN0214」とはデザイン違いになっています。

このアイスクリームメーカーでつくれるもの
アイスクリーム、シャーベット、フローズンヨーグルトなど。
専用レシピが付属しています。

サイズ直径16cm × 高さ16.5cm
容器のサイズ300ml
重量1.1 kg
容器を冷凍庫で冷やす時間10時間以上
「アイスクリームメーカー ホワイト DL-5929」によるバニラアイス
検証項目評価結果補足
アイスの見た目
bad
・ほとんど固まっておらずシャビシャビ
・ほぼ固まっていない
・半分ほど溶けている状態
アイスの味
bad
・ほぼ水分でアイスクリーム感は味わえない
・液体を飲み込んでいるようで口溶けは味わえない
操作性
bad
・しっかりとしたアイスクリームをつくるためには室温や材料の冷却などが必要になる
・この性能では気軽に普段使いできない
洗いやすさ
soso
・モーター部分とフタを分離して洗うことができるが、分離させるのが難しく大変

【編集部評価】
冷やす力が弱いのか、アイスがしっかり固まりませんでした。

アイスの作成を2回チャレンジしましたが、1回目は完全に液体のまま終了。2回目は半分ほど固まった状態で終了。掲載している写真は2回目のものになります。

「アイスクリームメーカー DL0272」の後継機となりますが、今回の検証では性能にかなりの差があるという結果になりました。もし使用するのであれば室温を下げ、アイスの材料も事前に冷やしておくといった工夫が必要となりそうです。

【実際の調理時間】

約30分

アイスクリームメーカーおすすめランキングTOP2【小型冷却装置内蔵タイプ】

自動アイスクリームメーカーの中には「小型冷却装置」を内蔵したタイプも販売されています。

いわば小さな冷凍庫が内蔵されているアイスクリームメーカーなので、どうしてもサイズが大きくなり、価格も高くなってしまうのがデメリット。

しかし、その中でも比較的リーズナブルで小さめのものを購入してアイスをつくってみました。

1

Haier(ハイアール) / フリージング・クッカー JL-ICM700A

参考価格:16,086円(税込)
小型冷却装置内蔵モデル
Amazon
29,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
16,086円(税込)
説明アイコン
なぜこのアイスクリームメーカーが選ばれたのか

白物家電ブランド販売シェア世界No.1をほこるハイアールのアイスクリームメーカーです。

ペルチェ式(電子式)の冷却機能を内蔵しているため、小型なのにしっかりとしたアイスクリームをつくることができます。

このアイスクリームメーカーでつくれるもの
アイスクリーム、シャーベット、フローズンヨーグルトなど。
専用レシピが付属しています。

サイズW18.5×H26.5×D23.8cm
容器のサイズ約700mL
重量3.5kg
容器を冷凍庫で冷やす時間-
「アイスデリ JL-ICM700A」によるバニラアイス
検証項目評価結果補足
アイスの見た目
good
・やや黄色く質感ある
・やや柔らかめだが、しっかり固まっている
舌触り・食感
verygood
・濃厚で食べごたえあり
・甘みが深くしっかり味わえる
・口溶け感が強い
・すぐに溶けるのではなく口の中に甘みを植えつけてくれる
操作性
verygood
・材料をセットしてスイッチを押すだけ
・圧倒的に手軽
・ファンが激しく回っており騒音は少しだけ気になる
洗いやすさ
soso
・容器と本体モーター部分が分離できず洗いにくい
・防水対策も施されていないので注意しないと壊してしまう

【編集部評価】
容器を長時間冷凍する必要がないため、すぐに手づくりアイスクリームを楽しむことが可能です。

検証するまでは冷却できないのではないかと半信半疑でしたが、驚くほどにしっかりとしたアイスクリームが完成しました。

ちょっとお手入れのしやすさに難がありますが、アイスの出来栄えはばっちり。お値段に見合うだけの仕事はやってくれる編集部イチオシのアイスクリームメーカーです。

【実際の調理時間】
約40分

2

Haier(ハイアール) / フリージング・クッカー JL-ICM710A

参考価格:17,000円(税込)
かためとやわらかめの調整が可能
Amazon
17,978円(税込)
楽天市場
26,544円(税込)
Yahoo!
ショッピング
17,000円(税込)
説明アイコン
なぜこのアイスクリームメーカーが選ばれたのか

ハイアールのアイスクリームメーカー「アイスデリ」シリーズのエントリーモデルになります。

上で紹介した初期タイプである「アイスデリ JL-ICM700A」に『かため』と『やわらかめ』のボタンが追加され、カラーリングも変更したモデルになります。

「アイスデリ JL-ICM700A」と同様にペルチェ式(電子式)の冷却機能を内蔵。小型ですが好みに合わせたアイスクリームをつくることができます。

このアイスクリームメーカーでつくれるもの
アイスクリーム、シャーベット、フローズンヨーグルト、冷製スープなど。
専用レシピが付属しています。

サイズW18.5×H23.8×D26.5cm
容器のサイズ約700mL
重量2.5kg
容器を冷凍庫で冷やす時間-
「アイスデリ JL-ICM710A」によるバニラアイス
検証項目評価結果補足
見た目
good
・やや白くとろけている
・「かため」に設定したがかなり柔らかい
アイスの味
good
・固まりきっていないためかさっぱりとした舌触り
・「アイスデリ700A」に比べると口溶け感があっさりしている
操作性
verygood
・材料をセットしてスイッチを押すだけ
・圧倒的に手軽
・ファンが激しく回っており騒音は少しだけ気になる
洗いやすさ
soso
・容器と本体モーター部分が分離できず洗いにくい
・防水対策も施されていないので注意しないと壊してしまう

【編集部評価】
「アイスデリ JL-ICM700A」と性能は大きく変わりませんが、今回の検証ではアイスクリームの出来栄えに差が生じました

「アイスデリ JL-ICM700A」よりも柔らかいアイスが作成される傾向があります。固めのアイスをつくるのであれば長時間セットするか、別容器に移して冷凍庫で冷やすと良いでしょう。

「やわらかめ」に設定すれば冷製スープなども手軽につくれるのでおすすめです。

【実際の調理時間】
約40分

アイスクリームメーカーおすすめランキングTOP3【手動タイプ】

手動のアイスクリームメーカーもいくつか検証してみました。

手動のためかき混ぜる労力はかかり大変ですが、手動ならではの楽しみを見出せるアイテムを揃えてみました。

1

DOSHISHA(ドウシシャ) / ハピロール タブレット DHRL-18

参考価格:4,490円(税込)
YouTubeで大人気!
Amazon
4,680円(税込)
楽天市場
4,490円(税込)
Yahoo!
ショッピング
5,090円(税込)
説明アイコン
なぜこのアイスクリームメーカーが選ばれたのか

冷やしたタブレット(アルミニウム製)の上でヘラを使ってアイスクリームをつくります。

ロールアイスをつくってみたり、アイスとフルーツをかき混ぜたり、ジュースをシャーベットにしてみたりと、たくさんのアレンジレシピを楽しむことができます。

写真映えするおしゃれなアイスクリームがつくれるので、YouTuberやインスタグラマーにも大人気。

ひんやりスイーツが大好きな人には特におすすめしたい商品です。

このアイスクリームメーカーでつくれるもの
アイスクリーム、シャーベット、ロールアイス、トッピングアイスなど。
専用レシピが付属しています。

サイズW29.1xH3.2xD24.3cm
容器のサイズW29.1xH3.2xD24.3cm
重量1.4 kg
容器を冷凍庫で冷やす時間10時間以上
「ハピロール タブレット DHRL-18」によるバニラアイス
検証項目評価結果補足
見た目
good
・白くなめらか
・かなり柔らかい
アイスの味
bad
・水っぽさが強い
・ジェラートのような食感
・口溶けは軽い
・アイスクリームの深い味わいは弱い
操作性
soso
・ヘラによるかき混ぜはとても楽しい
・ただし美しいアイスをつくるにはコツと練習が必要
洗いやすさ
verygood
・タブレットだけなので洗いやすい

【編集部評価】
アイスの味自体はアイスクリームメーカーに及びませんが、しっかり固形の食感を味わうことができます。

タブレット上でアイスやチョコレートをかき混ぜてみたり、カラフルな七色のロールアイスをつくってみたりと、とても自由度の高いアイスクリームメーカーです

インスタ映えするアイスクリームがつくれるか挑戦したくなりますね!

【実際の調理時間】
約5分

2

THERMOS(サーモス) / 真空断熱 アイスクリームメーカー KDA-200

参考価格:1,067円(税込)
サーモスの保温容器でアイスをつくる
Amazon
1,067円(税込)
楽天市場
1,160円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,180円(税込)
説明アイコン
なぜこのアイスクリームメーカーが選ばれたのか

ステンレス製の魔法瓶やタンブラーで有名なTHERMOSのアイスクリームメーカーです。

冷やした容器の中に材料を入れ、ヘラを使って10~20分ほどかき混ぜてアイスをつくります。

THERMOS独自の真空断熱容器もついているので、アイスをつくっている最中もつくった後も溶けにくい仕組みになっています。

このアイスクリームメーカーでつくれるもの
アイスクリーム、シャーベット、フローズンヨーグルトなど。
専用レシピが付属しています。

サイズW10.5×H14×D10.5cm
容器のサイズ200mL
重量798g
容器を冷凍庫で冷やす時間24時間以上
「真空断熱 アイスクリームメーカー」によるバニラアイス
検証項目評価結果補足
見た目
soso
・白く氷の粒ようなものが見える
・やや柔らかめだがしっかりと固まっている
アイスの味
bad
・やや水っぽくシャリシャリしている
・清涼感のある舌触りと口溶け
・濃厚感は物足りない
操作性
bad
・ヘラで15分ほどかき混ぜて10分ほど冷凍庫で冷やす
・その後またかき混ぜる必要あり
・手間がかかり大変
洗いやすさ
verygood
・ポットは軽くとても洗いやすい

【編集部評価】
かき混ぜるのはかなり大変でした。編集部員も交代しながらかき混ぜました。

特に大変だったのが、容器の側面にこびりつく材料をヘラで剥がしながらかき混ぜること。なかなか側面を剥がすことが難しく苦労します。

完成したアイスはやや水っぽく濃厚さに欠けます。しかし氷のような爽やかな口溶けがありますので、好みの人にはおすすめできる機種。

【実際の調理時間】
約20分(内冷凍庫で10分冷やす)

3

yayLabs(イエラボ) / ソフトシェル アイスクリームボール

参考価格:5,444円(税込)
氷を入れて転がそう!
Amazon
5,909円(税込)
楽天市場
5,444円(税込)
Yahoo!
ショッピング
6,050円(税込)
説明アイコン
なぜこのアイスクリームメーカーが選ばれたのか

6号ボールほどの大きさを持つアイスクリームメーカーです。

ボールの内部にはアイスの材料を入れる容器と、材料を冷やすための氷を入れる容器があります。両方をボールに入れてゴロゴロ転がすことで材料を冷やす&かき混ぜてアイスをつくります。

とてもエンタメ性の高いユニークなアイスクリームメーカーです。特にアウトドアでは注目を集めるアイテムになるでしょう。

このアイスクリームメーカーでつくれるもの
アイスクリーム、シャーベット、フローズンヨーグルトなど。
専用レシピが付属しています。

サイズ直径23cm
容器のサイズ約500ml
重量1.13 kg
容器を冷凍庫で冷やす時間なし
「ソフトシェル アイスクリームボール」によるバニラアイス
検証項目評価結果補足
アイスの見た目
bad
・かなり白い
・容器内で固まっている部分と固まっていない部分がわかれており、見た目はあまり良くない
・容器の中央は柔らかく側面と奥がガチガチに固まっている
アイスの味
soso
・なめらかで濃厚
・甘みを強く感じるが固まっている箇所にムラがあるため舌触りが安定しない
・甘さがしつこいが口溶けはしっとり濃厚で美味しい
操作性
soso
・ボールを長時間転がすのは大変
・氷をボール内で入れるのが手間になる
・氷のガラガラ当たる音がうるさい
洗いやすさ
soso
・丸洗いできるが容器が狭く奥底を洗うのがやや大変

【編集部評価】
思ったよりもボールを転がすのは楽しく、編集部員も息が切れるほど遊んでしまいました。大人数で楽しむときのアイテムとして活用するのはとってもおすすめです。

ただし材料を入れたボールはかなり重くなります。裸足で蹴れば足を痛めてしまうので注意してください。

完成したアイスも味わいにムラがありますが、しっかり美味しいものが出来上がります。

【実際の調理時間】
約40分

アイスクリームメーカーまとめ

アイスクリームメーカーの検証、そして編集部おすすめのアレンジレシピはいかがでしたでしょうか?

検証を始める前は「アイスクリームメーカーなんて難しいんじゃないかな…」と不安でいっぱいでしたが、実際につくってみるととっても簡単!新鮮でなめらかな本格アイスクリームをたっぷり味わうことができました。

ちなみに編集部イチオシのアイスクリームメーカーは貝印の「アイスクリームメーカー DL0272」です!

どのアイスクリームメーカーも美味しいアイスがつくれましたが、DL0272のアイスクリームは一味違いましたね!ほぼ満場一致の結果となりました。

その他にもハイアールの「アイスデリ」もすごく良かったですね!やはり小型冷却機能が内蔵されていると全然違います。さすがハイアールの技術力は違うな、と唸るしかありませんでした。

皆様もぜひお気に入りのアイスクリームメーカーを見つけてください!お家でつくるアイスは本当に美味しいですよ!

調理器具の関連記事一覧

その他の記事はこちら

検索アイコン「アイスクリームメーカー」を
もっと探したい方はこちら!
さらに他の商品を探したい方は
こちらをチェック!
やまもとまどか
この記事のライター
やまもとまどか
2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。 SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。 その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。

2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。
SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。
その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。

おうちdeモノレコ 自宅で楽しく!快適に!過ごせるおすすめ特集
この記事が気に入ったらシェアしよう!
↓↓
モノレコ by Amebaをフォローして
最新記事を受け取ろう!

あわせて読みたい

キッチン用品・キッチン家電の新着記事

キッチン用品・キッチン家電の人気記事ランキング

新着記事

人気記事ランキング

お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。