1. モノレコ by Ameba ホーム
  2. 生活家電
  3. ロボット掃除機おすすめ28選|ランキングで紹介!ルンバなどの人気モデルも勢揃い

ロボット掃除機おすすめ28選|ランキングで紹介!ルンバなどの人気モデルも勢揃い

76,788 view
  • Facebookシェア
  • LINE
  • ツイート
  • はてブ
  • note

目次

CONTENTS
鉛筆アイコンこの記事を監修した専門家
藤山 哲人のプロフィール画像
藤山 哲人
家電ライター

1967年生まれ。「家電Watch」「DIME」など多数の媒体で執筆。あらゆる家電を使い込んで比較する技術系家電ライター。「家電おじさん」「体当たり家電ライター」の異名を持つ。TBS系列バラエティ番組「マツコの知らない世界」には5回出演。

1967年生まれ。「家電Watch」「DIME」など多数の媒体で執筆。あらゆる家電を使い込んで比較する技術系家電ライター。「家電おじさん」「体当たり家電ライター」の異名を持つ。TBS系列バラエティ番組「マツコの知らない世界」には5回出演。

ロボット掃除機とは?仕組みを知っておこう!

仕事や子育てをしている限り毎日掃除をするのは難しいものです。そんな時に活躍してくれるのが、自動で勝手に掃除をしてくれるロボット掃除機。

人の手で掃除機をかけたときの「気づけば同じ場所を掃除していた」、「掃除できていない場所があった」などという悩みがほとんどないのが大きな特徴のひとつです。

ボディの下にはブラシやローラーが搭載されており、それによりゴミを吸引&集じん。数十分後には部屋中をピカピカにしてくれます。

そんなロボット掃除機ですが、仕組みはいったいどうなっているのか気になりますよね!

ロボット掃除機本体の下部には、自動で動くためのタイヤ、そして掃除をするためのブラシやローラーが搭載されています。このブラシやローラーには以下のような特徴があります。

  • ブラシの特徴
    静電気除去ブラシ、抗菌ブラシ、汚れを落とすための硬いブラシ、床を磨くための柔らかいブラシなど、いくつか種類があります。

    ロボット掃除機にはこれらのブラシが数種類搭載されているものがほとんど。これらを駆使することでほこりなどの軽いゴミや床磨きまでも可能にしてくれます。
  • ローラーの特徴
    プリンターの紙送り部分のようなフォルム。ゴムなどの素材でできており、製品によって形状はさまざまです。

    このローラーがゴミをぐんぐん巻き取り、小さなゴミも逃しません。

ロボット掃除機の選び方のポイント

テレビなどでも活躍している家電ライターの藤山さんに、ロボット掃除機選びのポイントをお伺いしました!

スマートフォンと連携しているか

ロボット掃除機がスマートフォンと連携している画像

最近のロボット掃除機には、スマートフォンと連携させる機能が搭載されている製品があります。

・部屋の間取りやゴミの量をデータ化してアプリで表示させる
・エリアを指定し、その部分のみ掃除させる
・掃除した部分や進行状況をアプリで表示させる

というように、家を空けている間、掃除するエリアや時間などを可視化できるのが最大の特徴です。

藤山 哲人
家電ライター

この機能の使い方は「掃除後どれだけのゴミが部屋のどこに落ちてたかということまで知りたい」か「スマートフォンをリモコン代わりに使用したい」の2パターンに分かれます。

毛が取れるかどうか

ロボット掃除機がペットの毛や長い髪の毛もしっかりと掃除している画像

ペットを飼っていると気になるのが毛。部屋中に散らばった犬や猫の毛には、ブラシよりも断然ローラーの方が力を発揮してくれます。

特にブラシが付いておらずローラーのみ搭載されている製品は、ペットの毛や長い髪の毛などをしっかりと巻き取ってくれるのでおすすめ!

藤山 哲人
家電ライター

ペットの毛を掃除するのにブラシタイプの掃除機を使うとブラシに毛が絡まってしまいお手入れが面倒です。

ローラーが搭載されているモデルであれば、ゴム性のローラーが密着し合って真空状態をつくりゴミを一気に吸引。さらに奥の真空ポンプでゴミをダストボックスまで送り込んでくれます。

ホコリを掃除するだけであれば、吸い込み口にある複数のブラシで床を磨いてくれるブラシタイプがおすすめです。

段差やカーペットがある場所はないか

ロボット掃除機がカーペットを掃除している画像

ご家庭によってはラグやカーペットを敷いて生活されている方も少なくありません。ロボット掃除機を選ぶ際は、そういう場所にも対応できる機種を確認しておくと良いでしょう。

藤山 哲人
家電ライター

ロボット掃除機の弱点がこの段差。1.5cmくらいのラグやマットだと沈んでしまい動けなくなる恐れもあります。

ロボット掃除機に掃除させたい場合は、ラグを外しておくのがベター。端についているフリンジなどもしっかりと折り込んでおきましょう。延長コードも吸ってしまうので要注意!

騒音性、静音性

運転音が気にならない静音性に優れたロボット掃除機

ロボット掃除機を選ぶ際、運転音の大きさも気になるところ。

集合住宅にお住まいの場合、深夜の掃除機がけは気が引けます。また、犬などは特に運転時の高音が苦手なので、なるべく音の静かな機種を選ぶと◎。

藤山 哲人
家電ライター

国産の機種には静音性に優れたモデルも多く発売されているのでおすすめ!おやすみモードや静音モードなどが搭載されている製品もあります。

進入させたくない場所があるか

進入させたくない場所には進入禁止機能が搭載されたロボット掃除機

部屋の中には、ペットの水飲み場や赤ちゃんのベッドなど、進入させたくないエリアがあります。そのような場合には、進入禁止エリアを設定できるモデルが便利。

進入禁止機能には、赤外線などを利用して見えないバリアを張れるタイプ、床に磁気テープを設置できるタイプがあります。

エリアは直線で設定できるもの、スポットで設定できるものなどさまざまなので、その点も購入前に確認しておきましょう。

藤山 哲人
家電ライター

進入させたくない場所にセンサーを置いたり赤外線のビームを張っておいたりすれば、その半径数mを進入させないようにすることが可能です。



掃除機にはロボット掃除機以外にもさまざまな種類があります。スティック型やキャニスター型、ハンディ型などの掃除機も気になる方はこちらの記事も合わせてチェックしてみて下さい!

ロボット掃除機搭載の機能とは?

他にもロボット掃除機に搭載されている機能はさまざまです。一体どのような機能があるのでしょう。藤山さんのこだわりポイントと合わせて参考にしてみてください。

「吸引タイプ」と「拭き掃除タイプ」

吸引タイプと拭き掃除タイプの2種類に分かれるロボット掃除機。中には、吸引も拭き掃除もしてくれる製品もあります。目的によって最適なものを選びましょう。

吸引タイプのロボット掃除機の画像
  • 吸引タイプ
    吸引タイプとは、ゴミを吸い取って掃除するタイプ。いかに吸引力が高いかが重要視されます。吸引力が不十分だとゴミを吸い取りきれず、結果、室内にゴミが残ることに。

    特に毛足の長いラグやカーペットに使用する場合は、より吸引力に優れた製品を選ぶことが大事です。
拭き掃除タイプのロボット掃除機の画像
  • 拭き掃除タイプ
    自分で床の雑巾がけをするにはそれなりの労力が必要。家が広くなるほど一苦労です。拭き掃除タイプは、吸引タイプとは異なりクロスやモップで水拭きや乾拭きをしてくれるのが大きな特徴。

「ランダムナビゲーション式」と「システムナビゲーション式」

ロボット掃除機の動作方式は「ランダムナビゲーション式」か「システムナビゲーション式」の2種類。どちらのシステムもそれぞれにメリット、デメリットがあるためどちらが良いかは人それぞれです。

「ランダムナビゲーション式」と「システムナビゲーション式」の違いの画像
  • ランダムナビゲーション式
    障害物に接触すると勝手に進行方向を変更しながら移動するのがランダムナビゲーション式です。

    このタイプは、まず最初に部屋を一周して広さや障害物の位置などを記憶するのが特徴。障害物のすき間を埋めながら自由に動き回ります。

    同じ場所を数回通るため多少時間を要するのがデメリット。とはいえ、さまざまな角度から何度もアプローチしてくれるためゴミの取り逃しが少ないのはメリットといえるでしょう。
  • システムナビゲーション式
    もう一方が、本体にカメラやセンサーが内蔵されているシステムナビゲーション式です。こちらは部屋の広さや障害物の位置などを正確に検知してルートを確定します。

    基本的に直線で走行していくため、ゴミを取り逃がしてしまう場合があるのがデメリット。しかし、同じ場所を何度も通らないので短時間で掃除が完了するのがメリットといえる点です。

形状、サイズ

ロボット掃除機の形状の画像

ロボット掃除機本体の直径や高さは機種によってさまざま。

サイズの大きいものは狭いスペースに不向きだったり、高さがあるものはソファやベッドの下には不便だったりします。ご自宅の広さや家具の場所、サイズなどをあらかじめ調べておくのが大切。

最近では丸形だけではなく三角形フォルムの製品も登場していて、部屋の角を掃除しやすいため隅々までくまなく掃除できるという利点もあります。目的に合わせて選びましょう。

機能

ロボット掃除機には多くの機能が備わっています。用途に合わせて必要な機能を把握し、最適な機種を選ぶのが重要。どのような機能があるか説明していきます。

人工知能

ロボット掃除機の機能はどんどんと進化し、高度な知能を持った機種が開発されています。

先ほどのナビゲーション機能をはじめ、効率化に特化した学習機能のほか、会話をしてくれる音声認識機能、好きなミュージックを楽しめる音楽再生機能など多種多様。

効率化だけに留まらない、あらゆる機能をぜひチェックしてみてください。

自動充電機能

掃除が完了したり電池の残量が少なくなったりすると、自動的に充電スポットまで戻るのがこの機能。これが搭載されていると、掃除の途中で止まってしまうことなどがないため非常に便利です。

余計なストレスを感じることなくロボット掃除機を使えるので、搭載されているかどうかチェックしておいて損はないでしょう。

段差乗り越え機能

部屋の中にある段差を乗り越えられる機能のこと。藤山さんの説明にもありましたが、段差の多い部屋にとっては欠かせない機能といえるでしょう。

本体サイズが小さかったりパワーが弱かったりすると、わずかな段差さえも乗り越えられない場合があります。購入前にはこういった点もチェック。

落下防止センサー

ロボット掃除機を使用していると、高い段差から落下してしまわないか心配です。

落下防止センサーは、赤外線のセンサーを本体裏の数ヵ所に搭載することであらゆる段差を感知する機能。現在出回っているほとんどの製品に備わっています。

ただし赤外線は黒色の判別ができないため、段差の先に黒い物体があると落下してしまう可能性も。そんなときのために、超音波センサーを併用することでより落下の心配を軽減してくれる機種もあります。

なお、この落下防止機能が高ければ高いほど価格は高くなる傾向にあるそう。

衝突防止機能

家具や壁への激しい衝突のせいでロボット掃除機が故障…なんてことは避けたいですよね。赤外線や超音波、レーザーなどのあらゆるセンサーを駆使して障害物への衝突を防止してくれるのがこの衝突防止機能です。

  • 衝突してから方向を変えるタイプ
    障害物などのキワをギリギリまで掃除してくれる
  • 衝突する前に障害物を避けるタイプ
    障害物を一切傷つけずに掃除してくれる


このように衝突防止機能の種類はさまざま。またセンサーの種類も異なるので、購入前にチェックしましょう。

衝突防止機能が高いほどロボット掃除機が慎重に掃除をしてくれるため、少々掃除に時間がかかるのも知っておくべきポイントです。

メンテナンス

ロボット掃除機のゴミ捨ての画像

ロボット掃除機は、自動で掃除をしてくれて維持費もかからないからこそメンテナンスが必要不可欠。このメンテナンスがラクにできるかどうかは、耐久性を保つ上でかなり重要です。チェックしたいポイントは以下の点。

ゴミ捨ての回数

ロボット掃除機というのは構造の関係上、比較的ゴミのタンクが大きくできていないものがほとんど。そのため、割と頻繁にゴミを捨てなければなりません。

中には、できるだけ多くのゴミを収容するため圧縮袋を搭載したモデルも販売されています。

水洗いが可能か

多くのロボット掃除機はダストボックス、フィルター、ローラー、ブラシなど部品の水洗いが可能。しかし、中には水洗いに対応していない製品もあります。自分に合ったお手入れ方法を決めた上で最適な製品を選びましょう。

ゴミ捨ての際に手が汚れないか

ダストボックスからゴミを捨てる際、手がゴミに触れるのはなんとも不快。ダストボックスの形状によってはゴミが入りきらず、捨てる際にこぼれてしまうため手が汚れる可能性もあります。

製品選びの際にゴミ捨てがノンストレスでできるかもチェックしておいた方が良いでしょう。

ロボット掃除機おすすめ16選【2019下半期~2020年発売の最新機種を紹介】

ここからは、2019年下半期から2020年8月までに発売された最新モデルを一挙に紹介します。新し物好きな方、ロボット掃除機の買い替えを考えている方は要チェックです!

iRobot(アイロボット) / ルンバ 692

参考価格:39,800円(税込)

初めてのロボット掃除機にぴったり!

Amazon
39,800円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

ルンバのスタンダードモデルに、Wi-Fiが搭載されて登場。専用のアプリを使って日時指定で掃除の予約ができたり、いつどこにいても掃除機を操作できるので便利です。

ゴミをかき出して浮き上がらせて吸引する「3段階クリーニングシステム」で、カーペットなどの髪の毛やホコリも除去。ゴミが多い場所を自動で検知する「ゴミセンサー」も装備しています。

部屋の状況を考えながら掃除してくれるので、段差や壁を感知して衝突や落下による傷つきも減らせます。

サイズ最大幅34×高さ9.2cm
重量3.6kg
充電時間-
稼動時間最大90分
iRobot(アイロボット) / ルンバ 692の画像1

ルンバ 692は口コミ通り?アイロボットのロボット掃除機を検証調査!

ECOVACS(エコバックス) / DEEBOT 600 DO3G

参考価格:19,731円(税込)

充実の機能がたくさん搭載されている

Amazon
24,800円(税込)
楽天市場
19,731円(税込)
Yahoo!
ショッピング
19,923円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

スケジュールタイマー、スマホアプリ対応、メインブラシ、ランダム清掃など、基本的な機能を搭載。どんな環境にも使いやすいモデルになっています。 

アプリから清掃モードの設定や予約ができるのはもちろん、決まった時間に清掃をするタイマー機能も。時間と曜日まで設定できるので、毎回スケジュールの予約をする手間が省けます。

また、段差を検知して後戻りをしたり部屋の隅は減速して掃除するなど、落下や衝突の防止にもつながります。

サイズ332×332×79mm
重量3.05kg
充電時間180分
稼動時間110分/70分

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) / IC-R01

参考価格:18,810円(税込)

バンパーを使って障害物を検知

Amazon
18,810円(税込)
楽天市場
19,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
19,800円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

タンクに水を入れておけば、前方でゴミを吸引して後方で水拭きをしてくれれうロボット掃除機。走行センサーで障害物をよけながら掃除をしますが、検知できないときはバンパーで接触することで検知ができます。

自動モード、スポットモード、壁際モードを選んで掃除をすることが可能。ダストボックスは、水洗いで簡単にお手入れできるところが嬉しいポイントです。

掃除が終わったら自動で充電台に戻って充電を開始してくれるので、自分で充電する手間もありません。

サイズ330×335×78mm
重量2.8kg
充電時間240~300分
稼動時間強:50分/弱:90分

ECOVACS(エコバックス) / DEEBOT OZMO T8 AIVI DBX11-11

参考価格:69,900円(税込)

障害物と瞬時に認識して賢く回避!

Amazon
76,800円(税込)
楽天市場
72,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
69,900円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

電源コード・毛布類・スリッパ・靴・靴下・椅子の脚・小さな敷物の7種類の物体を、障害物として判断するようにプログラミング。高速で検知できるので、掃除中に賢く回避することが可能です。

障害物があって掃除ができなかった場所は動かしたあとに「再清掃ボタン」を押すと、まだ掃除されていない箇所だけを掃除してくれます。

車の車間距離測定に使われている「D-ToF」技術を応用したマッピングシステムを掲載。壁や家具などの距離を正確に測定して掃除をします。

サイズ353×353×93mm
重量3.7 kg
充電時間390分
稼動時間180分

Roborock(ロボロック) / Roborock S5 Max S5E52-04

参考価格:58,800円(税込)

パチンコ玉を吸い上げるほどの吸引力

Amazon
59,800円(税込)
楽天市場
58,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
64,900円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

部屋ごとに水拭きの水量を決められ、汚れやすいキッチンは多め、フローリングは少なめと選べるロボット掃除機。

吸引力は直径8mmのパチンコ玉を吸い上げられるくらい強力で、ダストボックスがいっぱいになっても吸引力が保たれるほどです。また、床で吸引した汚れをカーペットにすりつけません。

部屋の長さを認知して折り返しの回数が少なくなるように設計されていて、最短時間で効率的に掃除。カーペットモードをオンにすることで、自動でカーペットを検知し吸引力を上げての掃除が可能です。

サイズ353×353×96.5mm
重量3.5kg
充電時間150分
稼動時間300分

Panasonic(パナソニック) / RULO MC-RSF1000

参考価格:154,000円(税込)

アクティブリフトでスムーズ乗り越え

Amazon
154,000円(税込)
楽天市場
154,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
154,000円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

新搭載の「アクティブリフト」で本体ごとリフトアップし、最大2.5cmの段差も乗り越えて掃除を続けるロボット掃除機。

障害物を検知するセンサーの範囲は360°と死角がないので、おもちゃや衣類もしっかりとよけて走行してくれます。「音ひかえめ設定」で気になる運転音を、約21%カット。

アプリでは「ゴミマップ」を活用して、ゴミの多い場所だけを掃除する「お手軽モード」があるので、急な来客がありパパっと掃除したいときなどに便利です。

サイズ345×330×99mm
重量3.4kg
充電時間300分
稼動時間100分

iRobot(アイロボット) / ルンバ s9+ s955860

参考価格:176,870円(税込)

画期的なボディの形とブラシデザイン

Amazon
186,780円(税込)
楽天市場
179,120円(税込)
Yahoo!
ショッピング
176,870円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

ロボット掃除機には珍しい形のボディには、画期的なテクノロジーを搭載。高精度のナビゲーションで部屋の環境を正確にマッピングするので、清掃済みと未清掃エリアの判別も可能です。

1階と2階の区別もでき、各部屋に合わせた最適な掃除ができるのも嬉しいポイント。コーナーブラシが26°に設計されていて、壁際もラクラク掃除。

花粉やカビなど目に見えないゴミも密閉されたダスト容器に閉じ込め、30杯分のゴミを収納。数週間はゴミ捨てをする必要がありません。

サイズ31.2×31.2×8.9cm
重量4.0kg
充電時間180分
稼動時間120分

iRobot(アイロボット) / ルンバ 671 R671060

参考価格:43,780円(税込)

複数回通って吸い込み漏れを防ぐ!

Amazon
49,800円(税込)
楽天市場
43,780円(税込)
Yahoo!
ショッピング
43,780円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

1秒ごとに60回以上も部屋の状況判断をして、同じ場所を複数回さまざまな角度から走行。ゴミの吸い込み漏れをなくします。

大きさと形状の違う2本のブラシが連携することで、ゴミだけでなくペットの毛やチリまでもかき込むことが可能。汚れが多いポイントはセンサーで感知し、キレイになったと掃除機が判断するまで、集中的に掃除。

ボタンひとつで畳、フローリング、カーペットなど床に合わせて適切な対応をしてくれます。

サイズ34×34×9.2cm
重量3.6kg
充電時間180分
稼動時間90分

Anker(アンカー) / Eufy RoboVac G10 Hybrid

参考価格:26,800円(税込)

アプリで掃除の開始終了を設定できる

Amazon
26,800円(税込)
楽天市場
26,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
26,800円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

スマートフォンのアプリから、掃除の開始・終了や掃除スケジュールの設定、クリーニングモードの変更などの設定が可能。高さが約7.2cmと低く、ベッドやソファーの下など手の届きにくい場所もラクラク掃除ができます。

一般的な電子レンジと同じくらいの静音性も特徴のひとつ。吸引と水拭きを使い分けて床をくまなくきれいに掃除できます。強化ガラスカバーを使うことで、傷がつきにくくデザイン性と強度も装備。

サイズ高さ7.2cm
重量-
充電時間300-360分
稼動時間80分

iRobot(アイロボット) / ルンバ 606 R606060

参考価格:32,422円(税込)

あらゆる床に合わせ吸引し清掃力UP

Amazon
49,800円(税込)
楽天市場
32,422円(税込)
Yahoo!
ショッピング
32,683円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

畳、カーペット、ラグ、フローリングなどあらゆる床に合わせて吸引口を調整することで、清掃力がアップ。

「かき出して、かき込んで、吸い込む」を同時に行う独自の清掃システムを搭載しているので、ゴミが溜まりやすい壁際もしっかりときれいにしてくれます。

すき間に入った髪の毛やホコリ、ハウスダスト、ペットの毛も逃さずキャッチ。部屋の状況に応じて掃除が可能です。ゴミが多い場所を自動で検知できるゴミセンサーで、ゴミ逃がさず吸引します。

サイズ34×34×9.2cm
重量3.6kg
充電時間180分
稼動時間60分

Electrolux(エレクトロラックス) / PUREi9.2 PI92-6DGM

参考価格:79,800円(税込)

三角のボディで隅までしっかり掃除

Amazon
79,800円(税込)
楽天市場
79,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
79,800円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

ボディが三角形になっていて、隅までしっかりとゴミをキャッチ。サイドブラシが独立しているのでゴミを逃しません。

ダストボックスが700mlと大容量で、溜まったゴミを頻繁に捨てなくてもいいのが嬉しいポイントです。アプリの予約機能を使えば、曜日ごとに掃除する場所を設定できるのも便利。

「3Dビジョンテクノロジー」で、モノとの距離を測れるのでぶつかって家具を傷つけることもありません。

サイズ315×275×85mm
重量2.5kg
充電時間120分
稼動時間パワーモード:60分/通常モード:100分/サイレントモード:120分

Panasonic(パナソニック) / RULO MC-RS520

参考価格:64,000円(税込)

クリーンセンサーでゴミを逃がさない

Amazon
64,000円(税込)
楽天市場
71,459円(税込)
Yahoo!
ショッピング
74,472円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

クリーンセンサー搭載で、ハウスダストまでも検知。ハウスダストが多いときは赤点滅し、キレイになったら青点灯になり「見えないゴミ」を逃しません。

ダストボックスだけでなくブラシも水洗いできるので、長く清潔に使用可能。独自の三角形状と本体を左右に振りながらの動きで、部屋の隅までゴミをかき出します。

また、障害物を検知するセンサーでギリギリまで接近して掃除。運転モードは自動、念入り、スポットの3種類から選べます。

サイズ330×325×92mm
重量3.0kg
充電時間180分
稼動時間32分

Roborock(ロボロック) / Roborock S6 S602-04

参考価格:60,781円(税込)

レーザーセンサーで暗くても状況把握

Amazon
61,400円(税込)
楽天市場
60,781円(税込)
Yahoo!
ショッピング
61,998円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

カメラ搭載のロボット掃除機では、暗い部屋では状況を把握するのが難しいもの。こちらは、高精度のレーザーセンサーを搭載し、部屋が暗くても確実にマッピングができます。

水拭きと乾拭きが同時にできるので、床にこびりついた油汚れや皮脂汚れもしっかりと落としてキレイに。動作音が58dBと、換気扇ほどの静かさなのに吸引力の強さにおいてもぬかりはありません。

新たに設計されたブラシで清掃効率が250%アップ。それでいて床は傷つけない優しさがあります。

サイズ51.2×42.8×15.6cm
重量7.02kg
充電時間-
稼動時間300分

ECOVACS(エコバックス) / DEEBOT OZMO 950 DX9G

参考価格:43,700円(税込)

エリアを指定した掃除が可能!

Amazon
43,700円(税込)
楽天市場
52,431円(税込)
Yahoo!
ショッピング
59,173円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

1階、2階など複数の間取りをマッピングでき、今どこにいるのかを自動で判断できるロボット掃除機。マップ内で掃除したいエリアを指定すれば、限定的に清掃することも可能です。

また、スマートフォンのアプリではマップ上に指一本で線を引くだけで、簡単に進入を制限。吸引と水拭きのモップ掛けを同時に行えるので、床に落ちている小さなチリやホコリをきれいに拭きあげることも可能です。

細菌も99.26%除去可能で、衛生面も安心できますね!

サイズ350×93mm
重量3.6kg
充電時間300分
稼動時間200分

Anker(アンカー) / Eufy RoboVac L70 Hybrid

参考価格:54,800円(税込)

リアルタイムで勝手にマッピング!

Amazon
54,800円(税込)
楽天市場
55,440円(税込)
Yahoo!
ショッピング
54,800円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

AIでリアルタイムに部屋の形をマッピングして、掃除する経路を設計。EufyHomeアプリを使えば、「進入制限エリア」「掃除強化エリア」「水拭きエリア」などを設定可能です。

また、2200Paの強力な吸引力でしっかりとゴミを吸引。床の環境に合わせて、吸引による掃除と水拭きによるモッピングモードの使い分けも可能です。

バッテリーが少なくなり掃除が途中で終わっても、中断した位置を正確に記憶しているので、中断した位置からの掃除が再開。

サイズ50×43×15cm
重量6.50kg
充電時間240~300分
稼動時間150分

iRobot(アイロボット) / ブラーバ ジェット m6 m613860

参考価格:68,978円(税込)

最大60畳まで水拭き掃除ができる!

Amazon
76,860円(税込)
楽天市場
68,978円(税込)
Yahoo!
ショッピング
76,868円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

ジェットスプレーとウェットパッドで、ベタベタ汚れ・油汚れ・こびりついた汚れをきれいに掃除。多数のセンサーを搭載していてラグやカーペットに乗り上げることがなく、水拭き中に濡らしてしまう心配もありません。

ウェットモードもドライモードも最大60畳まで一度に掃除ができ、ほとんど充電切れになる前に完了。アプリだけでなくスマートスピーカーとも連動していて、声でも掃除を指示できるのがいいですよね。

サイズ270×252×90mm
重量2.2kg
充電時間180分
稼動時間-

ロボット掃除機おすすめランキングTOP4【家電ライター・藤山哲人さんが厳選】

モノレコ編集部では、藤山さんに、今おすすめのロボット掃除機を教えていただきました!これからロボット掃除機の購入を考えている方は、ぜひとも参考にしてみてください。

1

iRobot(アイロボット) / ロボット掃除機 ルンバe5

参考価格:46,798円(税込)

機能の高さもお手入れの手軽さも魅力

Amazon
49,800円(税込)
楽天市場
46,798円(税込)
Yahoo!
ショッピング
46,980円(税込)
説明アイコン
なぜこのロボット掃除機が選ばれたのか

ボタン一つで室内の状況を正確に把握してすみずみまでくまなく掃除する「iAdapt®」を搭載した一台です。ダスト容器は水洗い可能なので、残った汚れやゴミも水ですすぐだけ。

同じ場所を複数回、しかもあらゆる角度から掃除できるほか、2cm程度の段差なら難なく乗り越えてスムーズに走行してくれます。

スマートフォンのiRobot HOMEアプリを使えば外出中でも掃除スタート。赤外線の見えない壁「デュアルバーチャルウォール」が進入禁止エリアを円形に設定可能。

サイズΦ351×H92mm
重量約4.0kg
充電時間約3時間
稼動時間最大90分
iRobot(アイロボット) / ロボット掃除機 ルンバe5の画像1
iRobot(アイロボット) / ロボット掃除機 ルンバe5の口コミをもっと見る口コミ件数:4件
藤山 哲人
家電ライター

やはり一番おすすめしたいのは「ルンバ」の「e5」!こちらはゴムローラーでゴミを吸い込み、毛が絡むことがないのが魅力。

ランダムナビゲーション式なので隅々まできれいにしてくれる優れものです!

2

iRobot(アイロボット) / ロボット掃除機 ルンバ980

参考価格:59,294円(税込)

ルンバの中でも高い清掃力を持つ一台

Amazon
59,294円(税込)
楽天市場
60,410円(税込)
Yahoo!
ショッピング
66,607円(税込)
説明アイコン
なぜこのロボット掃除機が選ばれたのか

こちらは、自身の位置を把握することで、家中すみずみまでくまなく掃除してくれる優れもの。本体に搭載したカメラ、フロアトラッキングセンサーなど、多彩な機能で部屋全体ピカピカにしてくれます。

e5シリーズの旧モデルと比べ最大10倍までアップした吸引力が注目ポイント。特殊素材のローラーがゴミを浮き上がらせ、ハイパワーモーターユニットで強力に吸引します。

清掃中にバッテリー残量が少なくなると、自動でホームベースに戻り充電。充電が完了すれば、残りのエリアを掃除してくれます。

サイズΦ353×H92mm
重量約3.9kg
充電時間約3時間
稼動時間最大120分
iRobot(アイロボット) / ロボット掃除機 ルンバ980の画像1
iRobot(アイロボット) / ロボット掃除機 ルンバ980の口コミをもっと見る口コミ件数:4件
藤山 哲人
家電ライター

スマホと連携できるこちらは、マップ表示をすることでどこを掃除したかがすぐにわかります。

カメラを搭載することで部屋を記憶し最短距離を短時間で掃除。複数の部屋を掃除したい場合にも大活躍します!

ゴムローラーを採用しているため、毛が絡まる心配もありません。

3

Panasonic(パナソニック) / ロボット掃除機 RULO MC-RS810

参考価格:1,982円(税込)

隅も角も家具のキワもくまなくキレイ

Amazon
1,982円(税込)
楽天市場
127,824円(税込)
Yahoo!
ショッピング
96,397円(税込)
説明アイコン
なぜこのロボット掃除機が選ばれたのか

これまでの「ルーロ」がさらなる進化を遂げて登場。独自の三角形状、そして集塵性能が向上しました。

間取りやゴミの溜まったポイントを記憶して賢さもアップ。クリーンセンサーで微細なハウスダストまで検知するほか、ゴミの量に応じてパワーや速度、動作までもコントロールします。

さらに、3種類の障害物検知センサーとカメラセンサーによるSLAM技術で手の届かない家具のキワまでも逃しません。スマホ専用アプリ「RULOナビ」で、外出先から掃除をすることも可能。

サイズW330×D325×H92mm
重量3.0kg
充電時間約3時間
稼動時間不明
Panasonic(パナソニック) / ロボット掃除機 RULO MC-RS810の画像1
Panasonic(パナソニック) / ロボット掃除機 RULO MC-RS810の口コミをもっと見る口コミ件数:2件
藤山 哲人
家電ライター

こちらもスマホと連携しておりマップ表示機能が搭載されています。一度掃除をさせて部屋の形を覚えさせれば、スマホから掃除する、または掃除しないエリアを指定することも可能。

また静音性にも優れているため、夜に掃除をしても非常に静かなのが好ポイント!レーザーセンサーを搭載し、障害物もしっかりと把握。隅や角のゴミも逃さずキャッチしてくれます。

4

Electrolux(エレクトロラックス) / PUREi9 PI91-5SSM

参考価格:44,800円(税込)

暮らしを変える新次元ロボット掃除機

Amazon
44,800円(税込)
楽天市場
49,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
49,800円(税込)
説明アイコン
なぜこのロボット掃除機が選ばれたのか

「3Dビジョンテクノロジー」を採用したこちらは、2方向のレーザーと正面のカメラを連動させ空間をマッピングし障害物を正確に認識してくれる一台。

自分の位置と最短ルートを計算してすばやく賢く掃除します。ワイドな吸引口を採用しているため、一度通るだけでキレイに。

三角形構造の「トライアングル・トリニティ・シェイプ」はコンパクトで小回りも利きます。

サイズW325×D280×H85mm
重量約2.5kg
充電時間約3時間
稼動時間不明
藤山 哲人
家電ライター

ヨーロピアンデザインが女性に人気なこちら。大きなダストボックスを採用し、手間いらずな一台です。

障害物を3Dで正確に検知するため、誤って家具にぶつかる心配もありません。とにかく家具に傷を付けたくないという方におすすめ!

ラグを障害物と認識する傾向にあるので、こちらを使用するのであればラグやカーペットなどは外しましょう。

ロボット掃除機おすすめ2選【一人暮らし向け】

ロボット掃除機は、機能だけではなく価格もサイズもピンからキリまであります。環境によって最適な一台を見つけることが大事。

ここからは、モノレコ編集部がいくつかの環境別におすすめのロボット掃除機を紹介します。

一人暮らしの家だと、部屋が広くなく部屋数もそこまで多くないという場合がほとんど。そのため、わざわざ多彩な機能を求める必要はありません。

それよりもサイズ感や小回りが利くかどうかがポイント。コンパクトでシンプルな構造の機種が重宝されることでしょう。

SHARP(シャープ) / ココロボ COCOROBO RX-V95A-N

会話機能搭載で一人でも寂しくない

説明アイコン
このロボット掃除機の説明

人工知能「ココロエンジン」を搭載し、会話が楽しめるこちら。挨拶をしてくれたりダンスをしながら返事をしてくれたりと、愛らしい一台です。

また、パワフルにゴミを吸い取る「強力吸じんシステム」はそのままに、新たな機能として走行システム「縦横無じんシステム」を搭載。取り逃しがちな隅などのゴミを検知すると自動で吸引力を上げてくれます。

サイズW310×D310×H90mm
重量2.3kg
充電時間約3時間
稼動時間最長約120分
SHARP(シャープ) / ココロボ COCOROBO RX-V95A-Nの画像1
SHARP(シャープ) / ココロボ COCOROBO RX-V95A-Nの口コミをもっと見る口コミ件数:1件

日立 / minimaru ロボットクリーナー RV-DX1

参考価格:38,622円(税込)

ワンルームに設置しやすいボディ

Amazon
38,622円(税込)
楽天市場
79,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
59,540円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

とにかくコンパクトなサイズ感が特徴のミニマル。一人暮らしの小さな部屋にもぴったりな一台です。狭いスペースはもちろんのこと、角に入り込んだゴミも逃さず確実にキャッチ。きびきび動き回ってしっかりと集じんします。

サイズW25×H9.2×D25cm
重量2.3kg
充電時間約3時間
稼動時間-

ロボット掃除機おすすめ2選【ファミリー向け】

家族のいる家庭でロボット掃除機を使う場合に重視すべきなのは、家全体をくまなく掃除できるか、そして手間がかからず効率的に掃除できるかという点。

お子様がいるのであれば、ハウスダストなどの細かなゴミを取れるかも気になります。

TOSHIBA(東芝) / TORNEO ROBO VC-RVS2

参考価格:101,648円(税込)

家事に子育てに忙しい主婦をサポート

Yahoo!
ショッピング
101,648円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

こちらは、なんと掃除だけではなくゴミ捨てまで自動でしてくれる賢い一台。

掃除が終わるとダストステーションまで戻るので、面倒なゴミ捨ての作業を毎回する必要がありません。家事や子育てに追われる忙しい主婦の方におすすめ。

また、ゴミの有無を見分ける「ゴミ残しまセンサー」を搭載し、ゴミの多い場所は念入りに掃除してくれます。

サイズW350×D350×H87mm
重量3.4kg
充電時間約5時間
稼動時間不明
TOSHIBA(東芝) / TORNEO ROBO VC-RVS2の画像1
TOSHIBA(東芝) / TORNEO ROBO VC-RVS2の口コミをもっと見る口コミ件数:2件

Dyson(ダイソン) / ダイソン360 Eye

参考価格:79,800円(税込)

パワフルモーターで本格的な吸引力

Amazon
307,799円(税込)
楽天市場
99,297円(税込)
Yahoo!
ショッピング
79,800円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

吸引力の変わらないダイソンから紹介するのがこちらの360 Eye。デジタルモーターがパワフルな吸引力を叶えます。360°パノラマビューで、部屋の状況を一目で把握。掃除するべき場所を自動で掃除します。

クリーナーヘッドテクノロジーを採用。微細なホコリを取り除き、硬めのナイロンブラシでゴミを掻き取ります。

サイズW230×D240×H120mm
重量約2.4kg
充電時間2.75時間
稼動時間不明
Dyson(ダイソン) / ダイソン360 Eyeの画像1
Dyson(ダイソン) / ダイソン360 Eyeの口コミをもっと見る口コミ件数:1件

ロボット掃除機おすすめ2選【ペットのいる家庭向け】

ペットを飼っている家庭では、毛を残さず吸い取れる吸引力の強さがロボット掃除機選びの決め手となります。強力に毛を吸引し、しっかりと巻き取れるかに注目しましょう。

neato(ネイト) / Botvac D Series D8500

参考価格:5,498円(税込)

どんな毛だってくまなく吸い込む

Amazon
28,200円(税込)
楽天市場
29,999円(税込)
Yahoo!
ショッピング
5,498円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

こちらは、パワフルな吸引力と精度の高いブラシの組み合わせで小さな塵までもまんべんなく掃除してくれる一台です。

隅に隠れた小さなゴミもしっかりと吸引。どんなタイプの毛もぐんぐん吸い取れるよう設計されています。一周回るだけで吸い残すことなくすばやくキレイに。

シリコンブラシを採用することで吸い取った毛が絡まずお手入れも簡単です。

サイズW335×D321×H100mm
重量4.1kg
充電時間2~3時間
稼動時間不明

ILIFE(アイライフ) / V3s Pro

参考価格:1,988円(税込)

ペットがいる家のために設計した一台

Amazon
17,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
1,988円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

ペットのいる家の状況を想定して作られたこちらは、強力な吸引力で効率的に掃除してくれる一台。ブラシレスタイプなので、毛がもつれることもありません。

落下防止や障害物感知などシンプルながら十分に機能は揃っています。ボタンを押すだけと操作も簡単。非常に使いやすいモデルです。

サイズW300×D300×H81mm
重量2.2kg
充電時間200~350分
稼動時間100~120分
ILIFE(アイライフ) / V3s Proの画像1
ILIFE(アイライフ) / V3s Proの口コミをもっと見る口コミ件数:2件

ロボット掃除機おすすめ2選【薄型にこだわりたい方向け】

家具と床の間などは、人の手ではなかなか掃除のしにくい場所。狭いスペースにも入り込める薄型のロボット掃除機がおすすめです。

ECOVACS(エコバックス) / DEEBOT OZMO Slim11

参考価格:24,800円(税込)

拭き掃除も可能にした万能薄型モデル

Amazon
24,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
24,800円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

こちらは、ソファやベッドの下にもスムーズに入り込める高さたった5.7cmの薄型設計。届きにくい場所のゴミも難なく取り除きます。

さらに水拭きが可能なモップシステム「OZMO」を搭載。ゴミの吸引×水拭きのダブルアプローチで部屋中をピカピカにしてくれます。メインブラシがないのでメンテナンスもラクラク。

サイズW310×D310×H57mm
重量2.0kg
充電時間4時間
稼動時間100分

ANABAS(アナバス) / スリムロボクリーナー SZ-M110

参考価格:4,080円(税込)

5.5cmの薄さで狭い所もラクラク

Amazon
14,500円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,080円(税込)
説明アイコン
このロボット掃除機の説明

超薄型な5.5cm設計の一台。わずかな高さの家具にもスイスイと入り込み、届きにくい場所のゴミもすっきりと取り除いてくれます。

2つのサイドブラシを搭載し、微細なホコリや塵を強力集じん。拭き掃除用シートを取り付けることで床の拭き掃除も可能です。

サイズW305×D305×H55mm
重量1.8kg
充電時間約5時間
稼動時間最大約60分

ロボット掃除機のおすすめ商品をまとめ表で比較

本記事で紹介したおすすめのロボット掃除機を一覧表で比較!ぴったりな商品を見つけてみてください!

注目ポイント

初めてのロボット掃除機にぴったり!

充実の機能がたくさん搭載されている

バンパーを使って障害物を検知

障害物と瞬時に認識して賢く回避!

パチンコ玉を吸い上げるほどの吸引力

アクティブリフトでスムーズ乗り越え

画期的なボディの形とブラシデザイン

複数回通って吸い込み漏れを防ぐ!

アプリで掃除の開始終了を設定できる

あらゆる床に合わせ吸引し清掃力UP

三角のボディで隅までしっかり掃除

クリーンセンサーでゴミを逃がさない

レーザーセンサーで暗くても状況把握

エリアを指定した掃除が可能!

リアルタイムで勝手にマッピング!

最大60畳まで水拭き掃除ができる!

機能の高さもお手入れの手軽さも魅力

ルンバの中でも高い清掃力を持つ一台

隅も角も家具のキワもくまなくキレイ

暮らしを変える新次元ロボット掃除機

会話機能搭載で一人でも寂しくない

ワンルームに設置しやすいボディ

家事に子育てに忙しい主婦をサポート

パワフルモーターで本格的な吸引力

どんな毛だってくまなく吸い込む

ペットがいる家のために設計した一台

拭き掃除も可能にした万能薄型モデル

5.5cmの薄さで狭い所もラクラク

商品画像
商品名

iRobot(アイロボット) / ルンバ 692

ECOVACS(エコバックス) / DEEBOT 600 DO3G

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) / IC-R01

ECOVACS(エコバックス) / DEEBOT OZMO T8 AIVI DBX11-11

Roborock(ロボロック) / Roborock S5 Max S5E52-04

Panasonic(パナソニック) / RULO MC-RSF1000

iRobot(アイロボット) / ルンバ s9+ s955860

iRobot(アイロボット) / ルンバ 671 R671060

Anker(アンカー) / Eufy RoboVac G10 Hybrid

iRobot(アイロボット) / ルンバ 606 R606060

Electrolux(エレクトロラックス) / PUREi9.2 PI92-6DGM

Panasonic(パナソニック) / RULO MC-RS520

Roborock(ロボロック) / Roborock S6 S602-04

ECOVACS(エコバックス) / DEEBOT OZMO 950 DX9G

Anker(アンカー) / Eufy RoboVac L70 Hybrid

iRobot(アイロボット) / ブラーバ ジェット m6 m613860

iRobot(アイロボット) / ロボット掃除機 ルンバe5

iRobot(アイロボット) / ロボット掃除機 ルンバ980

Panasonic(パナソニック) / ロボット掃除機 RULO MC-RS810

Electrolux(エレクトロラックス) / PUREi9 PI91-5SSM

SHARP(シャープ) / ココロボ COCOROBO RX-V95A-N

日立 / minimaru ロボットクリーナー RV-DX1

TOSHIBA(東芝) / TORNEO ROBO VC-RVS2

Dyson(ダイソン) / ダイソン360 Eye

neato(ネイト) / Botvac D Series D8500

ILIFE(アイライフ) / V3s Pro

ECOVACS(エコバックス) / DEEBOT OZMO Slim11

ANABAS(アナバス) / スリムロボクリーナー SZ-M110

商品リンク
Amazon
39,800円(税込)
Amazon
24,800円(税込)
楽天市場
19,731円(税込)
Yahoo!
ショッピング
19,923円(税込)
Amazon
18,810円(税込)
楽天市場
19,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
19,800円(税込)
Amazon
76,800円(税込)
楽天市場
72,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
69,900円(税込)
Amazon
59,800円(税込)
楽天市場
58,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
64,900円(税込)
Amazon
154,000円(税込)
楽天市場
154,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
154,000円(税込)
Amazon
186,780円(税込)
楽天市場
179,120円(税込)
Yahoo!
ショッピング
176,870円(税込)
Amazon
49,800円(税込)
楽天市場
43,780円(税込)
Yahoo!
ショッピング
43,780円(税込)
Amazon
26,800円(税込)
楽天市場
26,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
26,800円(税込)
Amazon
49,800円(税込)
楽天市場
32,422円(税込)
Yahoo!
ショッピング
32,683円(税込)
Amazon
79,800円(税込)
楽天市場
79,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
79,800円(税込)
Amazon
64,000円(税込)
楽天市場
71,459円(税込)
Yahoo!
ショッピング
74,472円(税込)
Amazon
61,400円(税込)
楽天市場
60,781円(税込)
Yahoo!
ショッピング
61,998円(税込)
Amazon
43,700円(税込)
楽天市場
52,431円(税込)
Yahoo!
ショッピング
59,173円(税込)
Amazon
54,800円(税込)
楽天市場
55,440円(税込)
Yahoo!
ショッピング
54,800円(税込)
Amazon
76,860円(税込)
楽天市場
68,978円(税込)
Yahoo!
ショッピング
76,868円(税込)
Amazon
49,800円(税込)
楽天市場
46,798円(税込)
Yahoo!
ショッピング
46,980円(税込)
Amazon
59,294円(税込)
楽天市場
60,410円(税込)
Yahoo!
ショッピング
66,607円(税込)
Amazon
1,982円(税込)
楽天市場
127,824円(税込)
Yahoo!
ショッピング
96,397円(税込)
Amazon
44,800円(税込)
楽天市場
49,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
49,800円(税込)
Amazon
38,622円(税込)
楽天市場
79,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
59,540円(税込)
Yahoo!
ショッピング
101,648円(税込)
Amazon
307,799円(税込)
楽天市場
99,297円(税込)
Yahoo!
ショッピング
79,800円(税込)
Amazon
28,200円(税込)
楽天市場
29,999円(税込)
Yahoo!
ショッピング
5,498円(税込)
Amazon
17,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
1,988円(税込)
Amazon
24,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
24,800円(税込)
Amazon
14,500円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,080円(税込)
サイズ最大幅34×高さ9.2cm332×332×79mm330×335×78mm353×353×93mm353×353×96.5mm345×330×99mm31.2×31.2×8.9cm34×34×9.2cm高さ7.2cm34×34×9.2cm315×275×85mm330×325×92mm51.2×42.8×15.6cm350×93mm50×43×15cm270×252×90mmΦ351×H92mmΦ353×H92mmW330×D325×H92mmW325×D280×H85mmW310×D310×H90mmW25×H9.2×D25cmW350×D350×H87mmW230×D240×H120mmW335×D321×H100mmW300×D300×H81mmW310×D310×H57mmW305×D305×H55mm
重量3.6kg3.05kg2.8kg3.7 kg3.5kg3.4kg4.0kg3.6kg-3.6kg2.5kg3.0kg7.02kg3.6kg6.50kg2.2kg約4.0kg約3.9kg3.0kg約2.5kg2.3kg2.3kg3.4kg約2.4kg4.1kg2.2kg2.0kg1.8kg
充電時間-180分240~300分390分150分300分180分180分300-360分180分120分180分-300分240~300分180分約3時間約3時間約3時間約3時間約3時間約3時間約5時間2.75時間2~3時間200~350分4時間約5時間
稼動時間最大90分110分/70分強:50分/弱:90分180分300分100分120分90分80分60分パワーモード:60分/通常モード:100分/サイレントモード:120分32分300分200分150分-最大90分最大120分不明不明最長約120分-不明不明不明100~120分100分最大約60分

まとめ

ハイスピードで進化していくロボット掃除機。国内メーカーにも海外メーカーにも機能性の高い機種がたくさんあります。

これからは、掃除もロボットにまかせる時代。一台持っていると重宝することでしょう。

掃除機の関連記事一覧

タイプ別の記事はこちら

検索アイコン「ロボット掃除機」を
もっと探したい方はこちら!
さらに他の商品を探したい方は
こちらをチェック!
まえじま
この記事のライター
まえじま
ビューティー、グルメ、ライフスタイル用品など、ジャンルを問わず執筆。お菓子の家に住むことに憧れる夢見がちな食いしん坊ライター。ファッションや美容にお金を使いすぎる傾向あり。ハマったらとことん追求するが、冷めた瞬間驚くほど興味がなくなりすべての記憶をなくしてしまう性格を治したいと思い続けて十数年。ほかにもアイドルやアニメ、動物、深海生物、古いもの、お菓子づくりなど、いろいろなことに興味津々。

ビューティー、グルメ、ライフスタイル用品など、ジャンルを問わず執筆。お菓子の家に住むことに憧れる夢見がちな食いしん坊ライター。ファッションや美容にお金を使いすぎる傾向あり。ハマったらとことん追求するが、冷めた瞬間驚くほど興味がなくなりすべての記憶をなくしてしまう性格を治したいと思い続けて十数年。ほかにもアイドルやアニメ、動物、深海生物、古いもの、お菓子づくりなど、いろいろなことに興味津々。

おうちdeモノレコ 自宅で楽しく!快適に!過ごせるおすすめ特集
この記事が気に入ったらシェアしよう!
↓↓
モノレコ by Amebaをフォローして
最新記事を受け取ろう!

あわせて読みたい

生活家電の新着記事

生活家電の人気記事ランキング

新着記事

人気記事ランキング

お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。