1. モノレコ by Ameba ホーム
  2. ビューティー
  3. コンシーラー おすすめ
  4. キャンメイクのコンシーラーおすすめ4選|色の選び方のポイントも紹介!

キャンメイクのコンシーラーおすすめ4選|色の選び方のポイントも紹介!

  • Facebookシェア
  • LINE
  • ツイート
  • はてブ
  • note

CONTENTS

目次

どこのどんなお悩みをカバーする?コンシーラーの選び方

コンシーラーの選び方のポイントはふたつ。ひとつめは、どこをカバーしたいかでタイプを選ぶこと。ふたつめは、なにをカバーしたいかで色を選ぶこと。

そのどちらかでも間違えてしまうと、うまくカバーできなくて悪目立ちさせてしまったり、ヨレたりシワになって汚くなっちたりすることも…。

しっかり理解して、あなたに最適なコンシーラーを選びましょう。

コンシーラーのタイプ選び【カバーしたい部位は?】

コンシーラーのタイプ選びで大切なのは、自分がカバーしたい部位にあったタイプを選ぶこと。

一般的に、テクスチャーの硬いタイプはカバー力が高い分、広い範囲に使うと厚塗り感が出やすい傾向があります。

一方でやわらかいタイプは、伸びがよく厚塗り感はでにくいので広い範囲のカバーに使えますが、濃い色の肌トラブルは透けてしまう場合もあります。

リキッドタイプ

さらっとした液状タイプで、チップでつけるものが一般的です。肌に密着して伸びがよいので、目元や口元などよく動く部位に適しています。

自然なカバー力で広い範囲に薄くのばしたり、気になる部位には重ねづけしたり、調整がしやすいのも特徴です。

スティックタイプ

固形でリップクリームのように繰り出すタイプ。硬めで密着度が抜群なので、特にカバー力が必要なニキビなどに最適です。

伸びはあまりよくないため、頰やおでこ、あごなど動きの激しくない部位に適しています。

パレットタイプ

複数の色が入っているタイプ。部位によって使い分けたり、混ぜ合わせたり重ねづけしたり、自分にぴったり使い方や色作りができるのが魅力。

テクスチャーは硬めのものが多いので、広範囲に使うより、ニキビなどのポイントのカバーに向いています。

基本の使い方

コンシーラーを使うときに注意したいのがファンデーションのタイプによって、肌にのせる順番が変わること。使用するファンデーションがパウダーの場合はファンデーションの前に、リキッドやクリームならファンデーションの後に使います。

スティックタイプなどの固めのものは、トントンと塗ったあと指で軽く叩き込むようにしてなじませましょう。

リキッドタイプなどのやわらかめのものは、チップやブラシで少量をおいたら、指でやさしく馴染ませましょう。

コンシーラーの使い方を詳しく知りたい人はこちらの記事もチェック!

コンシーラーの使い方まとめ【2020年最新版】悩み別の使う順番や色の選び方も紹介
コンシーラーの使い方まとめ【2020年最新版】悩み別の使う順番や色の選び方も紹介

コンシーラーの色選び【お悩みの色は?】

コンシーラーの色選びは、お悩みの色と反対の色(補色)を選ぶのが基本です。ここからは、代表的なお悩みごとに、色の選び方をお教えします。

クマ

ひとことでクマといっても色はさまざま。自分のクマのタイプにあった色を選びましょう。

・黒クマ:ベージュ系やオークル系。
・青クマ:オレンジ系
・茶クマ:イエロー系

シミ・そばかす

自分の肌より少し暗めの色を選ぶと自然にカバーできます。明るい色はシミやそばかすが透けて悪目立ちしてしまうので向いていません。

ニキビ

赤みをカバーするベージュ系が最適。赤みが強い場合はイエローやグリーン系を塗った後に、自分の肌色に近い色を重ねづけするのがおすすめです。

より詳しくコンシーラーの選び方について知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

コンシーラーの選び方を徹底紹介|悩み別色味の選び方やタイプの特徴も紹介!
コンシーラーの選び方を徹底紹介|悩み別色味の選び方やタイプの特徴も紹介!

キャンメイクのコンシーラー4選|どんな人におすすめかも紹介!

ここからは、キャンメイクの人気コンシーラー4種について、その特徴とどんなお悩みの人におすすめかを分かりやすくご紹介します。

CANMAKE(キャンメイク) / カラーミキシングコンシーラー

参考価格:797円(税込)

これひとつであらゆるお悩みをカバー

これひとつであらゆるお悩みをカバー

Amazon
825円(税込)
楽天市場
797円(税込)
Yahoo!
ショッピング
825円(税込)
説明アイコン
このコンシーラーの説明

ライト、ナチュラル、ダークの3色入りのパレットコンシーラー。これ1つあればクマ、くすみや赤み、ニキビや濃いシミまで、様々な肌トラブルをしっかりカバーしてくれます。

また、3つの色を好きなように混ぜることができる“ミックススペース”があり、自分だけの色を作ることもできます。

容量3.9g
タイプパレットタイプ
カバー力★★★★
CANMAKE(キャンメイク) / カラーミキシングコンシーラーの画像1
CANMAKE(キャンメイク) / カラーミキシングコンシーラーの口コミをもっと見る口コミ件数:10件
メモアイコンこんな人におすすめ!
  • 複数のお悩みをお持ちの人
  • 自分に合う色のコンシーラーが見つからない人

CANMAKE(キャンメイク) / カラースティック モイストラスティングカバー

参考価格:637円(税込)

しっかり密着してカバー力抜群

しっかり密着してカバー力抜群

Amazon
638円(税込)
楽天市場
637円(税込)
Yahoo!
ショッピング
638円(税込)
説明アイコン
このプチプラのコンシーラーの説明

カバー力が高いのにヨレにくく乾燥しにくいと人気のスティックコンシーラー。少量でしっかり密着してカバーしてくれるので、厚塗り感がでにくいのもうれしいポイント。

お悩みをカバーするだけでなく、ハイライトからシェーディングにも使える色まで豊富なカラーバリエーションが揃っています。

容量2.4g
タイプスティックタイプ
メモアイコンこんな人におすすめ!
  • シミやそばかすをしっかりカバーしたい人
商品モジュールに商品が未設定です
メモアイコンこんな人におすすめ!
  • くすみや夕方の疲れた目元が気になる人
  • スクールメイクなどナチュラルにカバーしたい人

CANMAKE(キャンメイク) / カバー&ストレッチコンシーラー UV

参考価格:841円(税込)

定番!しっかり隠してしっとり透明感

定番!しっかり隠してしっとり透明感

Amazon
858円(税込)
楽天市場
841円(税込)
Yahoo!
ショッピング
858円(税込)
説明アイコン
このコンシーラーの説明

ぴったり密着のストレッチ効果と光拡散効果で、色ムラや毛穴、小ジワをきれいにカバー。ヨレたりシワにならずに透明感のある美肌にしあげてくれます。

UV効果もあるので紫外線をしっかりカット。ウォータープルーフで、夏でも安心して使えます。
赤みを消してくれるライトグリーンが口コミやSNSで話題です。

容量不明
タイプリキッド
カバー力-
メモアイコンこんな人におすすめ!
  • クマや口元のくすみなど、動きの多い部位をしっかり隠したい人に

コンシーラーのおすすめ商品をまとめ表で比較

本記事で紹介したおすすめのコンシーラーを一覧表で比較!ぴったりな商品を見つけてみてください!

注目ポイント

これひとつであらゆるお悩みをカバー

しっかり密着してカバー力抜群

定番!しっかり隠してしっとり透明感

商品画像
商品名

CANMAKE(キャンメイク) / カラーミキシングコンシーラー

CANMAKE(キャンメイク) / カラースティック モイストラスティングカバー

CANMAKE(キャンメイク) / カバー&ストレッチコンシーラー UV

商品リンク
Amazon
825円(税込)
楽天市場
797円(税込)
Yahoo!
ショッピング
825円(税込)
Amazon
638円(税込)
楽天市場
637円(税込)
Yahoo!
ショッピング
638円(税込)
Amazon
858円(税込)
楽天市場
841円(税込)
Yahoo!
ショッピング
858円(税込)

まとめ

あなたのお悩みにぴったりなコンシーラーは見つかりましたか?
鏡を見るたびに気になる肌のお悩みも、コンシーラーできれいにカバーすれば気持ちも明るく前向きに。あなたの笑顔をもっと輝かせてくれるはず!
キャンメイクのコンシーラーで理想の美肌を手に入れて、毎日を楽しんでくださいね。

コンシーラーの関連記事一覧

悩み別の記事はこちら

ブランド別の記事はこちら

価格別の記事はこちら

機能別の記事はこちら

タイプ別の記事はこちら

その他の記事はこちら

検索アイコン「コンシーラー」を
もっと探したい方はこちら!
さらに他の商品を探したい方は
こちらをチェック!
つづきこ
この記事のライター
つづきこ
フリーのwebライターで、一児の母。 前々職はフード系ECサイトのコンテンツディレクターで、前職は司書をしていました。 青春時代の愛読書は『Olive』、忘れられないテレビ番組は『文學ト云フ事』。 いまではすっかり大人になり、メジャーもマイナーも楽しんでいます。 ライターとしてはまだかけだしですが、楽しく読んでいたらお悩みも解決しちゃった!そんな記事をめざして執筆しています。

フリーのwebライターで、一児の母。
前々職はフード系ECサイトのコンテンツディレクターで、前職は司書をしていました。
青春時代の愛読書は『Olive』、忘れられないテレビ番組は『文學ト云フ事』。
いまではすっかり大人になり、メジャーもマイナーも楽しんでいます。

ライターとしてはまだかけだしですが、楽しく読んでいたらお悩みも解決しちゃった!そんな記事をめざして執筆しています。

おうちdeモノレコ 自宅で楽しく!快適に!過ごせるおすすめ特集
この記事が気に入ったらシェアしよう!
↓↓
モノレコ by Amebaをフォローして
最新記事を受け取ろう!

あわせて読みたい

ビューティーの新着記事

ビューティーの人気記事ランキング

新着記事

人気記事ランキング

お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。