1. モノレコ by Ameba ホーム
  2. ビューティー
  3. コンシーラー おすすめ
  4. コンシーラーの使い方まとめ【2020年最新版】悩み別の使う順番や色の選び方も紹介

コンシーラーの使い方まとめ【2020年最新版】悩み別の使う順番や色の選び方も紹介

  • Facebookシェア
  • LINE
  • ツイート
  • はてブ
  • note

CONTENTS

目次

コンシーラーを使う順番は?

リキッド、クリーム系ファンデーション、パウダーファンデーション、BBクリームなどを使ってメイクをするときに、コンシーラーをうまく使えれば、厚塗りする必要がありません。

シミやくま、ニキビが気にならない、素肌感のある自然なメイクに仕上げることができます。


仕上がりをよくするためには、塗っていく順番が重要。

ここからは、コンシーラーを使う順番をリキッド、クリーム系のファンデーションパウダーファンデーションBBクリームに分けて紹介していきます!

リキッド、クリーム系のファンデーションの場合

リキッド、クリーム系のファンデーションのコンシーラーを使う順番の画像
  • 下地
  • コントロールカラー
  • リキッド、クリームファンデーション
  • コンシーラー
  • フェイスパウダー


厚塗りや化粧崩れを防ぐために、コンシーラーは最後にのせるようにします。ファンデーションでは隠せなかった、気になる部分にコンシーラーを塗っていきましょう。

パウダーファンデーションの場合

パウダーファンデーションの時のコンシーラーを使う順番の画像
  • 下地
  • コントロールカラー
  • コンシーラー
  • パウダーファンデーション


ファンデーションのよれを防ぎ、自然な仕上がりにするために、コンシーラーを塗ってから、ファンデーションを塗っていきます。

あとからコンシーラーを塗りなおすことができないので、あらかじめ隠したい部分を確認しておきましょう。

BBクリームの場合

BBクリームの時にコンシーラーを使う順番の画像
  • BBクリーム
  • コンシーラー
  • フェイスパウダー


BBクリームは、化粧下地やコンシーラー、ファンデーションがひとつになったオールインワンタイプ。

BBクリームで気になる部分をカバーできることもあるので、気になる部分にBBクリームを重ねづけしてみましょう。それでも隠しきれないところがあれば、上からコンシーラーを重ねていきます。

コンシーラー 使い方まとめ〜悩み別に紹介!〜

くまやシミ、ニキビ、ほくろ、毛穴、を隠したいけれど、うまく隠せない。そんなことはありませんか?

悩みに合ったカラーを選ぶ、使う部位に合ったタイプを選ぶ、コンシーラーのタイプに合った塗り方をするのも、うまく仕上げる大切なポイントです。

ここからは、それぞれの悩みにあったコンシーラーの使い方を紹介していきます。

コンシーラーの使い方【くま】

  • コンシーラーをくまが一番濃い部分にライン状に塗る
  • くまを隠すために塗ったコンシーラーの赤みが気になる場合は、上から肌のトーンにあったベージュのコンシーラーをのせる
  • 指の腹を使って肌に馴染ませる
  • 馴染みが足りないと感じる場合は、スポンジなどを利用してより自然な仕上がりにする


くまには「青くま」「黒くま」「茶くま」といった、3つのタイプがあります。それぞれ選ぶべき色が違い、「青くま」にはオレンジ系、「黒くま」にはベージュやオークル系、「茶くま」にはイエロー系がおすすめ。

肌なじみがよく、保湿力があるリキッドタイプやクリームタイプ、パレットタイプなどを選ぶようにしましょう。

目の周りは皮膚がデリケートなため、皮膚を引っ張らないように優しくコンシーラーを塗ってあげるのがコツです。

コンシーラーの使い方【シミ】

  • シミに対してコンシーラーをぽんぽんと軽く叩くようにのせる
  • 塗ったところを指の腹やスポンジでポンポンとたたくようにして、肌に馴染ませる
  • パウダーなどで仕上げて、コンシーラーを塗った部分とそれ以外の境界線を目立たなくする


シミが気になる方には、ベージュやオークル系がおすすめ。
塗ったところが白く浮いてしまわないように、肌の色よりも暗めのものを選びましょう。

ペンシルタイプやスティックタイプなど、硬めのテクスチャーのものがおすすめ。硬めのテクスチャーで伸びがない分、重点的にシミを隠すことができます。肌に密着するので、カバー力が期待でき、濃いシミも隠しやすいでしょう。

小さなシミを隠したいときは、ペンシルタイプが使いやすいでしょう。ほくろやくすみ、そばかすなども隠しやすいです。

コンシーラーの使い方【ニキビ】

  • 隠したいニキビやニキビ跡より一回り広くコンシーラーをのせる
  • コンシーラーと肌の境界線を指でぼかす
  • パウダーなどでより自然に仕上げる


ニキビが気になる方は、ベージュやオークル系がおすすめ。
ニキビに刺激を与えないように、肌の刺激が少ないものや薬用のものを選ぶようにすると、より安心です。

小さくなって目立たないニキビやニキビ跡には、手軽にさっと使えるペンシルタイプがおすすめ。

しかし、できたばかりで赤くなっているニキビや、化膿しているニキビには向いていません。ニキビに刺激を与えないように、リキッドタイプやクリームタイプで、やさしく隠すようにしましょう。

コンシーラーの使い方【ほくろ】

  • ほくろの上にコンシーラーをポンポンと置くように、ほくろの大きさよりやや大きく塗っていく
  • 広く塗った部分をスポンジや指でなじませる
  • パウダーなどで仕上げる

コンシーラーでほくろを隠したい人には、カバー力のあるコンシーラーがおすすめ。しっかりとしたテクスチャーのスティックタイプなどが良いでしょう。

また、明るい色味のコンシーラーは、ほくろの色が隠れにくいうえに白浮きしてしまい、逆に目立ってしまうため、自分の肌より暗めのトーンを選ぶようにしましょう。

コンシーラーの使い方【毛穴】

  • 毛穴の気になる部分を中心に、顔の中心から外に向けてライン状にコンシーラーをのせる
  • 境界線がなくなるように、指などでぼかす

毛穴など凸凹した部分には、リキッドやクリームなどの柔らかめのテクスチャーのコンシーラーを選ぶようにしましょう。コンシーラーが凸凹の部分を埋めてくれ、肌を均一に見せてくれます。

悩みタイプ
くま青くまリキッドコンシーラー
クリームコンシーラー
パレットコンシーラー
オレンジ系
黒くまベージュ・オークル系
茶くまイエロー系
シミペンシルコンシーラー
スティックコンシーラー
ベージュ・オークル系
ニキビペンシルコンシーラー(凹凸のないニキビ)
リキッドコンシーラー(凹凸のあるニキビ)
ベージュ・オークル系
グリーン系(赤みのあるニキビ)
ほくろスティックコンシーラー
自分の肌より暗めのトーン
毛穴リキッドコンシーラー自分の肌のトーン

コンシーラーが浮いてしまうときは?

コンシーラーが浮いてみえる、コンシーラーがよれやすい。そんな時には「肌の色に合っていない」「乾燥している」「厚く塗りすぎ」の3つの原因が考えられます。

  • 肌の色に合っていない場合

    肌の色に合っていないため塗ったところが白く、もしくは黒く浮いてしまっている状態なら、コンシーラーの色を変えてみましょう。

  • 乾燥している場合

    塗ったところが乾燥してしまい、その部分だけが目立ってきたり、よれてきたりすることがあります。
    スティックタイプやペンシルタイプは、使い勝手がよく便利ですが、塗ったところが乾燥してしまうことが多いです。
    そんなときは、油分や保湿力がある、リキッドタイプやクリームタイプに変えてみましょう。

  • 厚く塗りすぎの場合

    シミやくま、ニキビを隠したい、消したい気持ちがでてしまい、気付かないうちに厚塗りになってしまっていることがあります。

    コンシーラーをグリグリと塗ってしまったり、コンシーラーを濃く重ねすぎたりしていませんか?

    スティックタイプやペンシルタイプのコンシーラーは、カバー力を上げるために、一般的に伸びにくいものが多いです。

    一部分に固まって厚塗りにならないように、少しずつコンシーラーをのせて、肌になじませてから重ねていきましょう。使っているコンシーラーのタイプを変えてみるのもおすすめです。

まとめ

コンシーラーをうまく使うことで、透明感のある綺麗な肌に近づくことができます。ナチュラルで自然な肌に仕上げるためには、悩みに合ったカラー、肌に合う色、塗る部位に合ったタイプを選ぶことが大切です。

今回紹介した商品やコンシーラーを使用する順番、使い方などを参考にして、自分にぴったりのコンシーラーを見つけてくださいね。

コンシーラーの関連記事一覧

悩み別の記事はこちら

ブランド別の記事はこちら

価格別の記事はこちら

機能別の記事はこちら

タイプ別の記事はこちら

その他の記事はこちら

検索アイコン「コンシーラー 使い方」を
もっと探したい方はこちら!
さらに他の商品を探したい方は
こちらをチェック!
やまもとまどか
この記事のライター
やまもとまどか
2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。 SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。 その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。

2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。
SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。
その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。

おうちdeモノレコ 自宅で楽しく!快適に!過ごせるおすすめ特集
この記事が気に入ったらシェアしよう!
↓↓
モノレコ by Amebaをフォローして
最新記事を受け取ろう!

あわせて読みたい

ビューティーの新着記事

ビューティーの人気記事ランキング

新着記事

人気記事ランキング

お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。