1. モノレコ by Ameba ホーム
  2. PC・スマホ・通信機器
  3. ワイヤレスマウスおすすめ16選|家電量販店店員厳選のランキングも紹介【選び方も】

ワイヤレスマウスおすすめ16選|家電量販店店員厳選のランキングも紹介【選び方も】

43,294 view
  • Facebookシェア
  • LINE
  • ツイート
  • はてブ
  • note

目次

CONTENTS
鉛筆アイコンこの記事を監修した専門家
青森 せすのプロフィール画像
青森 せす
家電Youtuber

現役家電量販店店員。白物担当として勤務して理美容、調理、生活家電など広い分野を担当。その人の生活環境に合わせて商品をご案内するのが得意で消費者目線で家電選びをお手伝いします!とにかく家電が好きで、YouTubeにて実際に買った商品やおすすめ商品の紹介や、家電の選び方の解説などもしています。家電以外にも様々な商品の紹介をしています。

現役家電量販店店員。白物担当として勤務して理美容、調理、生活家電など広い分野を担当。その人の生活環境に合わせて商品をご案内するのが得意で消費者目線で家電選びをお手伝いします!とにかく家電が好きで、YouTubeにて実際に買った商品やおすすめ商品の紹介や、家電の選び方の解説などもしています。家電以外にも様々な商品の紹介をしています。

ワイヤレスマウスおすすめ一覧

今回の記事でご紹介するワイヤレスマウスはこちら!

※この表で使用されている商品画像は同記事内で引用しています。

ワイヤレスマウスおすすめ一覧画像

今すぐおすすめを見る

なぜワイヤレスマウスを選ぶのか?

ワイヤレスマウスの画像

一昔前までは、反応が遅れたり思ったように動かなかったりして敬遠されがちでしたが、今では随分と開発が進み、有線と変わらない精度・速度を実現しています。

「有線のモノしか信用しない」という人でも、ネットのシューティングゲームのようなハードなシチュエーション以外では無線を愛用しているという人も増えています。

メリット
  • ケーブルが無い
  • パソコンとの通信距離が長い
デメリット
  • バッテリーが必要
  • 場所によっては通信が不安定

ワイヤレスマウスおすすめランキングTOP3【専門家が厳選】

今回の記事を監修してくれているせすさんに、おすすめワイヤレスマウスTOP3を伺いました!どれを買うか迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

1
とにかく握りやすい

ELECOM(エレコム) / M-XGM20DLBK

参考価格:2,492円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスマウスの詳細を見る
Amazon
3,392円(税込)
楽天市場
4,742円(税込)
Yahoo!
ショッピング
2,492円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスマウスが選ばれたのか

ファンクションキーが3個あって任意の入力を登録できます(Ctrl+Cなども可能)。

またチルトホイールの機能があり、エクセルなどの横移動がスムーズです。仕事でエクセルを利用することが多い方におすすめです。

タイプレーザー
接続方式小型レシーバー
ブラック
電源単3形乾電池
感度1600cpi
重さ77g ※電池含まず
ELECOM(エレコム) / M-XGM20DLBKの画像1
ELECOM(エレコム) / M-XGM20DLBKの口コミをもっと見る口コミ件数:1件
2
静かかつコンパクト!

ELECOM(エレコム) / 静音Bluetoothマウス M-BT16BBSBK

参考価格:1,227円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスマウスの詳細を見る
Amazon
1,227円(税込)
楽天市場
1,804円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,608円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスマウスが選ばれたのか

このマウスの特徴は静音ボタンで場所を気にせず使え、かつコンパクトで持ち運びしやすいところです。進む戻るボタンもあるため、ウェブ閲覧に便利!

タイプ光学式
接続方式Bluetooth
ブラック、レッド、シルバー
電源単4形アルカリ乾電池、単4形マンガン乾電池、単4形ニッケル水素電池のいずれか2本
感度不明
重さ約58g ※電池含まず
3
手首が疲れにくいトラックボール

ELECOM(エレコム) / ワイヤレストラックボール M-HT1DRBK

参考価格:4,073円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスマウスの詳細を見る
Amazon
4,073円(税込)
楽天市場
4,382円(税込)
Yahoo!
ショッピング
5,266円(税込)
説明アイコン
なぜこのワイヤレスマウスが選ばれたのか

大玉トラックボールでカーソル移動が楽。ファンクションキーが3個あって任意の入力を登録できるのポイント。大型ですが、本体にクッションが付いていて手首が痛くなりにくい!ですが、大きいので自宅の使用に限られます!

タイプ光学式
接続方式マイクロUSBレシーバー
ブラック
電源単3形アルカリ乾電池、単3形マンガン乾電池、単3形ニッケル水素電池のいずれか2本
感度不明
重さ約260g ※電池含まず

小型ワイヤレスマウスおすすめ3選【持ち運びにも最適】

最近の小型ワイヤレスマウスは、ポケットにもすっぽり入ってしまうので持ち運びにとても便利です。

コードが邪魔にならないので、移動もスムーズでカバンの中もスッキリ。値段も手頃で、性能も馬鹿にできません。

ワイヤレスで使いやすいものを一台持っておくと、出先のあらゆる場面で活躍してくれます。

シンプルでコンパクトで使いやすい

Logicool(ロジクール) / WIRELESS ULTRA PORTABLE M187

参考価格:1,208円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスマウスの詳細を見る
Amazon
1,208円(税込)
楽天市場
1,314円(税込)
Yahoo!
ショッピング
2,257円(税込)
説明アイコン
このワイヤレスマウスの説明

邪魔にならずに持ち運びやすいコンパクトなものを探している方に最初におすすめしたい小型ワイヤレスマウスの定番です。

抜群の高精度や長寿命、機能性といった尖った性能こそありませんが、安心して使える標準的な性能を手頃な価格で探している方には特におすすめです。

タイプ6,000~8,000円台
接続方式USB
ブラック、レッド、ホワイト
電源単4形乾電池
感度1000dpi
重さ51.9g
Logicool(ロジクール) / WIRELESS ULTRA PORTABLE M187の画像1
Logicool(ロジクール) / WIRELESS ULTRA PORTABLE M187の口コミをもっと見る口コミ件数:2件

モノレコでは、他のロジクールマウスも紹介しています!ロジクールマウスの特徴やおすすめ商品を知りたい方はこちら!

Logicool(ロジクール)マウス8選!【家電量販店店員のおすすめランキング付き】
Logicool(ロジクール)マウス8選!【家電量販店店員のおすすめランキング付き】
ノートPCとの相性が抜群で快適操作

サンワダイレクト / 400-MA078BK

参考価格:1,980円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスマウスの詳細を見る
Amazon
1,980円(税込)
説明アイコン
このワイヤレスマウスの説明

Bluetoothのマウスは、接続切れがよく問題にあがります。そんな中でも、「サンワダイレクト 400-MA078BK」は、長年Bluetoothを使用しているユーザーの間で「接続切れもなく快適に利用できる」と評判の良いモデル。

タイプレーザー
接続方式Bluetooth Ver.3.0
ブラック
電源単4乾電池×1本
感度500/1000/1750cpi
重さ41g ※電池含まず
サンワダイレクト / 400-MA078BKの画像1
サンワダイレクト / 400-MA078BKの口コミをもっと見る口コミ件数:1件
エコボタン機能で電源長持ち

ELECOM(エレコム) / ワイヤレスマウス M-FBG3DBBK

参考価格:1,681円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスマウスの詳細を見る
Amazon
2,231円(税込)
楽天市場
1,681円(税込)
Yahoo!
ショッピング
1,731円(税込)
説明アイコン
このワイヤレスマウスの説明

小型ながら高性能で、普段の作業用と持ち運び用を両立したいという方にピッタリなマウス。ワイヤレスの小型マウスでチルトホイールが欲しい場合に、まず選択肢に入れておきたいマウスです。

タイプBlueLED
接続方式USB
ブラック
電源単4形乾電池1本
感度1600cpi
重さ36.0g ※電池を含まず
ELECOM(エレコム) / ワイヤレスマウス M-FBG3DBBKの画像1
ELECOM(エレコム) / ワイヤレスマウス M-FBG3DBBKの口コミをもっと見る口コミ件数:5件

多機能ワイヤレスマウスおすすめ2選【チルトホイールで横スクロールも快適】

たくさんのボタンとチルトホイールで各種操作が簡単にできてしまうものから、同時に3台のパソコンを操作できるものまで、最近のワイヤレスマウスも進化を続けています。

値段は張りますが、作業の効率化をとことんまで突き詰めるなら多機能マウスがおすすめです。

3分間で1日分の電力を確保できる

Logicool(ロジクール) / MX MASTER 2S

参考価格:7,980円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスマウスの詳細を見る
Amazon
7,980円(税込)
楽天市場
11,870円(税込)
Yahoo!
ショッピング
12,480円(税込)
説明アイコン
このワイヤレスマウスの説明

1台で3台のPCをコントロールできてしまうロジクールFlowを搭載。家のデスクトップとノートPCや会社用と家用など、複数台のPCを使い分けて作業する人には、頼れる相棒になってくれるでしょう。

また、3分で1日中使用できる電力を確保できるのも嬉しいポイントですね!

タイプレーザー
接続方式Bluetooth/小型レシーバー
グラファイト、ミッドナイトティール、ライトグレー
電源充電方式
感度4000dpi
重さ145g
Logicool(ロジクール) / MX MASTER 2Sの画像1
Logicool(ロジクール) / MX MASTER 2Sの口コミをもっと見る口コミ件数:1件
腱鞘炎で辛い方に試してほしいマウス

Logicool(ロジクール) / MX ANYWHERE 2S

参考価格:8,690円(税込)
カートアイコンこのLogicool(ロジクール)マウスの詳細を見る
Amazon
8,690円(税込)
楽天市場
9,680円(税込)
Yahoo!
ショッピング
15,013円(税込)
説明アイコン
このLogicool(ロジクール)マウスの説明

さすがにこだわってデザインされているだけあってフィット感には定評あり。仕事で腱鞘炎が辛いという方には、ぜひとも手に取ってもらいたい商品です。またフィット感だけでなく、精度の高いレーザーや、左右クリックを含めた8つのボタンなど、機能もばっちり!

薄型ワイヤレスマウスおすすめ2選【スリムでおしゃれ】

胸ポケットにしまっても目立たない薄さ。デザインもスリムでおしゃれなものが多いです。

機能はシンプルで良いので、スッキリとしたスタイリッシュなマウスが欲しいという方におすすめ。

薄型は手首が疲れにくく、腱鞘炎になりにくいのもポイントです。

とにかくスタイリッシュなフォルム

BLENCK(ブレンク) / 超薄型 ワイヤレスマウス

参考価格:1,299円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスマウスの詳細を見る
Amazon
1,299円(税込)
Yahoo!
ショッピング
1,688円(税込)
説明アイコン
このワイヤレスマウスの説明

クリック音が静かなマウスを探している方には、一度は手に取ってもらいたいですね。見た目もスタイリッシュですし、価格もお手頃。とにかくいろんな面でおすすめしやすいマウスです。

タイプ光学式
接続方式USBレシーバー
ブラック・ホワイト・グレー
電源充電式
感度800/1200/1600dpi
重さ40.8 g
薄型なのに電池式!最大18ヶ月もつ

LS(エルエス) / 2.4G 薄型 ワイヤレスマウス

説明アイコン
このワイヤレスマウスの説明

このワイヤレスマウスの特徴は、薄いモデルではめずらしい乾電池タイプということ。単4電池2本で最大18ヶ月利用できるのも嬉しいポイントです。

薄型ワイヤレスマウスはボディを薄くする設計上、電池式のタイプは少ないため、どうしても電池式で薄型が良いという方におすすめです。

タイプ不明
接続方式USB
ブラック
電源単4形乾電池×2
感度不明
重さ68g

トラックボールワイヤレスマウスおすすめ3選【疲れず場所も取らない】

あまり使っている人はいませんが、実は隠れファンが多いトラックボール。

マウスを動かす必要がなく、自由な体勢で自由に操作できるのはトラックボールだけの強みですね。

使ったことがないという方は多いと思いますが、もし興味があるなら一度触ってみては。

初心者におすすめのシンプルな機能性

Logicool(ロジクール) / WIRELESS TRACKBALL M570T

参考価格:4,400円(税込)
カートアイコンこのトラックボールの詳細を見る
Amazon
4,400円(税込)
楽天市場
5,506円(税込)
Yahoo!
ショッピング
6,050円(税込)
説明アイコン
このトラックボールの説明

「トラックボールって使ったことないけど興味がある」というトラックボール入門にもおすすめ。特別に尖ったところはありませんが、隙のない丁寧な作りできっと満足させてくれるはずです。

ボール位置親指
ケーブルワイヤレス
ボタン数5
センサー方式レーザー
本体サイズW14.4×H6.1×D18.7cm
その他単三形乾電池
Logicool(ロジクール) / WIRELESS TRACKBALL M570Tの画像1
Logicool(ロジクール) / WIRELESS TRACKBALL M570Tの口コミをもっと見る口コミ件数:4件
スタイリッシュで珍しいフォルム

Kensington(ケンジントン) / ワイヤレストラックボール K72359JP

参考価格:9,280円(税込)
カートアイコンこのトラックボールの詳細を見る
Amazon
9,810円(税込)
楽天市場
9,280円(税込)
Yahoo!
ショッピング
9,280円(税込)
説明アイコン
このトラックボールの説明

今回紹介するトラックボールの中で、唯一人差し指と中指で操作するモデル。通常のトラックボールじゃなく、冒険したい人におすすめです!

ボール位置手の平
ケーブルワイヤレス
ボタン数4
センサー方式光センサー
本体サイズ130×157×65mm
その他DPI/不明 Bluetooth対応
Kensington(ケンジントン) / ワイヤレストラックボール K72359JPの画像1
Kensington(ケンジントン) / ワイヤレストラックボール K72359JPの口コミをもっと見る口コミ件数:1件
持ち手の角度を調整できるヒンジ付き

Logicool(ロジクール) / MX ERGO

参考価格:13,269円(税込)
カートアイコンこのLogicool(ロジクール)マウスの詳細を見る
Amazon
14,111円(税込)
楽天市場
13,970円(税込)
Yahoo!
ショッピング
13,269円(税込)
説明アイコン
このLogicool(ロジクール)マウスの説明

価格は少し高くはありますが、最上位機種だけあって便利さは群を抜いています。トラックボールで作業をもっと効率化したい、便利にしたい方におすすめです。

Logicool(ロジクール) / MX ERGOの画像1
Logicool(ロジクール) / MX ERGOの口コミをもっと見る口コミ件数:1件

タッチパッドワイヤレスマウスおすすめ3選【指で操作したい方向け】

マウスに慣れているとどうしても敬遠しがちなタッチパッドですが、「もともとMacBookユーザーで、Windowsも指で操作したい」という場合に検討されることが多いです。

Windows10になってタッチ操作が使いやすくなったのもあって、日に日にニーズは増えているようです。

トラックボール同様、一度慣れるとマウスが握れなくなるという話はよく聞きます。

複雑な作業がジェスチャー1つで

Logicool(ロジクール) / Wireless Rechargeable Touchpad T650

参考価格:22,000円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスマウスの詳細を見る
Amazon
22,000円(税込)
楽天市場
26,914円(税込)
Yahoo!
ショッピング
28,400円(税込)
説明アイコン
このワイヤレスマウスの説明

今までは「タッチパッドと言えばMac」という状況だったのが、Windows10になってWindows環境でもタッチパッドの可能性も拡がってきました。

「タッチパッドって使ったことないけど気になる」という方にもおすすめですし、「もともとMacユーザーで、Windowsでもタッチパッドを使いたい」というニーズにも一番応えてくれる商品だと思います。

タイプタッチパッド
接続方式USBレシーバー
ダークグレー
電源-
感度充電式
重さ210g
充実な機能性の割にお手頃価格!

ELECOM(エレコム) / タッチパッド ワイヤレス M-TP01DS

参考価格:8,831円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスマウスの詳細を見る
Yahoo!
ショッピング
8,831円(税込)
説明アイコン
このワイヤレスマウスの説明

現在は販売終了になっていますが、まだまだAmazonなどで手に入れることができます。機能の割にとにかく価格が安いので、タッチパッドの入門やサブマシン用など、あまりお金をかけたくない時におすすめです。

タイプタッチパッド
接続方式USBレシーバー
ブラック、ホワイト
電源単3形乾電池×2
感度-
重さ145g※電池含まず
デスクトップ初の感圧タッチ!

Apple(アップル) / Magic Trackpad 2

参考価格:8,223円(税込)
カートアイコンこのワイヤレスマウスの詳細を見る
Amazon
8,223円(税込)
楽天市場
14,700円(税込)
Yahoo!
ショッピング
14,000円(税込)
説明アイコン
このワイヤレスマウスの説明

価格はソコソコですが、Macでタッチパッドを使うならこれ以外に選択肢はないでしょう。Appleらしいシンプルなデザインを好む人には、おすすめしたいタッチパッドです!

タイプタッチパッド
接続方式Bluetooth 4.0
シルバー、スペースグレイ
電源充電式
感度-
重さ231g
Apple(アップル) / Magic Trackpad 2の画像1
Apple(アップル) / Magic Trackpad 2の口コミをもっと見る口コミ件数:1件

ワイヤレスマウスの種類と選び方のポイント

ワイヤレスマウスにはいろんな種類があります。LogicoolやKensingtonなどの大手メーカーからも複数販売されており、その中からどれを選べばよいのか分からない人も少なくないはず。

ここでは、そんな方たちに向けてワイヤレスマウスの種類と選び方のポイントを紹介していきます!

センサーの種類で選ぶ

現在、主に使用されているマウスのセンサーは大きく下の4種類に分けられます。

  • 光学式
  • ブルーLED
  • レーザーマウス
  • IRセンサー


まずはそれぞれの特徴とメリット・デメリットを押さえていきましょう。

光学式(赤色LED)

初めて光をセンサーとして利用したタイプで、光学式と言えば赤色LEDを指す場合がほとんどです。

製作コストが安いため普及率が高く、価格も手頃で導入しやすいのが特徴です。

さらに、他のセンサーに比べてPC側にドライバが必要ないことが多く、どんなPCに繋げても手軽に使用できるというメリットがあります。

メリット
  • 普及率が高い
  • お手ごろな価格
  • PC側にドライバが必要ないことが多い
デメリット
  • 光を反射しやすい表面では反応しにくい

BlueLED(青色LED)

赤色LEDに比べて周波数が短く、拡散率の高い青色LEDを利用したタイプのワイヤレスマウスです。

メリット
  • 凸凹面でも正確に読み取れるほど精度が高い
デメリット
  • ガラス面の上ではうまく動作しない

レーザーマウス

目に見えない不可視レーザー光を使った、光学式(赤色LED)では読み取れなかったツヤツヤのデスクや凹凸面でも使えるタイプです。

メリット
  • ツヤツヤのデスクでも反応する
  • 持ち上げた時の反応距離が長い
デメリット
  • 光学式のワイヤレスマウスに比べ価格が割高

IRセンサー

IR(赤外線)をセンサーに利用することで駆動電圧を下げ、省電力化したタイプです。

メリット
  • 電池一本で長く使用できる
  • 省エネや節約に効果的
デメリット
  • 光学式のワイヤレスマウスに比べ価格が割高

操作方式で選ぶ

マウスカーソルのインターフェースには、一般的なセンサー方式の他に表面を指でなぞって操作する「タッチパッド式」やボールを指で転がして操作する「トラックボール式」といった特殊なタイプもあります。

マウス以外を触ったことがないという人はあまりピンと来ないかもしれません。この機にそれぞれのメリットとデメリットをご紹介しますね。

タッチパッド

面を指でなぞって画面のポインターを操作するタイプです。

現在はほとんどのノートPCに搭載されているので、触ったことがある人は多いと思います。

メリット
  • マウスを動かすスペースが必要ない
  • デスク周りがすっきり
デメリット
  • 操作性が悪い

トラックボール

備え付けのボールを転がすことで操作するインターフェースです。トラックボールに慣れてしまって、通常のワイヤレスマウスに戻れなくなった人は多いです。

メリット
  • マウスを動かさずに操作できる
デメリット
  • 使いこなすのに慣れが必要

マウスの電源で選ぶ【電池式or充電式】

ワイヤレスマウスの電源は、電池式と充電式の2種類に分けられます。

電池式ワイヤレスマウス、充電式ワイヤレスマウスそれぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

電池式ワイヤレスマウスのメリット・デメリット

メリット
  • 本体の価格はお手ごろ
デメリット
  • ランニングコストがかさむ

充電式ワイヤレスマウスのメリット・デメリット

メリット
  • 別途電池の購入の必要がない
デメリット
  • 電池式に比べ本体の価格が高い
  • 不意に充電が切れた際は充電時間がかかる

サイドボタンで選ぶ

最新のマウスは、サイドにボタンがついているモデルが多いですね。このボタンの配置や数もマウス選びの大きなポイントです。

一般的に良く普及しているのは、奥と手前の2カ所にボタンがついているタイプ。

サイドボタン付きマウスとしては、一番オーソドックスなタイプです。

専用のアプリでボタンの機能を割り当てることができます。

例えば、ブラウザの「進む⇔戻る」を割り当てても良いですし、PCで文章を書く場合はコピー・ペーストを割り当てておくと作業時間を大きく短縮できるでしょう。

こうした日常の動作は癖になるもので、一度慣れてしまうとボタンなしのマウスは使えなくなるぐらい便利です。

できれば、サイドに2つくらいボタンがあるものを選びたいですね。

コメントアイコン専門家のコメント
青森 せす
家電Youtuber

ブラウザやファイル閲覧時の進む戻るボタンがついてる5ボタンタイプがおすすめ。チルトホイールが付いているとエクセルなどの横移動が簡単!

チルトホイールの有無で選ぶ

チルトホイールとは、マウスの前中心部分にあるホイールを左右に倒す操作のことです。

これも一度慣れると手放せない系の機能ですね。おすすめです。

解像度(dpiとcpi)で選ぶ

マウスのスペック覧を眺めていると「16000dpi」という表記を見たことがあると思います。dpiとは「Dot Per Inch」の略で、マウスの感度を表す数値です。

これは1インチ当たりどれだけのドットで表現しているのか?という単位で、俗に「解像度」とも呼ばれる、一般的には画像の綺麗さを表す印刷用語なんですね。

しかし、「マウスの解像度」と言われても全然ピンときませんよね…。

これはどういうことかと言うと、「解像度2000dpiのマウスは1インチ(2.54cm)動かした時に、画面上を2000ドット移動しますよ」ということ。

つまり、解像度が高いマウスほど、少ない操作で多くのドットを移動できることになるわけです。もうひとつ、マウスの感度を表す単位としてcpiという単位があります。これは「Counts Per Inch」の略で、“1インチ当たり何回カーソル情報を送信するか”ということを表す数値です。

コメントアイコン専門家のコメント
青森 せす
家電Youtuber

上記で紹介された選ぶポイント以外にも、マウスの大きさや使用場所も念頭に入れると良いでしょう!

マウスが手にフィットするかを確認するのはもちろん、自分が使用するシーンを考えて、持ち運び用にコンパクトにしたり、静かな環境で使用する人はクリック音の鳴らない静音のマウスにしたりと。

このような点を踏まえて、マウスを選ぶのがおすすめです!

Bluetooth(ブルートゥース)と2.4GHzワイヤレスの違いは?

ワイヤレスの周辺機器には、一般的に「Bluetooth」と「2.4GHzワイヤレス」の2種類の通信方法があります。

実はどちらも同じ2.4GHz帯の周波数を使用していて、対応する機器同士を無線でつなげるという役割は共通しています。

それぞれの違いの話をすると規格の成り立ちから通信速度・距離など、様々な点が違うわけですが、実際の使用の際に感じる一番の違いは下記となります。

  • Bluetooth:「Bluetooth対応」と書いてあれば何でも繋げられる
  • 2.4GHz:ワイヤレスひとつひとつの機器を自力で繋いでいく


このことを踏まえた上で、それぞれのメリットとデメリットをもう少し詳しく見ていきましょう。

Bluetooth(ブルートゥース)のメリットとデメリット

Bluetoothのマウスを使用している方は多いと思います。

ここでは、Bluetoothのマウスを使うことでのメリット、デメリットを紹介していきます。

メリット
  • USBポートを占有しない
  • Bluetooth内臓の機器であればレシーバーなしで接続できる
  • 規格が業界基準
  • スマホやタブレットとの連携が楽
デメリット
  • マウス機種が少ない
  • ペアリングが面倒
  • 電池の消費が早い
  • 値段が高い

2.4GHzワイヤレスのメリットとデメリット

PCへレシーバーを挿すだけで接続できるため、使用者が多いのではないでしょうか。

2.4GHzワイヤレスのメリットとデメリットも見ていきましょう。

メリット
  • マウス機種が多い
  • レシーバーを挿すだけで使える
  • 電池が長持ちする
  • 値段が安い
デメリット
  • レシーバーが本体USBポートを一個占有する

ワイヤレスマウスのおすすめ商品をまとめ表で比較

本記事で紹介したおすすめのワイヤレスマウスを一覧表で比較!ぴったりな商品を見つけてみてください!

注目ポイント

とにかく握りやすい

静かかつコンパクト!

手首が疲れにくいトラックボール

シンプルでコンパクトで使いやすい

ノートPCとの相性が抜群で快適操作

エコボタン機能で電源長持ち

3分間で1日分の電力を確保できる

腱鞘炎で辛い方に試してほしいマウス

とにかくスタイリッシュなフォルム

薄型なのに電池式!最大18ヶ月もつ

初心者におすすめのシンプルな機能性

スタイリッシュで珍しいフォルム

持ち手の角度を調整できるヒンジ付き

複雑な作業がジェスチャー1つで

充実な機能性の割にお手頃価格!

デスクトップ初の感圧タッチ!

商品画像
商品名

ELECOM(エレコム) / M-XGM20DLBK

ELECOM(エレコム) / 静音Bluetoothマウス M-BT16BBSBK

ELECOM(エレコム) / ワイヤレストラックボール M-HT1DRBK

Logicool(ロジクール) / WIRELESS ULTRA PORTABLE M187

サンワダイレクト / 400-MA078BK

ELECOM(エレコム) / ワイヤレスマウス M-FBG3DBBK

Logicool(ロジクール) / MX MASTER 2S

Logicool(ロジクール) / MX ANYWHERE 2S

BLENCK(ブレンク) / 超薄型 ワイヤレスマウス

LS(エルエス) / 2.4G 薄型 ワイヤレスマウス

Logicool(ロジクール) / WIRELESS TRACKBALL M570T

Kensington(ケンジントン) / ワイヤレストラックボール K72359JP

Logicool(ロジクール) / MX ERGO

Logicool(ロジクール) / Wireless Rechargeable Touchpad T650

ELECOM(エレコム) / タッチパッド ワイヤレス M-TP01DS

Apple(アップル) / Magic Trackpad 2

商品リンク
Amazon
3,392円(税込)
楽天市場
4,742円(税込)
Yahoo!
ショッピング
2,492円(税込)
Amazon
1,227円(税込)
楽天市場
1,804円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,608円(税込)
Amazon
4,073円(税込)
楽天市場
4,382円(税込)
Yahoo!
ショッピング
5,266円(税込)
Amazon
1,208円(税込)
楽天市場
1,314円(税込)
Yahoo!
ショッピング
2,257円(税込)
Amazon
1,980円(税込)
Amazon
2,231円(税込)
楽天市場
1,681円(税込)
Yahoo!
ショッピング
1,731円(税込)
Amazon
7,980円(税込)
楽天市場
11,870円(税込)
Yahoo!
ショッピング
12,480円(税込)
Amazon
8,690円(税込)
楽天市場
9,680円(税込)
Yahoo!
ショッピング
15,013円(税込)
Amazon
1,299円(税込)
Yahoo!
ショッピング
1,688円(税込)
Amazon
4,400円(税込)
楽天市場
5,506円(税込)
Yahoo!
ショッピング
6,050円(税込)
Amazon
9,810円(税込)
楽天市場
9,280円(税込)
Yahoo!
ショッピング
9,280円(税込)
Amazon
14,111円(税込)
楽天市場
13,970円(税込)
Yahoo!
ショッピング
13,269円(税込)
Amazon
22,000円(税込)
楽天市場
26,914円(税込)
Yahoo!
ショッピング
28,400円(税込)
Yahoo!
ショッピング
8,831円(税込)
Amazon
8,223円(税込)
楽天市場
14,700円(税込)
Yahoo!
ショッピング
14,000円(税込)

まとめ

マウスは手足のようなものですから、性能が良くなればそれだけ作業効率もあがります。

それだけにたくさんのメーカーから様々な種類が出ていて、何から手をつけて良いのか迷う人も多いです。

また、人によって手の大きさや操作感の好みも違います。これが正解!というものはありませんので、ぜひとも根気強くお気に入りの一台を見つけて欲しいと思います。

パソコン周辺機器の関連記事一覧

グッズの記事はこちら

キーボードの記事はこちら

マウスの記事はこちら

パソコンの記事はこちら

その他の記事はこちら

検索アイコン「ワイヤレスマウス」を
もっと探したい方はこちら!
さらに他の商品を探したい方は
こちらをチェック!
やまもとまどか
この記事のライター
やまもとまどか
2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。 SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。 その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。

2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。
SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。
その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。

おうちdeモノレコ 自宅で楽しく!快適に!過ごせるおすすめ特集
この記事が気に入ったらシェアしよう!
↓↓
モノレコ by Amebaをフォローして
最新記事を受け取ろう!

あわせて読みたい

PC・スマホ・通信機器の新着記事

PC・スマホ・通信機器の人気記事ランキング

新着記事

人気記事ランキング

お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。